2018年04月21日

昇降口にて







「あ、岡部くんだ。久しぶりー」
「………ぬ…、ま、…原さん?」



もう帰ろうとイツキが昇降口で靴を履き替えていると、見知った女子から声を掛けられる。
……多分、去年同じクラスだった、沼原。……以前、街中で、チンピラに絡まれてた彼女。

とても親しい訳では無いが、まったく、関りが無い訳でもない。
普通に、イツキと話が出来る、貴重な女子の一人だった。



「岡部くんも学校、来てるんだー?……受験組じゃなかったの?」
「んー。まあね。……沼原さんは?」
「あたしはもう、推薦取ってるから。岡部くん今、帰り?駅まで一緒に歩いて、いい?」




そう言って、すでに同じ方向に歩き出しているというのに、駄目だと、断る理由も見付からない。
本当は、イツキは、すぐにタクシーを呼んで、部屋まで帰ってしまおうかと思っていたのだけど……、誰か、人と一緒にいるのなら、その必要も無いのかも知れない。


先日、学校帰りに拉致られ、レイプされて以来、さすがにイツキも行動には気を使っていた。
出来るだけ、一人で出歩かない。人気のない所には近寄らない、と。
それでも、ここ暫くは、本当に何事もなく。イツキにっとてもあの事件は、多少薄らいでいた。



「…学校来てもさ、あんまり人、いなくて…つまんないよね。…このまま卒業とか、寂しいよね…」
「…そうだね」
「………梶原とは、………会う?………あいつ、今、一番大変な時だよね…」




密かに梶原に思いを寄せる沼原は、探る様にそう尋ねるのだけど、イツキにそんな乙女心が解るはずもなく。



「さっき、いたよ。ずぐ帰っちゃったけど」



そう明るく、普通に、答えるのだった。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月22日

判断ミス








駅前で、じゃあねバイバイと手を振って、沼原と別れた。
久しぶりの学校も、人と話すのも、意外と楽しくて、イツキは少し気持ちが軽くなっていた。

時間はまだ明るい、昼下がり。
ここからタクシーに乗っても良かったが、電車で移動しても、まあ問題は無いだろう。
…向こうの駅前で、買い物もしたい。…エキナカのデリカで、好きなサラダを買って行こうと、イツキは改札をくぐった。






結果的には、この判断が、失敗だった。






移動は電車で八駅ほど。
昼間とは言え、都心の環状線はいつも混雑している。
逆にイツキはその方が安心で、普通に、来た電車に乗り込む。
別段、変わった事は、起きていなかったと思う。


それでも、電車が駅を離れてすぐに…、…いやに自分の周りだけ、混み合っているような気がした。無意識に人に押されている内に、体格の良い男達に取り囲まれる。


黒い眼鏡を掛けたスーツの男。深々とハンチング帽を被った、ジャンパー姿の男。数名いる男達のどれもが…、明らかに、堅気の様子では無く。
イツキは、まさかと、身を固くし、逃げ場を探す。



そうしている内に、イツキの腰に、男達の誰かの手が、延びて来た。




痴漢には、…何度か、遭っている。
ミツオとだって、最初は、そんな事がキッカケだった。


けれど、今、イツキの身体を触っているのは、あまりに手練れた、計画的なもののように感じる。

その証拠に、囲まれたイツキは、それ以外の乗客からはすっかり遮られ…
手も、口元も、封じられ、簡単に、ズボンのベルトを外されてしまった。






posted by 白黒ぼたん at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月24日

用意周到








最初は叫ばれない様にと、口元を手で塞がれていた。
仲間の男が何人いるのか、手が、何本あるのか…それすら解らない。
両手首を掴まれ、ベルトを外したズボンの中に、手を入れられ、突然の行為に身構える間もなく、始められてしまう。


ただの痴漢ならば、数分…数駅分我慢すれば、終わるのだろうけど…
これは、我慢できる程度のものなのか、それとは全く別のものなのか…、本当はどんな手段に打って出ても、逃げ出さなければいけないのだろうけど……



「………んっ……、んっ」



電車の中だというのに、ズボンと下着をずり下げられ、股間が露わになってしまう。
そして用意周到とばかり、イツキの性器を握る男の手には、たっぷりとジェルが乗せられていた。




あまり意識しないように、感じないようにとしてみても、男の手が動くたびに、腰がざわつく。
扱いに手慣れているようで、強弱を付けながら、確実にイツキを追い詰めていく。
イツキはどうにか抵抗しようと身を捩らせ、男達から逃げ出そうとするのだけど、背後から、首筋を舐められて力が抜ける。
そのまま耳たぶと、耳の穴を舐められる。男の荒い息遣いは、多分、わざとなのだろう。




「………だ……め……………んん」





口元を塞いでいた手は、外されたが、……今度はイツキ自身、くっと唇を噛みしめ、息さえ押し殺す。


そうでもしないと、喘ぎとヨダレが、零れてしまう。
それほどイツキの中心は張りつめ、あと僅かな刺激で、達してしまうところだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月25日

別の世界








それでもどうにかして、状況を冷静に観察しようとは思ったのだ。
…男達のグループはおそらく…、5,6人。実際に手を出しているのはハンチング帽を被ったガラの悪い中年、それともう一人…。
あとは見張りと目隠しと言った感じ。……一様に怖い風体。多分、その筋の男。

顔はよく見えないけれど、知っている感じではない。でも、向こうは、自分の事を知っているのだろう。
一瞬目が合うと、ニヤリと笑われた。


それは、何度も見た、自分が犯される時の、相手の男の目だった。




すでに数分経ち、駅も二つ三つは停車している。
電車が止まり、乗り降りする人の流れはあるものの、イツキの周りは何も変わらない。
この行為は終わるのか、このまま電車の中で…恥ずかしい事になるのか、どうなのか…、次の停車駅を告げるアナウンスを聞きながら、イツキは思う。




自分だけ、世界が違う。
ついさっきまで、普通の学校帰りの高校生だったのに、どうして今、こうなのだろう。






「………んっ、………ぁ…」



前への刺激が良くて、うっかり流されかけていた。
あと少しで、達してしまうところだった。
それを解っているのか、別の意図があるのか、手は寸でのところで動きを止め
今度は、後ろへと回る。

まだジェルが残る濡れた指で、つぷつぷと、入り口を探る。





posted by 白黒ぼたん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月26日

嗚咽








感じない訳がない。
唇を噛みしめ、瞬きもせず宙一点を見つめ、どうにか気を散らしてみるものの。
じわじわと後ろの穴を侵食され、丁度良いところで擦られ、揺らされ…
…また別の手は、イツキの胸元を…、シャツの上から小さな乳首を爪先で引っ掻くのだ。

ふ…っと、流されてしまいそうになると、イツキは首を左右に振って、違う違うと、胸の中で呟く。
こんな所で、溶け切ってしまっては、この先どうなってしまうか、怖いほど知っている。



「…………ッ……」



口と、鼻から、声にならない声が漏れる。
後ろで何か、ガサガサとやった後に、さらに秘所に、どろりと冷たい液体のようなものが塗りつけられた。
それは、新たな潤滑剤で、男はチューブをイツキの穴に直接、挿れ、中身を絞り出す。
……中と、回りに、ジェルが溢れ……太ももにまで伝う。……まるで、おもらしをしてしまったような感触で、イツキは泣きそうになる。




「……や、……、……い…や………ぁ…」




とうとうイツキは嗚咽を零す。
水音が立つほど滑ったそこに、遠慮の欠片もなく、男の指が入り込む。
軽く握られた拳は、一番太いところでわざと動きを止め、また焦らされ……
ぐっと押し込まれたかと思うと、すぐに引き抜かれ、少しの間を空けて、……今度は指一本だけで、突かれたりする。



イツキは、取り囲んでいた前の男に半分身体を預け、腰だけを突き出し、されるがまま。


男の手が、男の男根に替わり、イツキを犯すまで、そう時間は掛からなかった。






posted by 白黒ぼたん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月27日

困った事







終わりは意外と呆気なかった。



ジェルのぬるみのせいで、男のそれは簡単に、イツキの中に入る。
何度か奥まで突かれ、前も弄られ、別の男には首筋を舐められ、乳首も触られ…、イツキはどこで感じていいのか惑い、頭がクラクラする。

あと少しのところで、他の刺激が邪魔をし、イクにイけない。
もどかしさに焦れ焦れする。このままでは『もっと』と、自分で懇願してしまうかも知れない。





「………うっ…」



短く喘いだのは男の方で、どうやらイツキの中で達したようだった。
ずるりとモノを引き抜くと、だらりと精液が垂れ、イツキの脚のあちこちを濡らす。

生温く、生臭い匂いが立つ。

…今度は何をされるのだろうと背後の様子を伺っているうち、次の駅に着いたのか、ガタンと電車が大きく揺れた。
弾みで、イツキを捕らえていた男達の手が離れる。

イツキに近い側のドアが開き、人が流れる。その流れに乗る様に、イツキは電車の外に押し出された。




そして追われる事もなく、電車のドアは閉まり、男達を乗せた電車は行ってしまった。





一発抜いて、気が済んだのだろうか。
いやにあっさりと開放され、イツキは呆気に取られる。
ホームをよろよろと歩き、取りあえず、ベンチに腰掛ける。
ずり下げられていたズボンと下着は、どうにか引き上げたものの、
衣服も肌も、ジェルや男の精液やらで濡れ、酷く気持ちが悪い。



何より、困ったのは、






イツキはまだ一度も、達していない事だった。





posted by 白黒ぼたん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)