2020年09月19日

ハーバル歓迎会










百貨店の側の小さな居酒屋。歓迎会と言っても人数は10名にも満たない、こじんまりとしたもの。
イツキとミカ。同じフロアのコスメショップ「リルガール」のユウ。ユウの同僚。
同僚と仲の良い、ネイルサロンの店長。ネイルの隣のアクセサリー屋のスタッフ。
皆の行きつけのカフェの女の子と、女の子と出来ているとウワサの店長。
そして、何故か、フロアマネージャーの茗荷谷も招かれていた。




「……いやー、なんだかダニーにも話が回っちゃって…。オフィシャルな集まりと思われたらしくて……。なんか、ごめんね……」


フロアで働く皆からすれば、お堅い上司の茗荷谷が同席というのも……気になる所しれない。
幹事のユウが申し訳なさそうに、ミカに耳打ちする。
もっともミカは気にもしていない様子。自分たちのために集まってくれたのだもの、むしろ嬉しいとニコニコ笑う。



「ありがとうございます!ハーバルです!これから、よろしくお願いします!!」


そう元気よく挨拶をし、グラスを掲げた。







ミカと気が合うユウが集めたメンバーは皆、気さくな酒呑みで…会はほどなく明るい酔っ払いばかりになる。
簡単な自己紹介や仕事の軽い愚痴をこぼしたあとは、何人かずつで固まり、話に花を咲かせる。

イツキは

少し年上のネイルの女店長に、少々面倒臭く絡まれ……おまけに口説かれそうになり、慌てて席を移動すると

そこには、茗荷谷が一人で日本酒を煽っているところだった。

茗荷谷はイツキをちらりと横目で見ると




「……今日は遅刻でしたね。オープンの30分前は朝礼があるので、遅れないように」




と、言った。







posted by 白黒ぼたん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)