2018年08月01日

週末熱海夜話・3







「……梶原、ポテチ零してる。ヤダ、そのチョコ、俺の。
…おにぎりの中身、鮭だった。大野、ツナマヨ、ツナマヨ…

海!…海が見える、海!」




アレコレ心配しても仕方がないので、旅を楽しむ事にする。
不安も、杞憂も、黒川と一緒にいれば、いつもの事なのだし。
対面式の座席の小さなテーブルの上に、スナック菓子の袋を広げ、
この冬の間、あまり話す事が出来なかった分のおしゃべりを存分に楽しんだ。





「………俺は、まんじゅうを食う」


熱海の駅に降りると、大野が謎の宣言をする。
…特別、甘いもの好きでは無いはずだが、温泉まんじゅうには目がないようなのだ。
駅前に並ぶ土産物屋の店先では、あちこちでまんじゅうを蒸す湯気が上がっている。
大野は宣言通り、端からそれを食べ、イツキも一緒になり、食べ
最終的には腹が痛いと騒ぎ、その二人を見て、梶原が呆れたように笑っていた。




歩くこと数十分。少し距離はあったが、景色を眺めながらだと、そう苦にはならなかった。
山側に上った先、急に立派な庭園が広がり、新しそうな立派な建物が見えた。


「……ココ?……すげー…」


普通であれば、場違いな様子。あまりにきちんとしたリゾートホテルに、梶原も大野も一瞬怯む。

そんな二人に気付いているのか、まるで気にしていないのか、イツキは平然と中に入り、さっさとチェックインを済ませ、


「何してんの?……行こ?」


と、ベルボーイの後に付き、二人に手招きをするのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月03日

週末熱海夜話・4








上品なインテリアの広い客室。
ツインベッドとゲストベッド。ソファに冷蔵庫に、ウェルカムドリンク。
今日のテレビ欄が載ったホテルの案内をパラパラとやって
一通り、あれこれ、大騒ぎする。


「…イツキ、メシって何時?」
「早い時間にした。18時。…俺、19時から出掛けるから…」
「じゃあ、その前にプール行こうぜ。水着、持って来ただろう?」
「……来たけど……、………あんまり………」


ホテルには温泉を利用したプールがあり、最初から、そこで遊ぼうと話しをしていたけれど…
…当然、イツキは乗り気ではなく、返事を詰まらせる。
…素肌を見せることは…、どうも、……やはり…。

梶原と大野はすでにカバンを広げ、水着を取り出し、あらかじめ部屋から着て行ってしまおうと、ズボンを脱ぎ始めている。



「……俺、……やっぱ、プールは……」
「イツキ。気にし過ぎ。どうせ後で、風呂だって入るだろ? 一緒じゃんか」
「……んー……」
「女子かよ!……覚悟、決めろ!」



笑って、梶原はそう言って、勢い、自分のシャツを脱ぐ。
実を言えば梶原とて、妙に気恥ずかしかったりするのだが…、それを言ってはキリがない。わざと明るく振る舞う。
その様子に、イツキも決心したのか
大真面目な顔で、口を真一文字に結んだまま、こくんと一つ、頷く。









そして、イツキの水着姿は


大方の予想通り、むしろ、裸よりも…目のやり場に困るものだった。



posted by 白黒ぼたん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月04日

週末熱海夜話・5







「………イツキ、お前…、……それ?」
「……変…、………かな?……やっぱ…」
「いや……、すげー、似合うっちゃ似合うけど……、いや…」




とりあえず、コレしか無かったというイツキの水着は
数年前に、某ホテルで、某オヤジが用意してくれたという…、ぴっちりとした黒のビキニで
それはそれで素晴らしく似合うのだけれど、似合い過ぎて、見ている方が恥ずかしくなってしまうものだった。

ハーフパンツ型の水着の梶原と大野は若干顔を赤らめながら、ちらりとイツキの姿を横目で眺め、ニヤニヤと笑う。

その態度に、逆にイツキの方が、機嫌を損ねる。




「………もう! 覚悟決めろって言ったの、梶原じゃんか!
………水着なんて、水ん中、入っちゃえば、解んないでしょ!」



頬を膨らませ口を尖らせ、準備体操もせず、プールに飛び込むと、
その場から逃げる様に、向こう側に泳いで行ってしまうのだった。





「お、おい、イツキ。待て待て。……別に、オカシイ訳じゃねぇよ。…似合ってて、つい、見ちゃっただけ…で……」


梶原と大野もプールに入り、慌てて、イツキを追いかける。
追って捕まえて、じゃれあって…、水を掛け合ってギャハハと笑う…、つもりだったのだが…




イツキの、綺麗なフォームのクロールに、二人はいくら泳いでも追いつく事は出来ず。


そのまま、25メートルプールを3往復してしまい、
三人は、くたくたになるのだった。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月06日

週末熱海夜話・6







プールの隣には、水着のまま利用するスパエリアがあり
1500メートルを泳ぎ切った三人は、そこで一息ついていた。

イツキは、まあまあ普通。
梶原と大野は疲れたようで、今にも沈みそうに肩までどっぷり湯に浸かる。


「………いや、マジ……、無理……。……ガチすぎる…」
「…別に、競争した訳じゃないじゃん…」
「…そうだけど、……追いつけないなんて……無いわ。……オマエ、スイミング、やってたの?」
「……んー。……小学校のとき、とか、だよ…」


イツキに追いつくことが出来なかったのが余程悔しいようで、大野がそう零す。

イツキは、小学生の時分にスイミングスクールに通っていて、それは地方の大会に出る程の実力だったらしい。
その話を知っていた梶原は、うんうんと頷きながら、両手で湯をすくい顔をバシャバシャとやる。


「早いのもそうだけど、やっぱ、泳ぎ、キレイだな。…すげぇな」
「……そんな事、ないよ……」
「意外と、筋肉あるのかな?…でも、腕とか、細いよな…」

「……そんなこと、ない。……俺、先、出るね……」





うっかり本気で泳いでしまった事が、恥ずかしいのか、何なのか、イツキは湯船から出て足早に更衣室へ向かってしまった。
……梶原も大野も口にこそしなかったが、ほぼ全裸のイツキの身体は、綺麗だった。



すらりとした手足。ほどよく筋肉がついた、身体。
きめの細かい白い素肌。水が滴る前髪をかき上げる仕草も。
…そして改めて、…身体中のムダ毛が無い事に、気が付いてしまった。



湯船に残った梶原と大野は、二人、静かに目配せして…
何とも言えない微妙な笑みを浮かべるのだった。







更衣室に戻ったイツキは、バスタオルで髪の毛を拭く。

そのせいで、解らなかったのだけど、物陰からずっとイツキの事を見ている、男がいた。






posted by 白黒ぼたん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月08日

週末熱海夜話・7









予約の時間にレストランに行くと、もうテーブルには食事が用意されていた。
豪華な船盛の刺身、上品に盛られた天婦羅、分厚いステーキは卓上コンロの上で湯気を立てていて。
およそ、高校生の夕食にしては、贅沢過ぎるものだった。



「……スゲー、やべぇ…、食べきれるかな…」

と、喜びながらも梶原は心配になるのだが
意外とイツキは平気な顔で、大海老の天婦羅に抹茶塩をパラリとやっていた。


「……イツキ、この後、……行くんだろ?」
「ん。……本館の方で、何か、パーティーがあるらしくて…、顔、出してくる…」
「あの人、来てんの?……黒川さん…」
「…んー…、……解んない……」


海老のしっぽを咥えながら、イツキはそう言う。
黒川が来ているかどうかは…、実際、イツキにもまだ解らないのだ。
あまりに連絡が無さ過ぎて、このまま、実は用事も何も、オシャカになってしまえばいいのにと思う。


「……そっか。……な、後で露天風呂、行くだろ?イツキ」
「…多分。…でも、梶原たちは先に行ってていいよ。俺、時間、読めないし…」
「…そっか。風呂さ、いつでも入れるみたいだぜ?。朝、日の出とか見てもいいな」

「……どんだけ風呂推しだよ、テル。ハダカの付き合い、しちゃう気か?…これ以上!?」


イツキと梶原の会話に、冗談めかして大野が突っ込み、三人で笑う。
笑ながらイツキは、……少し…、……杞憂する。








パーティーが、まるで心配が無い、訳ではない。
それに比べれば、さっきプールの更衣室で見知らぬ男に

『泳ぎ、上手だね。……とても、綺麗だったよ』

と、囁かれたことなど、些細な問題だった。







posted by 白黒ぼたん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月09日

週末熱海夜話・8







食後のデザートを泣く泣く諦め、イツキは一人、客室に戻る。
わざわざ、いつもの黒いスーツに着替えるのは、やはり…気持ちを切り替えるため。
この服を着ると、イツキは…ある程度のことなら、何でも平気で出来る…ような気がしていた。

良くも、悪くも。







地元企業の創立記念パーティーには、その従業員や家族なども招待されており、イツキぐらいの年の子が紛れ込んでいても、まあ、不自然では無かった。
立食スタイルのフランクな会場。
それでも上座の一角には、企業の役員らしい人物や、胸もとに花を付けた招待客がいて、近寄りがたい雰囲気にはなっていた。



とりあえずイツキは、何食わぬ顔をしてその一角の、本当にすぐ近くまで寄る、
ボーイが運ぶマティーニを一つ貰い、グラスに口を付けながら、あたりをそっと伺う。
……黒川の姿は、まだ、見当たらない。





ピコンと着信が鳴る。


『山野辺は招待客の中の、緑のネクタイ。途中でスピーチがあって、その後、脇の控室に戻るから、そこを狙え。隠し撮りのカメラがある』




黒川からのメッセージを読みながら、イツキは、小さく溜息を付く。
さて、この短時間で、何をどう狙えというのか…。



「……マサヤ、スパイ映画の見過ぎじゃん?……ふふ」



イツキは軽く笑って、残りのマティーニを一気に飲み干した






posted by 白黒ぼたん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月10日

週末熱海夜話・9







スピーチまではまだ間があるようで
イツキは取りあえず男を見つめながら、カクテルを飲む。
暫くするとさすがに向こうも気付き、面識はないはずなのに仕事柄か、笑顔で会釈などしてくる。

イツキも、ニコリと笑う。

ついでにカクテルを零してしまったのは、多分、本当の偶然。


やがてパーティーも進み、男も壇上に上がり、挨拶をする。
どうやら地元の代議士先生のようだと、この時始めて知る。
短いスピーチが終わり、袖から捌け、控室に消えた。









「……おつかれさまです」


男が控室に入ると、すでに、そこに、イツキは居た。


「……ええと。……キミ、ここのスタッフさん?」


質問に、イツキは微笑み、首を横に振る。


「……どこかでお会いした事、あったかな?」
「……いいえ。……ちょっと、お話出来たらと……、思って……」


思わせぶりな言葉と、表情。
おそらく、こんな手を仕掛ける以上、男もその趣味があると調べはついているのだろう。
例え、そうではなくとも、この状態のイツキに間近に迫られ、上目遣いで見つめられては…




マトモな頭も、オカシクなってくる。







posted by 白黒ぼたん at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月11日

週末熱海夜話・10








「…はは。………キミ、ずっと私の事、見ていたでしょ?」
「……え。……気付いていました?」
「勿論だよ。……お酒、零したのも見ていたよ、はは……」



突然現れたイツキに警戒しながら、そして、得も言われぬ感覚を紛らわせながら…、男は話す。




「……そうなんです。……お酒、零しちゃって…、……シャツ、濡れちゃって……」




俯いたイツキは、自分の胸元に手をやる。
濡れてもいないくせに、ネクタイを緩め、シャツのボタンを外し、隙間に、自分の指を差し入れる。
撫ぜる様に動かし、小さく溜息を付いて、シャツの端をきゅっと掴み、


男を、見上げる。



「……脱いでも、……いい?…」
「…こ、…ここじゃ、……駄目でしょ……」
「じゃ、どこなら、いい…?」



そう言って、イツキは…笑って、……男の胸に、とん、と身体を寄せた。










部屋のどこかに隠しカメラがあって、この様子を映しているのだろう。
ハグかボディタッチで良いと。それっぽく見える写真が撮れれば良いのだと。
ならば、この程度で十分だろう。

芝居は終わり。


冗談めかして、「……なんちゃって」と笑って、イツキが一歩、後ろに下がろうとすると




男はイツキの腕を掴み、前に踏み込み、逆にイツキに身体を寄せて来た。








posted by 白黒ぼたん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月15日

週末熱海夜話・11







「……ちょっ……と、ま…って…、………」
「……キミが……、誘うから……、……キミが……」
「……んー……、………違くて………」


興奮した男は鼻息も荒く、イツキを抱き締める。意外と力が強い。
首筋を舐め、そのまま顔を舐め、唇を舐め。
イツキが両手で男の顔を押し退ける隙に、身体をさらに寄せ、腰を打ち付けてくる。


「……キミが悪いんだよ……」
「………センセ。……こんなトコじゃ、や…、……駄目…だって………ばっ」


思わず声を荒げ、男を蹴飛ばそうとした瞬間


……入り口の扉が開き、人が入って来た。


男は咄嗟に我に返ったようで、慌てて、目の前のイツキの身体を突き飛ばす。



「……山野辺先生?……どうかされましたか?」
「…い、いやっ……なんでもないよ」
「お戻りが遅かったので…。あちらで皆様お待ちですよ?………この子は?」
「知らんよ!…私は、知らんよ!」


…男は取り繕い、イツキを振り返りもせず足早に部屋を出て行く。
一瞬でも色香に迷い、自分が取った行動が、自分でも信じられないといった様子だった。




残されたイツキは呆気に取られていたが、ともあれどうにか、用事は済んだらしい。
後から入って来た男にペコリと頭をさげ、自分も部屋を出ようとする。



それでも、イツキが窮地に立たされるのは、これからが本番だった。






posted by 白黒ぼたん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月16日

週末熱海夜話・12








二番目の男は一番目の男よりも乱暴で強引で手練れだった。
脇を通り抜けようとするイツキの腕を掴み、ドンと壁際に押しやり、とりあえず唇を合わせる。



「……ッ、……や…っ……」


顎を掴まれ、無理やり口を開かされ、深いキスをする。
当然イツキは抵抗し、男のあちこちを叩いたり髪の毛を引っ張ったりするのだが、意味はない。



「……やっぱり、……そういう子だったんだ?……ふふ、僕とも、楽しもうよ……」


そう、ささやく男をイツキは見上げ、睨み付ける。
……それは先刻、プールの更衣室で、イツキに声を掛けて来た男。
どうやらパーティーの招待客で、山野辺の知人。

しかも、相当遊び慣れた様子。

片手でイツキの腕を束ね、身体を寄せ、体重を掛け動きを封じ、脚や腰を、イツキの敏感な部分に擦りつけて来る。



「……ちが…う。………ふざけんな……、……離せ…バカ…ッ」



イツキにすれば精一杯の悪態をつき、男から逃れようと身体を捩る。
けれど逆にバランスを失う。
それと同時に男はイツキの脚を蹴飛ばし、
イツキはその場に、腰を落としてしまう。



「………あっ……」



シャツの隙間に、手を差し入れられる。
……山野辺との小芝居の時に、外していたボタン。
男の手はするりと中に入り、イツキの乳首を見つける。
爪先で引っ掻かれると、思わず、声が出てしまった。


「……可愛い声だね」


男はイツキの耳をべろりと舐めながら、そう言う。






耳は、駄目だった。






posted by 白黒ぼたん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月17日

週末熱海夜話・13








部屋でくつろいでいた梶原のケータイにイツキから連絡が入る。



「終わったって?」
「…あー、終わって、そのまま風呂入って来るって…。先、寝ててもいいって…」
「ふーん」


大野も画面をのぞき込んで、鼻で返事をする。
すでに自分たちも風呂に入り、浴衣姿。ベッドの上で暇つぶしの将棋を指していた。


「…長引いたんかな?…どうする?寝るにはまだ早いか…」
「俺、もう一回風呂、行こうかな…」
「はー?どんだけ風呂好きだよー」


呆れたように大野がそう言う。勿論、好きなのは風呂なのではなく。
…けれど、風呂と言っても、このホテルには数か所ある。
大浴場か、露天風呂か、魚も泳ぐ戦国風呂か…
イツキに確認するのも、その一つ一つを回って確かめるのも、少しやり過ぎな気がして…
仕方なく梶原は、大野との将棋勝負に戻るのだった。







梶原に連絡を入れ、イツキはふうと溜息を付く。
この、黒いスーツを着ている姿も、事の後の濡れた身体も見られたくはない。
幸い、この風呂場は小さいためか、イツキ以外の客もいない。
洗い場で手早く身体を洗い、湯につかる。
露天風呂ではないが壁一面の窓は開放されていて、夜風が、心地よい。





うっかり、
見ず知らずの男と、ヤッてしまった。
途中から、逆らうのも面倒になって…、早く終わるのならばと…、…つい。

自分の身体の緩さに腹が立つ。

けれど、腹を立てる相手は、もう一人いた。





posted by 白黒ぼたん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月20日

週末熱海夜話・14







「よ。……おつかれ」



静かに扉が開いて、男が浴室に入ってくる。
中にイツキがいると知っているのか、そう声を掛け、軽く手桶で湯を浴びてから、湯につかる。

イツキはチラリと横目で眺め、あからさまに不機嫌な顔をして、反対側を向いてみる。
男は何食わぬ顔で、ふふと笑い、大きく伸びなどしてみせる。


「……なかなか、面白い見世物だったぜ?」
「…あ、そ」


からかう様に男はそう言う。イツキは短く答える。
しばらく、そっぽを向きだんまりを決め込んでいたのだけど…
あまりに沈黙が長すぎて、業を煮やす。



「マサヤ、どこにいたの?……俺のこと、ずっと見てたの?……助けに来てくれれば良かったじゃん!……俺、……」
「……逃げようと思えば、逃げられただろう?」
「…あそこで騒ぎを起こしてもマズイと思って、我慢したんじゃん!」
「我慢?…それにしちゃぁ、ずい分、良さそうだったんじゃないか?」



黒川はわざと煽るような言葉を吐く。
思った通りイツキは怒り、赤い顔をさらに赤くして黒川を振り返り、頬を膨らませる。

黒川は、可笑しくて堪らないと言った風に笑い、そのイツキを抱き締める。





「……なんてな。…嘘だ。……悪かったな、二人目はハプニングだったな。
………怒るなよ、イツキ」




耳元で囁く声は卑怯なほど甘く優しく、湯あたりするより熱く、のぼせ上がる。






「………マサヤの、ばか……」



イツキは、そう呟くのが精一杯。







posted by 白黒ぼたん at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月21日

週末熱海夜話・15








「二人目、な。あれも地元の大物だぜ。…実際、山野辺よりイイのが釣れた…。
…まあ、最後までヤル必要は無かったがな、ふふ…」
「……マサヤ」
「……お陰で、良い画が撮れたぜ…」
「…マサヤ…」


湯船の隣り。上せた身体を冷ますためのベンチで、イツキはさらに身体を熱くする。
ねぎらいの意味もあるのか、ただの誤魔化しなのか、黒川の手はいつもより濃密で
指と舌と声で、そこいら中の穴を犯す。

情事をどこかで見ていながら助けに入らなかった黒川に、悪態をつこうにも
言葉にならない。

黒川の常套手段、だとしても。
タチが悪いのは、黒川もイツキも、お互い様。




「…マサヤ、……部屋、取ってないの?……ここじゃ、……や…」
「ああ、そうだな…。でも、その前に一度、イっとけ。……声が聞きたい…」
「や…、…だ……、め……」



挿し入れた指を折り曲げ、中を引っ掻く。
それだけの動きなのにイツキは達し、身体を震わせる。
黒川の背に腕を回し、自分の何かが零れ落ちないようにとしがみつく。
短い吐息と共に吐き出される上擦った喘ぎ声が、黒川の、脳を麻痺させた。














梶原は、客室で大人しく、イツキの帰りを待つつもりだったが
せっかく温泉宿に来て、イツキと風呂に入れないのはつまらないと…、余計な事を考える。


もう風呂はいい、という大野を残し、梶原はイツキを探しにあちこちの風呂場を覗く。
大浴場、露天風呂。…少し離れた本館に小さな檜風呂を見付け、そこにも、行ってみる。




風呂場の入り口の棚には、スリッパが二つ。
脱衣所はがらんとして、人はいない。

奥の浴室から、水音が聞こえる。













駄目!梶原、行っちゃダメ!ww
posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月24日

週末熱海夜話・16








「………んん?」




浴室で、素っ頓狂な声を上げたのは
梶原の知らない男だった。

ほぼ貸し切り状態だった風呂場に、急に、浴衣姿のままの梶原が覗き込んで来たのだ、
お互い、知り合いだったかと顔を見遣り、首を傾げる。


「…あ、…スンマセン…」


梶原はぺこりと頭を下げ、風呂場を出る。

結局その晩、梶原はイツキを見つける事は出来なかった。








寸でのところで、イツキと黒川は風呂場を後にしていたのだった。
それはこの旅行中の、せめてもの、幸いと言えた。







明け方。
イツキは、梶原と大野が待つ部屋に帰って来る。
どうしたのか、と聞かれると、
「風呂に入ったら気分が悪くなって、別に泊まっていた知り合いの部屋で休んでいた」
と、言う。


「……知り合いって…、黒川さん?」
「まあ、そんなトコ。……ね、お腹すいたね。朝ゴハン、バイキングだったっけ?何時からだろう?」




下手糞に話をはぐらかして、イツキはそう言って、笑った。







posted by 白黒ぼたん at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月25日

熱海・最終話








朝。
二番目の男はラウンジでコーヒーを飲んでいた。
男は、地元の観光産業でそこそこの立場にあり、昨夜のパーティーの招待客だった。
新聞をパラパラと捲りながら、夕べの、綺麗な少年を思い出す。


ふと、目の前に、見知らぬ男が立つ。
さわやかな朝に似合わず黒のロングコートを羽織り、見るからに怪しげな様子。
……仕事柄、そういった稼業の連中とも付き合いがある。…この男も、その類のものだと、解る。


「……どちら様でしょうか…」


二番目の男は新聞を置き、顔を顰める。
目の前の男の後ろにはもう一人…、…ゆうべの、綺麗な少年が立っていた。


「……あっ…」
「ツレが、世話になったようで…。…また改めて、お話させて頂きます」



そう言って、目の前の男はニヤリと笑う。
後ろに立つ少年は申し訳なさそうに、小さく、ぺこりと頭を下げた。













ホテルの外では梶原と大野が待っていた。
そこに、チェックアウトを済ませたイツキがやって来る。

「…いいのか?イツキ。本当に、タダで…」
「大丈夫、大丈夫。帰りはどうする?駅前に、美味しいプリン屋さんがあるって本当?
「ああ。…ま、行くか」



そうして、三人はホテルを後にする。

週末の熱海旅行は、概ね、楽しい旅行だった。







posted by 白黒ぼたん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
柿の種 by はるりん (09/16)
蒔いた種 by ぼたん (09/15)
蒔いた種 by はるりん (09/15)
一人の部屋 by ぼたん (09/10)
一人の部屋 by クッキー (09/10)
一人の部屋 by はるりん (09/09)
世界の正解 by ぼたん (09/08)
世界の正解 by はるりん (09/07)
景虎大吟醸 by ぼたん (09/06)
景虎大吟醸 by はるりん (09/06)