2017年01月25日

イツキとミツオD







ミツオはイツキの頬に手をやり、反対側の頬にキスをする。
イツキは「…だめ」と小さく呟き顔を背けるも、すぐに戻され、今度は唇の上にキスをされる。
ミツオを押し返すように上がったイツキの手を、ミツオは握りしめ、そのまま立ち上がる。
そして、その手を引き、部屋の向こうのベッドへと、連れて行く。


イツキの、「だめ」も「いや」も、何の意味も持たない。
そんな言葉ぐらいでは、ミツオの気持ちが、抑えられるはずもない。





イツキは
欲しい答えを得るためには、身体を差し出すことも構わない。
このセックスが、イツキにとっては
ただの、ミツオの誠意への礼なのだと、

ミツオが気付いていれば、この二人の関係は、もう少し深くなるのかも知れない。








「………イツキちゃん?」
「…帰るね、ミツオさん」
「…夜中だよ?……朝になったら、送って行くよ?」
「…ううん。帰る。…ありがと」


抱き合って眠っていたはずのイツキがベッドから抜け出し、いつの間にか服を着替え、そう言う。
ミツオは慌てて引き止めようとするのだけど、まだ裸の自分は、後を追いかける事も出来ない。


「…イツキちゃん、…また、おいで?……何でも、話、聞くよ?」
「…うん」



そう言ってイツキはニコリと笑って、ミツオの部屋を出て行くのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

イツキとミツオE






次の日。
イツキが学校に顔を出したのは2時間目が終わった頃。
授業の合間に教室の後ろの扉からこっそりと入り、自分の席へ向かう。


「………はよ」
「あ。……おはよう、梶原…。……昨日は…」


イツキは、ミツオの所で酔っぱらったまま梶原と電話をした事を覚えていた。
おそらく色気がダダ漏れだったろうし、実際、その後にミツオと寝た事を思うと、どことなく気恥ずかしい。


「……電話、……変で、…ごめん。俺、少し、飲み過ぎちゃってて……」
「ごめん、イツキ。謝るのは俺の方だよ。俺、昨日、キツイ事言った…」


イツキの言葉を遮るように、梶原はイツキに頭を下げ、謝罪の言葉を口にする。
そして、小脇に抱えていた紙袋をイツキの机の上に置くと、中身をざざっと開ける。
そこには、専門学校のガイドブックや、様々な美容室のパンフレット。こういった職業に就くための資料、コピーされた用紙には、重要と思われるところに赤線が引かれていた。

おそらく、夕べの電話の後、必死で集めたのだ。
………それは半ば、イツキに対して湧き上がる性的欲求を、必死で誤魔化すためでもあったのだけど。




「コレ、色々。資料。頑張れば何だって、無理、なんて事はないよ。俺も応援するよ。
昨日は俺、あんな事言っちゃったけどさ…、お前、美容師とか、向いてると思うよ。
人と接する仕事って言うかさ…、こう、当たりが柔らかいっていうか…、ほんわかするっていうか……、俺は好きだよ。……ああ、いや、そういう意味じゃなくて……」



どうにかしてイツキ自身の魅力を伝えようと、梶原は言葉を繋ぐのだけど、何故か途中で告白めいた感じになってしまい、顔を赤らめる。



posted by 白黒ぼたん at 23:11 | TrackBack(0) | 日記

2017年01月28日

イツキとミツオ・最終話







次の授業が始まるベルが鳴る。
梶原は我に返ったように顔を上げる。


「……ま、まあ、時間があるとき見てみてよ。…相談も、乗るし。…今度は、ちゃんと……」


そう言いながら、机に広げた資料をガサガサとまとめ、また紙袋にしまう。
ふいに、その手に、……イツキの手が重なる。



キスは、

していなかったと思う。
それでも、傍から見ればキスでもしているのではないかと思う程、イツキは身を乗り出し、梶原の顔に自分の顔を近づける。



「…ありがとう。梶原。いつも、ちゃんと、俺のこと考えてくれて…。
…俺、いつか、ちゃんと、……梶原に、お返し……、するから……」




多分、本当に、裏も表もなく、素直に、感謝の気持ちを伝えただけだった。
イツキは梶原の耳元でそう言って、重ねていた手をきゅっと握った。




教師が来て次の授業が始まっても、梶原は顔を赤くしたまま。心臓は口から飛び出すのではないかと思う程、ばくばくと脈打っていた。
可哀想な梶原はイツキと身体の関係が無い分、逆に、イツキの悪意のないいやらしさに、ただただ、心と身体を蝕まれるだけだった。



イツキは、梶原が集めてくれた資料を眺め、梶原が言ってくれた自分への言葉を思い出す。
そして、梶原への礼は何が良いのだろうと考え……楽しそうに、ふふふと笑うのだった。








やはり気の毒なのは、梶原!
posted by 白黒ぼたん at 21:49 | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)