2018年12月01日

ぐうの音






「……笑い過ぎだ、一ノ宮」



夜。ようやく一ノ宮は、黒川の不機嫌の理由を聞き出す。
どんな重大な理由かと身構えていたのだが、笑い過ぎて、飲みかけの日本酒でむせ返すところだった。


「…いや、……失礼。……しかし…」
「…ゼニアだぞ?…あの、馬鹿。……何でも一緒くたに洗いやがって」
「今はイツキくんが全部、…身の回りの事を?……洗濯や、食事や…」
「…出来れば苦労はしないがな。……まったく」


黒川はぼやき、グラスを口につけながらため息を漏らす。
駄目にしてしまったシャツはハイブランドのもので、特に、気に入っていたらしい。


「……それは、お気の毒です…」
「だろう?」
「あなたじゃないですよ、…イツキくんがです」
「…は?」


ようやく笑いが収まった一ノ宮は、黒川のグラスに酒を注ぎ、そう言う。
意外と、真面目な顔。悪さを諭す親のようで、黒川の方が少し、たじろぐ。


「イツキくん、よくやっていますよ。『仕事』だって嫌がらずに行く。その上、あなたの世話までじゃあ、大変だ。
お母さんでも、お手伝いさんでも無いのでしょう?
もう少し、感謝した方がいい」


そんな一ノ宮の言葉に、黒川はぐうの音も出ないのだった。







夜中。
部屋に戻ると、イツキはすでにベッドで眠っていた。

リビングのテーブルには、

シャツの同じブランドの、……小さな紙袋が置いてあった。




posted by 白黒ぼたん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月02日

小さな紙袋







「……悪かったな…って思ったんだよ。だから、同じの、買おうかなって思って。
エルなんとか…ゼグ…なんとかって言うの?……全然知らないブランドじゃん!
何それーって思って…、大きい百貨店、3っつも回っちゃったよ。

でさ、ワイシャツなんて、高くても一万円ぐらいかなって思って…、それぐらいしか持って行かなかったんだけど……」



朝。リビングでコーヒーを飲んでいたイツキに、黒川が尋ねる。
シャツが入るにしては小さすぎる紙袋。イツキは照れ臭そうに笑う。



「…超、びっくりした。桁一つ違うじゃん!マサヤって、いつもあんなの着てるの?」
「………いや。……まあ、あれは、たまたま……」
「…ふふ。…俺、お店でキョロキョロしちゃった…。……結局、ワイシャツは無理でさ…
一番安いの、どれですかって…聞いて…、……お店の人に笑われちゃった」


そう言って笑う。笑いながら、自分で、小さな包みを開ける。
中には、一足の、靴下が入っていた。


「……ごめんなさい。とりあえず…、……これ…」










黒川は
一ノ宮に諭された事を、一応、気にしていた。
たかだがシャツを駄目にしたぐらいで、怒り過ぎたと、…思っていた。
「悪かったな」と一言、言っても良かったのだけど、先にイツキが謝ってしまい、機会を失う。



「……あ、ああ」
「パンツもあったんだけど…。パンツ一枚買うのもねー、ふふふ…」
「……今度、一緒に行くか。……お前も何か、買えばいい…」
「ええ、いらないよ!一万円のパンツなんて!」





テーブルの上の紙袋を取り、中身を覗き、馬鹿にした様子で鼻を鳴らしていた黒川は

イツキの言葉に、大いに笑った。






posted by 白黒ぼたん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

感傷・1







「…温泉でも行くか。…たまには草津の方でも…。
今週末、…土日…、金曜日からでもいいな……」



ここ暫くの償いか労いか、もしくは単純に自分が行きたいだけなのか
ふいに黒川がそんな提案をする。
朝、リビングでフルーツ入りのヨーグルトを食べていたイツキはスプーンを口に咥えながら、少し、考える。


「……行かない」
「うん?…熱海にするか?」
「週末は駄目。……俺、……卒業式だよ」


イツキの返事に、黒川は一瞬、驚いた顔を見せる。
…言われるまで、イツキがまだ高校生だったという事を、忘れていたようだ。

もっとも、さして興味も無いようで、ふん、と鼻を鳴らす。


「来る?マサヤ。卒業式」
「行くかよ」
「……だよね。…ふふ」


イツキは笑って、腰を上げ、食べていたヨーグルトの容器を片付ける。


「…じゃ。俺、学校、行ってくるね」
「………ああ」


そう言って、部屋を出て行くのだった。







思いがけず、感傷に浸るのは
黒川の方だったかも知れない。





posted by 白黒ぼたん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

感傷・2







黒川は、子供を抱くのが趣味だった訳ではない。
最初、イツキに手を出したのは、仕事で面倒ばかりを起こすイツキの父親への、ちょっとした嫌がらせ程度だった。
まだ「男」になる前の少年。美人の母親似で、売り物にしても十分な容姿。
適当な言葉で騙し、ベッドに押し倒すのは酷く簡単で、初めての行為に泣き叫ぶ様子は意外と…、…好みだった。


何度目かに会った時は、中学の制服を着ていた。
詰襟ではなく、ブレザーで。否が応でも真面目に見える姿に、余計にそそられた。
ブレザーを剥いで、ワイシャツのボタンを飛ばす。…ああ、最初の頃は下着に丸首のシャツを着ていたと、変な事を思い出す。
何もかもが野暮ったくて、そのくせ裸になると、今までに抱いたどの男よりも女よりも反応が良かった。







「……5年、…6年になるのか……?」



イツキが出掛けた後、黒川はキッチンで自分のコーヒーを淹れる。
飲み、一息つき、イツキと一緒にいる年月を数える。
イロイロあったと、そんな簡単な言葉では言い尽くせない程、色々な事があったのだが
今は案外、穏やかに暮らしている。それが自分でも不思議でならない。

手元のマグカップに目を落とす。





流しには、同じデザインの、イツキのカップが置かれていた。




posted by 白黒ぼたん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月08日

感傷・3







仕立てたばかりの黒いスーツを着たイツキは、下を向き、肩を震わせ
壁際に身を寄せ、さらにさらに、小さく見えた。

「来い」

と言っても、身を固くするのみ。
腕を掴んで、小突くように押すと、ようやくゆっくり歩き始める。

それでも、部屋の前まで来ると、また止まってしまう。


借金のカタに俺と契約を結び、初めて、俺以外の男に抱かれる日。
…頭では納得していても、身体がいう事を聞かないらしい。
首を横に振って、涙を一粒、零す。





「……………や………」


蚊の鳴くような、小さな声。


「……お前が決めた事だろう」
「………でも……」
「四の五の言うな」



客の待つ部屋の扉をノックする。開いた隙間にイツキの身体を押し込める。
扉が閉まった後、中から、酷く騒ぐ物音が聞こえたが、知った事ではない。







互いの苦渋を飲み干すまで
この契約は続く。





posted by 白黒ぼたん at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月09日

感傷・4








暫くするとイツキは、この異常な日常に慣れたのか…諦めたのか
まあまあ普通の顔をして、黒川の所に来るようになった。
中学校の制服を着たまま、事務所に来て、隅の物陰で黒いスーツに着替え、迎えの車に乗って出掛けて行った。

大人しく言う事を聞くのは、勿論、良い事だが
あまりリアクションが無いのは、……面白みに欠けた。




それでも、真夜中過ぎに帰って来た時は、濡れた髪、乱れた着衣、青白い顔。
泣き腫らした目をし、奥歯をカタカタ鳴らしながら、事務所のソファに座る。
生憎、部屋には黒川一人。嘘でも優しい言葉を掛けてくれる一ノ宮はいなかった。


黒川はイツキを一瞥する。


「…お疲れさん。……ジジイはどうだ?張り切っていたか?……ふふ」
「…………」


イツキは返事も無く。…つい、数時間前の行為を思い出したのか嗚咽を飲み込む。
黒川はイツキの目の前に立ち、肩を震わせるイツキを、見下ろす。



男に汚され泣く姿は、欲を掻き立てられる。酷くいやらしく、色気を垂れ流す。






黒川はイツキの髪の毛を掴み、顔を上げさせると
自分のズボンのファスナーを下し、中の塊を、イツキの口中に押し込んだ。






posted by 白黒ぼたん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月12日

感傷・5







真夜中。
黒川が自分の部屋に戻ると、そこにはすでにイツキがいた。

当時のイツキは一応、親元で生活をしていたが
さすがに『仕事』の後など、まともに家に帰れない時もある。
黒川の部屋の鍵を渡されていたイツキは、自由に出入りを許されていた。



イツキは風呂場から出て来たところで、濡れた髪の毛をバスタオルで拭きながら、リビングに戻る。
チラリと黒川を横目で見遣って、小さな声で「……おかえりなさい」と言う。
今日も、他の男に抱かれに行っていた。すこぶる具合が良かったと、先方から連絡があったところだった。



黒川は冷蔵庫から缶ビールを取る。
その場で缶を開け、一口飲む。……流しには空き缶が2,3本転がっていた。イツキが飲んだのだろう。

いつ、酒を覚えたのかは定かではない。
黒川が付き合わせた事もあったし、『仕事』中、無理やり、飲まされた事もあっただろう。
美味しいかどうかは別にしても、喉の渇きを癒し、嫌な事を忘れさせるには丁度良かった。




「………おれ、今日、……ここで、寝る……」
「…ああ」


たどたどしい口調は、酒と眠気のせいだろうか。
他にも何か言いたげに、黒川を見つめていたのだけど、……もう、どうでもいいやと言う風に小さく溜息を付いて、寝室に入って行った。



黒川はリビングのソファに座り、飲みかけのビールを煽る。
部屋にはイツキの脱ぎ捨てた服が、点々と、散らかっていた。




しばらくして黒川が寝室に入ると、イツキはベッドの端に身を丸くし、背中を向けていた。
黒川は毛布を捲り、その隣に入り、


イツキの小さく震える肩に、腕を、回した。






posted by 白黒ぼたん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

感傷・6







一緒に過ごす時間が長すぎるからと言って、慣れ合うつもりは無かった。……恋人でもあるまいし。
ただ、一緒に食事をし、リビングでくつろぎ、擦り切れるほど身体を合わせ、寝顔も、寝起きの顔も見ていれば、
情が沸かない、という方が無理な話だろう。


泣き顔より、穏やかな笑顔をよく見かけるようになったのは、いつからだったか。

最初、武松寿司の厚焼き玉子を食べさせた時のことは、なんとなく覚えている。




マンションからそう遠くない場所にある、馴染みの寿司屋。
西崎あたりと飲みに行き、帰りに、折り詰めを持たされた。
部屋に帰ると、すっかり居着いたイツキが、ソファに寝転びテレビを見ていた。
折り詰めをテーブルに置き、「…土産だ。食っていいぞ」と言うと
単純な笑顔を浮かべ、いそいそ、緑茶などを淹れてくる。




「……すごい。美味しい。……俺、お寿司、好き…」
「ふん。……そんなの、どこにでもあるモンだろう」
「ええ?そう?……あ、この玉子焼き、すごい美味しい。……甘くて…、しっとりしてて…。……美味しい…」


無邪気に喜び、玉子焼きを頬張る姿が、可笑しくて、……つい、こちらの気も緩む。


「……そんなに美味いなら、今度、店に連れて行ってやる」




そう言うとイツキは、ぱっと目を見開いてニコリと笑い、こくんと頷いた。









黒川、トゥンク!
posted by 白黒ぼたん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月15日

感傷・最終話







…つい呆けて、感傷に浸ってしまった…。
そんなガラでは無いだろうと、黒川は自分で自分を笑い
事務所へと向かう準備をする。

電話が鳴る。
相手はイツキだった。




「……なんだよ?」
『あのね、俺ね、今日の学校、お昼でお終いなんだけど…、ご飯、食べに行きたいな。
…結局、焼肉屋さん、行けなかったじゃん』
「……昼間っからか?……俺はそんなに暇じゃないぞ?」




必要以上に不愛想に返事をしてみるのは、今しがたまでイツキの事を考えていた、照れ隠しなのか。
……昔に比べ、最近は甘やかし過ぎだ……。少し、距離を取った方が良いのではないかと、……チラリと、思う。けれど…



『………駄目?』
「……15時くらいに事務所に来い。……制服は着替えて来いよ」
『はぁい』



けれど、まあ、それは次の機会に。
黒川は電話を切って、ふふ、と鼻で笑うのだった。







ああ、やっぱりベタ惚れの話に・笑
posted by 白黒ぼたん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月16日

小話「揉め事」









西崎が事務所の扉を開ける前から、中から、言い争う声が聞こえていた。
何か揉め事か喧嘩かと、恐る恐る扉を開けると、丁度、外に出ようとしていたイツキとぶつかった。


「………マサヤの、馬鹿!」


イツキは黒川にそう叫び、キッと強い目で西崎を見上げ、一応、ぺこりと頭を下げて擦れ違う。
後ろ手でバタリと扉を閉め、階段を、バタバタと駆け降りる音が聞こえた。




「……社長。……書類です」
「………ああ。ご苦労さん」



西崎は何事かと、黒川と一ノ宮の顔を見遣る・
黒川は面倒臭そうに大きなため息を付き、西崎の書類を受け取る。



「……イツキ、ですか?……また何か問題でも?」
「………いや」
「……『仕事』にゴネたとか、…他に男を作ったとか…?。…まったく、社長は、イツキに甘過ぎですぜ?」
「………ああ。………そうだな」



黒川はそれ以上は何も言わず、一ノ宮も俯いたまま視線を逸らす。
用事を済ませた西崎は仕方なく、そのまま、一礼して事務所を後にするのだった。











「…………笑い過ぎだ。……一ノ宮」


暫くしてから、黒川が一ノ宮に声を掛ける。
俯いて、顔を見せないようにしていた一ノ宮は静かに肩を震わせ、笑いを堪えていた。


「失礼。……ふふ。……さすがに…、……まさか揉め事の理由が、

『部屋に、こたつを置いていいか』

などとは…、ふふ、……話せませんよねぇ…、ふふ……」

「………ふん」


まだ笑いが止まらない一ノ宮を尻目に、黒川は、鼻息を鳴らすのだった。







posted by 白黒ぼたん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月18日

昇降口で







梶原は昇降口でイツキを見掛けた。
今、帰る所なのだろうか、寒そうにコートの襟を合わせ、ふと、空を見上げていた。



「……イツキ」
「あ。梶原」
「…どうした?」


イツキは少し首を傾げる様にして、小さな笑みを浮かべる。



「……雪かな、って思ったら、違った」
「はは。……でも、降りそうなぐらい、寒いな」
「………ん」





それだけの仕草なのに、梶原は何だか胸が締め付けられそうになる。
卒業式は、もう、明日。

イツキと自分は、ただの友達以上。踏み込んだ間柄だったと思うけれど…、かと言って、何かがあった訳でもなくて……

何か、あってしまえば良かったと…、今更ながら、少し、思う。




歩き出したイツキの横顔を、梶原はチラリと、見る。
鼻の頭が赤くなり、吐く息も白い。

かじかんだ手を握り、一緒に、自分のポケットに入れてしまえと
……心で響く声が、もう少し大きければ、何かが変わったのかも知れない。








「……俺ね、学校、…楽しかった。……梶原がいて」


そう呟くイツキに、梶原は泣きたいのを我慢して「…ああ」と言うだけだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月20日

一波乱・1








夜は部屋にイツキ一人だった。
黒川は仕事らしい。
イツキはきちんと夕食を取り、酒も控え、明日最後になる制服にアイロンを掛け
寝室に入った。

別に、特別な事は、何も無いと思うのだけど
それでも少し、落ち着かない感じがして、眠りにつくまで時間が掛かった。




真夜中を過ぎたあたり、物音で目が覚める。

傍らのケータイを見ると、直前に、黒川からの着信があったようだ。
イツキはベッドから起き上がり、半分寝ぼけた頭で、どうしたものかと様子を伺う。

ふいに来客を告げるベルが鳴る。こんな真夜中に、何度も、鳴る。
……ああ。黒川が鍵を忘れたのかも知れない…、と、イツキはリビングのインターホンの前に行く。



モニターに映っていたのは、





血だらけの黒川と、それを支える様に抱く、見知らぬ男だった。







posted by 白黒ぼたん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

一波乱・2








部屋着にコートを羽織り、イツキは慌ててエントランスに降りる。

ホールの壁に寄りかかる様に黒川と、隣に、30代ぐらいの男。
……短髪にこざっぱりとした口髭。…どこかの店員なのだろうか、腰にギャルソンエプロンを巻いていた。



「………マサヤ、…………」



イツキは傍に寄り、言葉を詰まらせる。
黒川は頭から血を流し、顔にいくつも筋を作っていた。
白いワイシャツの胸元も、血でべったりだ。





「………どう…したの……?」
「……大丈夫だ…」

「大丈夫じゃないわよ!頭、ぱっくり切れてるわよ、黒さん。…やっぱ、病院、行こう?ね?」


男の、思いのほか甲高い声に、イツキは少し驚く。


「……大丈夫だ。騒ぐなよ、タケル。……ああ、世話になったな」
「…こんな、…お子ちゃまの所で、どうすんのよ?……手当しようか? あたし……」
「…いや、いい。……じゃあな」






黒川にしては弱々しく手を振り、その手を、イツキに向ける。
イツキは訳が解らないまま、その手を取り、タケルと呼ばれていた男にとりあえず頭を下げると
黒川に寄り添いながら、一緒に部屋に戻るのだった。







posted by 白黒ぼたん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月23日

一波乱・3







「……店を出た途端、急に殴られてな…、ああ、でも、大した傷じゃない…」
「…でも、血が…、……シャツも…」
「…クソ、跳ねたか…。……これは、向こうのだろうよ。とりあえず、やられた倍はやり返したからな…」



何かしら、黒川に恨みを持っていた相手らしい。
こめかみのあたり、角材のようなもので殴られた裂傷は、黒川の言う通り、そう大きなものでも無かったが…、酒の飲み過ぎも手伝ってか、出血が止まらなかった。

イツキは棚から救急箱を取り、処置に必要な物を探す。
カーゼ、消毒薬、テープ…、ガサガサと探すも、手が震えるのか、ぽとりと床に落としたりする。



「…先に、…風呂だ。血でベタベタする…」
「ええっ。……いいの?……そんなの…」
「流して、絆創膏でも貼れば、済む」
「……すまないよ……」



おろおろするばかりのイツキを尻目に、黒川は風呂場に向かってしまう。
イツキは慌てて追いかけ、黒川が服を脱ぐのを手伝い、一緒に中に入り、血と汚れを洗い流す。
当然、染みるのだろう。黒川は顔を顰め、小さく悪態を付く。
それでもどうにか傷口を綺麗にし、タオルできつく抑えながら、風呂場を出る。


イツキは黒川にガウンを羽織らせ、その時になって初めて
自分が、服を脱ぐの、忘れていた事に気付いた。






posted by 白黒ぼたん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月24日

一波乱・4








傷口は、絆創膏では足りなかったが、何枚か重ねて貼り
さらに上からガーゼで押さえ、しばらく時間を置き、血が滲んだら取り換え…
…それを何度か繰り返して、ようやく、落ち着いたようだった。


「……とりあえず、血、止まったけど…、明日、ちゃんと、病院行きなよ?」
「………ふん」



バツが悪そうに鼻を鳴らす黒川に、イツキは呆れたという風に溜息をつき、散らかった救急箱を片付ける。
血のついたタオルやティッシュ。フローリングの汚れは、水拭きしないと駄目だろうかと思う。



「……あの、ヤブ医者。…もう、片足、棺桶に入っているからな…。病院も開いているかどうか…。
こんな時に限って一ノ宮は地方だし…、……まったく……」



言い訳がましく愚痴る黒川。
イツキはキッチンで手を洗い、熱い茶を淹れ、リビングに持って行く。
時計は午前3時。揃いの湯飲みをテーブルに置き、イツキはもう一度、黒川の傷口を見る。





「……で。何、やってたの?マサヤ。……仕事って言ってたのに…」
「………ガーゼ、剥がすなよ。……そのまま、付けておけ……」
「…あの人、誰?……タケルさんって、……そっちの人?」
「……緑茶、か?………熱すぎだろう、……もう少し………」




のらりくらりとくだを巻く黒川にイツキは唇を尖らせ、

…黒川の傷口をガーゼの上から、軽く、ぺしりと叩いた。






posted by 白黒ぼたん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
柿の種 by はるりん (09/16)
蒔いた種 by ぼたん (09/15)
蒔いた種 by はるりん (09/15)
一人の部屋 by ぼたん (09/10)
一人の部屋 by クッキー (09/10)
一人の部屋 by はるりん (09/09)
世界の正解 by ぼたん (09/08)
世界の正解 by はるりん (09/07)
景虎大吟醸 by ぼたん (09/06)
景虎大吟醸 by はるりん (09/06)