2019年04月03日

イツキ・1








早朝。
まだ寝ている林田を起こさないようにイツキは布団から抜け出し、とりあえず服を着て、部屋を出る。
うろ覚えの道を辿り、大きな通りに出て、そこでタクシーを捕まえ、自分のアパートに帰る。

まず、風呂。
小さなユニットバスの湯船に膝を抱えて入る。
頭から熱いシャワーを浴び、あちこちを泡だらけにし、全て洗い流した。



「………あー…。………やっちゃったなぁ……」



溜息とともに独り言がこぼれる。
うっかり、林田と、身体を交えてしまった。
勿論、するつもりは毛頭無かったのだけど…、……黒川と離れて一か月と少し。
……その間、自分で自分を慰めることはあっても、それで満足できるはずも無く……、そんな時に目の前に、酒と男を置かれては……

我慢しろというのは、無理な話。






風呂から上がり、新しい下着を身に着け、台所で水を一杯飲む。
後悔はあるものの、どこかスッキリとした気分なのは、ある程度、性欲を発散できた為か。
この先の生活や、黒川の事や……、あれこれ思い悩んでいた事が少し軽くなる。

自分でも単純だとは思うが、カラダは正直だった。



「………ま。……しちゃったものは仕方ないか…。……はは。………なんとか、なるかな……」





飲み終えた水のグラスを流しに置いて、もう一眠りしようと、布団の部屋に向かった。







posted by 白黒ぼたん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月04日

イツキ・2







「…元気?……ちゃんと、ご飯、食べてる?」
『……………ああ』



夜。
「こじれる前にサクっと連絡を入れる」という林田のアドバイス通り、まるで2,3日前にも会っていたぐらいの気軽さで、イツキは黒川に電話をする。
拍子抜けしたのは黒川の方だった。



『…何だ?………勝手にやって行くんじゃなかったのか?』
「まあね。……まあまあ、やってるよ。ふふ。……あのさ、マサヤに頼みがあるんだけど」
『…何だよ』
「俺の服、ちょっと送って欲しいんだ。クローゼットの…適当に…。少しは買ったりしたんだけど、やっぱり着慣れた服の方が良くって…。住所は一ノ宮さんが知ってるから。あ、あと、洗面所のブラシ…、豚毛の……」



イツキの頼み事に、黒川はふんと、鼻で返事をする。


本当は、もう帰りたい…だの、会いたいだの、……そんな言葉を待っていた、……訳ではないと必死に自分に言い訳しているのかも知れない。



『……それだけか?』
「………んー……。あと、あれ…食べたい。……塩豆大福」
『そんなもの、どこにだって売ってるだろう』
「違うよ。…事務所の近くの和菓子屋さんのだよ。……俺、あれ、好き……」



以前の暮らしを思い出し、少し切なくなったのか、イツキの声が小さくなる。





「……生ものだから無理かな。……硬くなっちゃうかな…。無理なら、いいや。……ふふ。
……じゃあね、またね」





このままでは泣き出してしまう、と、最後は明るく振る舞って
イツキは電話を切るのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月05日

イツキ・3







「あ、林田さん。おはようございまぁす。なんか、久しぶりじゃないですかー?」


ミカの声でイツキも顔を上げる。入り口では林田が、どこか落ち着かない様子で立っていた。
先週末、林田とうっかり関係を持ってから、会うのはこれが初めてだった。


「……はよ。ミカちゃん。……イツキくん。………えーと、……社長は?」
「いませんよー。小森さんと外回りです」
「あ。そうなんだ。……えーと…、じゃあ……」
「待っててくださいよ、すぐ戻ると思います。…お茶、入れますね」


そう言ってミカは席を立ち、部屋の奥の給湯室へ向かう。
本当は帰ってしまおうかと思った林田は苦笑いを浮かべ、意味も無く頭の後ろなどを掻き、咳払いなどをする。





「………林田さん」
「……んっ?」

イツキに呼ばれ、林田は裏返った声で返事をする。イツキは小さく笑う。



「………俺、この間は…、酔っぱらっちゃって……、変な感じになっちゃって…、ごめんなさい」
「あ、…ああ。いや、俺も、ごめん。……なんか…、あの、…その…」
「………無かったコトに、………します?」
「…あ、………うん……」

「え?ナニナニ? 何の話ですかー? ……はい、しあわせ堂のシュークリームですよー」



絶妙のタイミングでミカがお茶を持って戻り、イツキはシュークリームに釘付けになってしまう。

林田は、……本当は「無かった事」にしたかったのか、したくなかったのか……、自分でも、良く解らないでいた。






posted by 白黒ぼたん at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月06日

イツキ・4







林田はともかく、
イツキにとって、あの一夜のことは、大した問題では無かった。
酒に酔った上でのコトだし、…恋愛対象という訳でもない。
そもそも、まっとうな倫理観など持ち合わせていない。





仕事の帰り。スーパーマーケットの閉店時間にギリギリ間に合い、値引きの総菜をいくつか買う。
向こうに見える大きな建物が、ミカが今度一緒に行こうと誘った日帰り温泉施設なのかな…と、イツキはのんびり歩きながら思う。
街は駅前こそ栄えているが、通りを抜けると寂しいもので、街灯の明かりもまばらだ。
夜の住宅街は静かで、時折どこかの家から、子供の笑い声が聞こえてくる。



「……なんか、俺。……普通の人みたい……」



アパートに戻り、台所に立ち、買って来た総菜を温め直す。
朝、タイマーをセットしていた炊飯器が、湯気を立てる。
テレビの前のテーブルに食事を運ぶ。ここには今度、小さなソファを置こうと思う。
もしかして、部屋全体を自分の好きにしてもいいのかと思うと…、少し、楽しみだった。


「……ソファって…どこに売ってるんだろう。……それも、マサヤに送って貰おうかな…。……棚も、ベッドも。……もう、本気で引っ越す……、……ふふ」




あれこれ一人、つぶやきながら、部屋の模様替えを考える。そんな折、玄関のチャイムが鳴る。
……黒川に頼んでいた荷物がもう届いたのかと、イツキは立ち上がる。







「………あ」








ドアを開けた先に立っていたのは、宅配便の業者では無かった。












posted by 白黒ぼたん at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月07日

イツキ・5







「新しく越して来た人でしょ?朝刊だけでも取って下さいよ、試しに一か月。
社会人なら、新聞くらい読まないと駄目ですよ、ね、ね。
はい、これ、洗剤6箱。ゴミ袋。もう一個付けちゃう?」


ドアの外に立っていたのは、新聞の勧誘だった。
結構ですと断り扉を閉めたかったのだが、すでに男は身体を半分ドアに挟み、イツキの手に洗濯洗剤の箱を乗せ始める。

今時、こんな強引な手に引っ掛かる人間もいないと思うが…、世間に疎いイツキには、どうして良いのか解らない。


「……え、……俺、………いりません……」
「今度、カタログギフト、持って来ますよ。ウチなんて良心的な方ですよ。じゃあ、一週間、とりあえず無料で入れますんで……」
「………え…、………あ、そう……」
「ハイ、ハイ…」


早口で捲し立てイツキが面食らう間に、すでに目の前には契約の台帳が広げられ、ボールペンが差し出される。

イツキは…、手に持っていた洗剤が落ちないようにと壁に押し付け、空いた手で、ボールペンを受け取る…。







「馬鹿か」







不意に目の前の男が、よろける。
誰かが後ろから男の背中を小突いたのだ。

「……は?……何です…か……」
「帰れ、クソが!」


怒鳴り付け、威嚇する。相手の、一見で解るカタギではない様子に、勧誘の男は驚き慌てる。
広げた台帳をしまい、イツキの手から洗剤を取り、逃げる様に退散する。

突然の事に呆然とするイツキの前に立っていたのは、今度こそ





黒川だった。





posted by 白黒ぼたん at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月08日

イツキ・6







「馬鹿か、お前は。確認もせず安易にドアを開けやがって。読みもしない新聞を取る気だったのか?…新聞屋で良かったものの…上がり込まれたらどうする、ヤられるぞ。
せめてオートロックの部屋にしろ。今時、探したって見付からないぞ、こんなボロアパート…」


新聞屋の代わりに部屋に上がり込んだ黒川は、そこいらをぐるりと見回して、一通り、ケチを付ける。


「……染みったれた暮らしをするなよ、貧乏臭くなる。……なんだ、こっちの部屋は段ボールか…、……物置なのか?ここは」
「………会社の、……在庫置き場なんだよ。……マサヤ、……何しに来たの?」
「はァ? 荷物を送れと言ったのはお前だろう?……手間の掛かる……」



荷物は、アパート前の通りに停めた車に、まだ積んであるらしい。
……少し前に到着していて……さて、どんな顔でイツキに会うかと、車内で一服している時に、部屋に押し入る新聞屋を見掛けたのだ。



「……気を付けろよ、お前なんか、どこに行ってもいいカモだ。新聞もセールスも、簡単に引っ掛かりそうだな…。金の次は身体か、…すぐに男が寄ってくる……、大体……」
「………マサヤ」






悪態ばかりを並べる黒川に、イツキは、正面から抱き付く。
背中に手を回し、胸に顔を埋め、ぎゅっと力を込める。





「………久しぶりに会ったんだから、文句ばかり、言わない。俺、マサヤに、会いたかったんだから………」
「……………ふん」
「…マサヤは?」



胸に顔を埋めたまま、イツキは視線だけを上げ、黒川を見つめる。
離れてから、一か月と少し。これだけ別れていたのはあの、小野寺の一件でイツキが家出をした時以来。
……いや、その時よりも長いかも知れない。





「………会いたいから、わざわざ、来てやったんだろう」





そしてその時よりも、間違いなく、互いの情は深くなったのだろう。
……黒川が、こんな言葉を、吐くようになったのだから。






posted by 白黒ぼたん at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月10日

イツキ・7








一か月と少しの間、離れていただけなのに
肌や唇の質感はこんなものだったろうかと、思う。
間近に掛かる吐息も視線も、ただそれだけなのに、身体の内側を揺すり、熱くする。

やはり、この相手が良いと、お互い
思ったが、それは口に出しては、言わない。




「………薄っぺらい布団だな…、腰が痛くなる」
「……無いより、……マシでしょ?」
「……まあな」



段ボールに囲まれた部屋に敷きっぱなしになっていた布団は、お世辞にも、上等のものとは言えず
とりあえず、文句は言うが、……実際、そんな事はどうでもいい。

早くしないと、消えて無くなってしまうのではないかと、心配になる。
手早く服を脱ぎ、素肌を合わせ、幻ではない事を確認する。


乱暴とも思える程、黒川が、イツキの前髪を掴み、顔を上げさせる。
豆電球の小さな明かりの下、顔をまじまじと眺める。
イツキが手を伸ばし、黒川の頬に触れる。
唇を重ねる。舌を交える。雄の部分がどくんと脈打ち、欲望が膨れ上がる。






「…………イツキ」

始める前の儀式のように、名前を呼ぶ。







古い木造アパート。おそらく壁は薄く、大声や物音などは隣に筒抜けになるだろう。
それを気にする余裕も無いほど、二人は、久々のお互いを貪り合った。





posted by 白黒ぼたん at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月12日

イツキ・8







「………もう、帰るの?」
「……ああ」



コトが終わり、少し眠り、目が覚めたかと思えば、もう帰るのだと言う。

揉めていた光州会とは一応の話が付いた事。
それでももう暫く…ほとぼりが冷めるまで、イツキは黒川の近くにいない方が良いだろうという事。
さらにありがたくないことに、別件で、イツキに『仕事』の依頼が来ている事。

そんな現在の状況を、ざっと説明する。



「……じゃあ、もうちょっと…、……このまま?」
「ああ」
「……2、3か月くらい…、とか?」
「ああ」



外に停めていた車から、荷物を運んで来る。
旅行用の大きなバッグに、本当に適当に突っ込んだという風に、イツキの洋服が詰め込まれていた。
…中に、……特に意味は無いのだろうが、黒いスーツまであって、……イツキは少し不機嫌な顔になるのだが、黒川はそれに気付いていない。



「まあ、向こうにいて、四六時中、男に狙われるのも嫌だろう?…笠原の時のように、見張りを付けてもな……」
「そうだね。俺、こっちで気楽にやってるから、大丈夫」



イツキはむくれ、他所をむいたまま、ぶっきらぼうに答える。
確かに、黒川の言う通り、常に身の危険を感じながらの生活も嫌だが、……もう少し、どうになならないものかと…思う。





黒川はそんなイツキを横目で見て、ふふ、と笑う。


「…………また、来てやる」


荷物の中の紙袋を、イツキに手渡す。

そこには、イツキが欲しがっていた和菓子屋の、塩豆大福が入っていた。






posted by 白黒ぼたん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月13日

イツキ・最終話







「………どうしたの、イツキくん。……眠い?」
「………いえ、……いや、……ええ、……そうですね…」



仕事に身が入らず、大あくびばかり繰り返すイツキに、ミカが笑いながら尋ねる。
つい数時間前まで黒川と一緒にいたこんな日は、勿論眠たくて気だるくて、外に出られる状態では無いのだが
まだ、ここでの生活に気を使ってるのか、イツキはどうにか出社だけはしていた。



「…あたしも。夕べ、動画見てたら止まんなくなっちゃった。……フフフ」

ミカはそう言って笑い、眠気覚ましのコーヒーを淹れに席を立った。









本当は一緒に帰りたいと。
多少、身の危険はあっても、黒川と一緒にいたいと
泣いてすがって、言えば良かったのかと……イツキは半分、思っていた。

それでも半分は、……そんな状況を黙認している黒川に怒っていたし
安全で、自由で、自立できるこの生活に、期待している部分もあった。

こんな風にでもないと、黒川と距離を取ることなど、出来ないだろう。
永遠の別れではない。黒川は、「また来る」と言う。
ちゃんと、自分に会いたくて、来てくれるのだ。

会いたくて。









「はーい、コーヒー、入りましたよー」
「ミカちゃん、俺、今日、大福持ってきたんだ。一個、あげる」
「本当? 嬉しい!」




黒川が持って来てくれた塩豆大福を、ミカと一緒に食べる。

イツキは、しばらくここで頑張ろうと、覚悟を決めていた。







posted by 白黒ぼたん at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月15日

黒川・1








「どうでしたか?イツキくん、元気にやっていましたか?」
「…ああ、…そうだな…」



イツキのアパートから事務所に戻り、黒川はいつも通り事務所で仕事を片付ける。
一ノ宮は、ようやく重い腰を上げた黒川に、アレコレ話を聞いてみたかったのだが…、そう簡単に話はしてくれない。

不愛想に短く返事をするのは、照れ隠しだとは、知っている。



「少し、ゆっくりされれば良かったのに。あの辺り、山間に入ると温泉宿もあるようですよ。今度はそちらに行かれては…」
「……いらん。…動き回って、足取りを探られては、元も子もないだろう。…イツキはしばらく、放っておく」
「……へえ…」


あまりに素っ気ない返事に、一ノ宮は呆れたように声を上げ、これ以上詮索は無駄だと諦める。
自分の仕事を手早く済ませ、後は外の用事があるからと、先に事務所を出て行ってしまった。



一人残った黒川は、大きく溜息をつく。







デスクを離れ、部屋の隅の冷蔵庫からビールを取り、ソファに座る。
缶を開け、煽る。センターテーブルに足を投げ出す。

最近は、ここに居る時間が増えた。睡眠すら、このソファで済ませてしまう。
……マンションに戻っても、どこか落ち着かず居心地が悪い。……その理由は、簡単だった。







「………クソ。……あいつも意地を張りやがって。……帰りたいと、泣き付きでもすれば…、………連れて帰ってやるのに………」


ビールを飲みながら、愚痴を零す。

単純に、黒川は、イツキが自分を頼らない選択をしたことが、不満だった。







posted by 白黒ぼたん at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月17日

黒川・2








「……イツキ、社長んトコから逃げたって本当ですか?……ここんとこ、連絡も付かないんですよねー…」
「今、一緒にいない事は確かだな。…ふん、さんざん面倒かけて、結局ドロンかよ……」
「いやー、でも本当なら、社長が放っておきますかねー?……あれでいて、イツキにゾッコンLOVEじゃないっすか………」



少々古臭い単語を交え、西崎と佐野は事務所でウワサ話。
イツキが姿を消したことは皆に知られるようになったが、西崎や佐野ですら、その真相は解らなかった。



「…うーん。だから社長、最近、様子が変なんですかね。勢いが無いっつーか。……寂しいんじゃないっすかねー、………夜が」



そんな事を言って、佐野が下品にクスクス笑っている最中、ドアが開き、黒川が入って来る。
佐野は、話を聞かれたかと、ぎょっとした顔をして…慌てて姿勢を直し、仕事をしているフリをする。
西崎が頭を下げる。




「……お疲れさまです、社長」
「ああ。西崎、裏のゲーム屋の件な、500万で手打ちだ。明日、書類を作りに行く。あと横浜の事務所に若い奴を回してくれ、2,3人……」


黒川は持って来た封筒をガサガサと開いて、仕事の話をいくつかする。
特に変わった様子は無いようだ。むしろイツキがいない分、仕事に身が入る様になったのではないかと、西崎は思う。



「…社長、今日はこの後、どうされます?……「花うさぎ」のママが、折り入って話があると言ってましたぜ?」
「どうせ新店の援助の話だろ?……また今度な、今日は帰る」




手早く用件を済ませ、明日の予定を立て、じゃあな、と黒川は西崎の事務所を後にする。
佐野は立ち上がり、黒川の前でドアを開け、お疲れ様でしたと頭を下げる。






黒川は、その頭を、拳で軽く小突くのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月18日

黒川・3










『……マサヤ?……どうしたの?』
「…いや、別に。……電話しただけだ…」
『あ、この間の塩豆大福、ありがとう。…おもち、柔らかかった』
「……そうか」



そんな他愛もない電話。
スマホを耳にべったりと当て、少ない言葉の、合間の空気を、読む。



『マサヤ、ご飯、食べた?』
「…いや。……昼過ぎに事務所で一ノ宮と出前を取ったきりだな…」
『ちゃんと食べなきゃダメだよ。俺、最近、自分でご飯、炊いてるよ』
「…ふん」



馬鹿馬鹿しいと言った風に鼻で笑う。
変わらないその仕草が、目に浮かぶ。



『……今度さ、…武松寿司の厚焼き玉子、持って来て』
「わざわざ届けろと?…俺は宅配業者かよ」
『……ん。……今度、何かのついででいいからさ……』
「……そのうちな…」




そう話して、電話は切れた。






posted by 白黒ぼたん at 23:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月19日

黒川・4








イツキが、借金のカタに手に入れた商品で、何かと都合の良い欲情の捌け口……、だけの存在ではない事は、ようやく黒川も自覚していた。

ただ、では、それが何なのかは、まだ答えを出さないでいた。

とりあえず朝昼晩と一緒に過ごし、文句を言いながら食事をし、肩を抱きながら酒を飲み、ただれるまで身体を重ねた。





「………依存症かよ。………ヤクより、タチが悪いな……」





事務所の近くの焼き鳥屋で、一人、管を巻く。
薄々気が付いてはいたが、イツキを外に出して以来、若干、暇を持て余していた。
仕事は忙しいし、言い寄って来る女も男も、いない訳ではない。ここ数日の間でも、付き合いの延長で夜を過ごした相手がいる。

けれど、そのどれもがどこか不十分で、逆に、足りない部分を意識させられた。








「……お待たせしました、社長。……おや、随分と…進んでいるようですね…」


遅れて、一ノ宮が店に来る。
カウンターの黒川の隣りに座り、自分も同じ酒を注文する。
多少、酔いが回った様子の黒川。煙草を吸い、つまらなそうにふんと鼻息を鳴らし、いつの間にかグラスが空になったと、ぼやく。



一ノ宮は気付かれないように、小さく笑う。
こんなに、人、らしい黒川を見るのは久しぶりだったし、まあ良い傾向なのではないかと思った。







posted by 白黒ぼたん at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月20日

黒川・5








「会いに行かれたのでしょう?イツキくんに。元気でやっていましたか?」
「……ふん。……危うく、新聞屋を部屋に上げる所だったぜ、あの、馬鹿」
「もうそろそろ、連れて帰るのかと…、思っていたんですが…」
「……暫く、この状態でいいだろう。……誘いを断るにも、楽だしな」


焼き鳥の盛り合わせと、安い本醸造の冷や酒。
カウンターしかない小さな店で、肩を寄せながら飲んでいると、つい、本音が零れてしまう。


「……あなたが、寂しいのではないかと、……思いましたよ」
「……………ふん」


否定も肯定もせず、黒川は鼻息を鳴らす。
吸っていた煙草を灰皿に押し付け、一ノ宮と自分のグラスに、新しい酒を注ぐ。



「……良くも悪くも、あいつとは、馴染み過ぎているからな。……ここいらで少し、距離を取るのもいいだろう……」
「案外、イツキくんには、いい気晴らしかも知れませんね。ずっとあなたの傍では息も詰まるでしょう」



黒川自身、そんな風に考えたことは無かったようで、一ノ宮の言葉に軽く驚き、思わず一ノ宮を二度見する。
確かに、自分の傍にいることがイツキにとって最良の状態なのだとは、お世辞にも言えない。



「……このまま、別れ離れ、……なんて。……どうします?……そんな事になったら」


「……あの馬鹿が、……一人で生きて行けるかよ。
どうせすぐに悪い男に捕まる。

……やる事が一緒なら、……俺が、……やる。………イツキは、俺が捕まえたんだからな…」





そう言って、黒川はグラスの酒を空にする。




今日は少し、飲み過ぎていた。









posted by 白黒ぼたん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月22日

ミツオ・1







イツキが働くハーバルの作業所に、ミツオが来ていた。
系列の美容室で扱う新しいヘアオイルのサンプルを受け取りに…らしい。
軽く頭を下げて、中に入り、さらに社長がいる奥の部屋に入る。
イツキも頭を下げ、小さく微笑む。ミカは、ミツオの名前だけは知っているが、初対面だったようだ。




「……あの人がミツオさんなんだ?……恰好良いねー。ウチの商品のアドバイザーなんでしょ?……美容師さん?……やーん、髪、切って貰いたいー」

騒ぐミカを横目に、イツキはあえてだんまりを決め込む。
何をどこまで話して良いのか解らない時は、とりあえず何も言わない方が良いと、多少は学んだようだ。






「先日のオーガニックシリーズ、好評でしたよ。香りも丁度良くて…でも、オイルはもう少し軽めになると良いですね」
「今度のは良いと思うよ。…やっぱり天然ものは、季節でバラつきがあってねぇ…」


社長とミツオがサンプル品を並べ、アレコレ話をしていると、パートの小森がお茶を運んで来る。
小森は、ミツオと面識があるようだ。「……久しぶり」と、幾分親し気に声を掛けた。





「……いや、でも。……今回は本当に、社長にはお世話になって……」
「……うん?」
「……イツキくんですよ。……急な頼みだったのに、快く受け入れてもらって…」
「ああ、いやいや、良い子で助かってるよ。真面目で、細かい仕事も得意でね…」


二人が小さな声で話すのを、小森は傍耳を立て、聞く。
ミカにはさんざん、イツキの事で騒ぎ立てるな…と言っているが、…こんな場所に急に働きに来るようになった少年が、気にならない訳はない。


まして、ミツオの紹介なのだ。




小森はチラリとミツオを覗き視線「を送る。
ミツオはそれに気づかなかったようで、細くて長い指先で、サンプル品のボトルを開け閉めしていた。






posted by 白黒ぼたん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)