2020年07月11日

バカンス・11







三日目、水曜日の朝。
目が覚めてイツキは思い出したようにスマホのチェックをする。

昨夜は…、黒川からの連絡は無かった。
…別に悪い事をしていた訳ではないが…、少し、安心する。

「……飲みに行ってたなんて知ったら、きっと、何か言う……」

イツキは独りごちながら、黒川が言いそうな言葉を想像して、ベッドの上で笑っていた。





朝食を食べて、ラウンジでコーヒーを飲み、今日は何をしようかと考える。
フロントのカウンターの中で忙しく働く竹本は、おそらく、今日は付き合ってはもらえまい。隣で女将が怖い顔をしている。
備え付けの観光案内などをぱらぱらとめくる。美術館や水族館もあるようだが、一人で行く気もしない。
それでも街中の、風情のある石畳の道を見ると、ちょっと散歩に行こうかなという気になってくる。

土産物屋だろうか店先に出ている「温泉まんじゅう」と「温泉ソフト」ののぼりが、イツキの目を惹いた。






「…昨日はスミマセンでした…。今日はちゃんと夕食までには帰って来まぁす」

イツキは女将にそう言って、呼んで貰ったタクシーに乗って、街中に向かう。
女将は小さく微笑み、「いってらっしゃいませ」と頭を下げていた。





街中は観光客向けに整備され、とても綺麗で賑わいがあった。
昨日の漁港の磯焼屋のように、ざっくばらんな所も良いが、こういった場所もああ、旅行に来たのだなと…しみじみ思わせる。

案内にあった「温泉ソフト」はすぐに見つかり、店先のベンチで一つ目を食べる。
この先、通りの両側には店がびっちり並んでいる。少し向こうに見える「おでん・地酒」の看板に心が躍る。



「……ヤバイ。……ここも楽しいかも知れない……」


イツキはタクシーの運転手に貰った「ぶらり街中観光マップ」を広げ、ソフトクリームのコーンをばりばりと口を押し込み、次はどの店に入ろうかと考えていた。



posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
バカンス・9 by ぼたん (07/10)
バカンス・7 by ぼたん (07/10)
バカンス・9 by はるりん (07/09)
バカンス・7 by はるりん (07/07)
バカンス・5 by ぼたん (07/03)
バカンス・5 by はるりん (07/03)
バカンス・4 by ぼたん (07/02)
バカンス・4 by はるりん (07/01)
バカンス・3 by ぼたん (06/30)
バカンス・3 by はるりん (06/30)