2019年01月26日

記憶の澱・4







肩まで掛かるストレートの黒髪。スレンダーな美女はリョーコという名前だった。
リョーコは以前、……黒川がイツキと出会う前に、黒川と、男女の関係だったようだ。
マンションの鍵を持ち、半ば、同棲していたようだが…、その辺りの詳しい事は、


今も、イツキは知らない。







『……ああ、やっぱり、あった……』

リョーコはローボードの引き出しの、裏側から、探し物を見つける。
それは小さな赤い石のついた指輪で、無くして、ずっと気になっていたものだと言う。
リョーコは、すでに、イツキの事を知っていた。
黒川の身勝手に付き合わされ、人生を振り回されている少年に、心底、同情していた。



『……イツキくん、でしょ?……大丈夫?……黒川、酷い……、よね?』



自分も、黒川と一緒にいて、かなりの苦労を負ったのだろう。

それ以来、リョーコはイツキに親身に接し、…食事や身の回りのことや、ごくごく普通のことを気にかけ…
…セックスの後の身体のケアや、…そう言った事の知識を…、与えてやるのだった。








『………もう、無理、おれ、無理。………だめ、………しぬ……』



誤魔化し、誤魔化し、どうにかこんな生活を続けていても、たまに、どうにもならない時もある。
……複数の男に囲まれて、裸のまま変な恰好をさせられて、痛いとか恥ずかしいとか、もうそんな言葉では足りないくらい……すごい事になって、ぐちゃぐちゃになって。

終わって、部屋に戻っても、イツキは落ち着く事が出来ず、泣き喚き錯乱する。
リョーコはイツキの傍にいてやり、子供をなだめる母親のように、頭を何度もさする。




この頃のイツキは、どれだけリョーコに助けられたか知れない。
胸にすがり、泣き、抱き締められたまま、目を閉じ、暫しの安堵を得る。

本当に、この頃に、リョーコの存在が無ければ
イツキは、壊れてしまっていたかも知れない。




posted by 白黒ぼたん at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月29日

記憶の澱・5







「……リョーコさんと、マサヤは…、……恋人同士、……だったのかな……」




今更のようにイツキは呟いてみる。
あの頃は自分の事で精一杯で、他の周りの状況は、あやふやでおぼろげだ。
リョーコが部屋の鍵を持っていた事や、黒川への親し気な口ぶりから、多分、深い関係だったことは間違いないけれど
実際、黒川が女性と付き合っていた、となると…、……具体的な想像が出来ない。


もっとも、黒川とていい歳の男なのだし、イツキと出会う以前に、女がいても不思議はない。
そして、そのどれもが長くは続かなかったのだろうと、思う。




「………だよね。………マサヤ、意地悪だもん……」


イツキはそう言って、一人で、クスクス笑った。












意地悪で身勝手で、イツキをモノのように扱っていた黒川は
ごくごく稀に、ふいに、気まぐれのように、優しい顔を見せた。
自分が仕向けた「酷い仕事」の後、心も身体も傷つき、憔悴しきりベッドに横になるイツキに

そっと、手を、伸ばしたりする。


冷静に考えてみれば、そんなもの、与えた苦痛に見合うだけの優しさには程遠いのだけど

うっかり、心を許しそうになる。








『………あれでも、黒川は、キミの事、好きなのよ』
『…そうとは、思えないよ。……マサヤは俺のことなんて、ただの商売道具としか思ってないんだよ……』
『…でも、自分の事、名前で呼ばせているのって…、……キミだけよ?』




posted by 白黒ぼたん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月30日

記憶の澱・6








『……だったら、もうちょっと…、………違うやり方があると…、……思う…』



当時のイツキは、中学三年生。
まだ、「愛して欲しい」や、「優しくして欲しい」などという言葉を知らない。

イツキはソファの上で膝を抱えて座り、つい数時間前に受けた暴行を…思い出さないようにしながら、そう零す。
リョーコは隣に座り、イツキをいたわる様に、肩を抱く。

一体どんな言葉を掛けてやれば、この可哀想な子供を慰めてやれるのかと、リョーコは思う。



『………これは内緒の話なのだけど…。……あの人ね、キミを助ける時に…
……ほら、お金の話をしに、相手方に乗り込んだ時……、

向こうで、頭を下げて、頼み込んだらしいわ、全部、帳消しにしてくれって…。


あの男がよ?


……前に一緒に飲んだ時に、怒りながら言ってたわ。……血迷ったって、自分でも呆れるって…。……ふふ』









黒川はイツキを手慰みの玩具として気に入っていたが、父親の借金や、対抗する組織との軋轢、それらのリスクを負ってまで、イツキを助けるつもりは無かった。
……無かったのだが、……助けてしまった。
どうしてかと問われれば、イツキにはそれだけの商品価値があるのだと、そう内外に示すしかなかった。




『……素直じゃないのね。
……キミに優しくするのは、……あの人のプライドが、…許さないのよ』




それを聞いたからと言って、イツキが黒川を受け入れ、不幸が和らぐ訳ではなかったが…


……多分、少しは、慰めになっていたのだろうと思う。









posted by 白黒ぼたん at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)