2019年07月02日

短い話







黒川にしてみれば、無駄にイツキに心配をさせまいと…


いや、ただ、説明をするのが面倒だっただけなのかも知れない。


問題が片付いたはずの光州会に、実は笠原まで加わり
こちらに戻れば、間違いなく一度は…ヤられるだろうと……

話す、口が、重たい。





イツキは


黒川が言葉足らずで、意地悪で、天邪鬼で
嘘でも、ほんの少しの気遣いや優しさをくれる、…事は無いと知ってはいたけど

いい加減、それらを踏まえて、黒川を待つことにも疲れてしまっていた。



つい数日前に「ちゃんと生きる」という決意を固めたところだったが


どうでも良いかも、と、簡単に揺らぎはじめた。







posted by 白黒ぼたん at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月03日

金時豆








最近のハーバルは、少し、居心地が悪い。
一番の原因は、半月後に迫った展示会の準備で、作業量が膨れ上がった事だったが
それ以外にも…

林田との仲が進展しないことに、ミカが溜息をついたり、
気付くと、小森が険しい顔でイツキを睨んでいたり…

もっともイツキも、自分自身の今後の身の振り方に悩んでいて、女子二人に構っている余裕は無かった。






仕事場の裏手に、ベンチが置かれた、ちょっとした空き地がある。
ここ数日は天気も良く、昼にはイツキは一人、そこで仕出し弁当を食べていた。
タルタルソースの乗った白身魚のフライを口に入れ、ストロー付きの紙パックのお茶を飲み
傍らでパラパラ、地域の情報誌などを読む。

ハーバルの商品が置かれている道の駅で配られていたもので、記事は、近場のお勧めスポットや、地元の優良企業の紹介などなど。



「………未経験者歓迎…、高卒…、個室寮完備……、ふーん。……俺、働くの、ココじゃなくても……、いいのかも。帰って来るなってマサヤが言うなら、もう、いっそ、ずっと遠くに行っちゃう……、とか……」


そんな事を呟き、軽く、一人で生きている自分の想像をしてみるも…、あまり良いイメージは沸かない。

どこに行ってみても、結局、……黒川の事を考え、……酒で誤魔化した挙句、別の男に抱かれてばかり……、になってしまう気がする。




最後に残していた甘い金時豆を口に入れて、さて、どうしたものかと、イツキは大きく肩で息をする。

丁度その時、仕事場の正面に林田の社用車が停まるのが見えて、イツキはさらに大きなため息をつくのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月04日

下手糞









「あの馬鹿。こっちがどんな状況かも知らないで、呑気に『帰りたい』だの、どうの…。…光州会と笠原と…揃って鉢合わせてみろ、収集が付かなくなる。
……危ない目に遭えば、それはそれで文句を言うくせに、………クソ」



最近の黒川は愚痴が多い、と、一ノ宮は思っていた。
仕事が一段落し、事務所で二人、少し飲む。
イツキと離れた生活はもちろん、仕事は相変わらず忙しいし、面倒も多い。
おまけに、笠原が
『黒川は、オンナに逃げられたらしい。……下手糞、だからだろう』と
そこかしこで触れ回っていると聞けば、荒れるのも無理はない。

勿論「オンナ」というのはイツキの事で。
笠原は解りやすく黒川を焚き付け、イツキをいぶり出そうとしているのだった。



「……もう二ヵ月になりますか…。イツキくんも、まったく知らない土地で一人で生活も……それは心細いのでしょう。
連絡は、……毎日されているのでしょう?」


それが当然という風な一ノ宮の問いかけに、黒川は少し驚いた様子。
それを見て、一ノ宮は、黒川がロクにイツキに連絡すらしていない事を察する。




この男は。

心配が無い、ハズは無い。けれど、それを表現することが下手糞なのだ。
怒るよりも呆れ、一ノ宮はふうと大きなため息を付く。




「……では、私が電話、してみましょうか?」





そう言って一ノ宮はスーツの内ポケットからケータイと取り出し、冗談とも本気ともつかない笑みを浮かべた。





posted by 白黒ぼたん at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月05日

内緒話








頃は20時。
普通であれば仕事を終え、家に戻り、夕食だなんだを済ませ、落ち着く頃。

一ノ宮の電話は何度目かの呼び出しの後、イツキに繋がる。




「………もしもし、イツキくん?」




本当に電話をしたのかと、黒川はギョッとした顔で一ノ宮を見る。




「…………ご無沙汰しています、いえ、どうしているのかなと気になりまして…。大丈夫ですか?……今はお時間………え?……ああ、そうなんですか?………ふぅん……」




黒川は、我関さずと言った風に他所を向き、煙草に火を付ける。
けれど、耳、だけはしっかり、一ノ宮の方を向く。




「………社長ですか?……ええ、横にいますよ。………ははは、内緒にしますよ、ええ。

………イツキくんも気を付けて…、……飲み過ぎちゃ、駄目ですよ?………では、また……」





通話は短く、2、3分で終わってしまった。
イツキはどうやら出先のようで、一ノ宮と話したいのを泣く泣く諦め、電話を切った様子。

一ノ宮はしばらく、手の中のケータイを眺め、その先にいたイツキの事を考える。

相変わらず、トラブルに巻き込まれていなければ良いなと……、……心底、心配する。






「……なんだ?……何か、言っていたのか?」


ただ煙草を吸っていただけの黒川が、横から口を出す。
どこぞで酒を飲んでいるのか「飲み過ぎ」という言葉が引っ掛かる。




一ノ宮は黒川をチラリと見遣り、小さく溜息を付く。


「……さあ。あなたには、内緒、と言われましたので」


そう言って、ケータイをスーツの内ポケットに仕舞い、お先に、と、事務所を出て行ってしまうのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月06日

枕営業







「……一ノ宮さん?ええ?…どうしたんですか?……あ、でも、ごめんなさい、今、俺……飲み会中で…」





一ノ宮からの電話は突然だった。
着信に気付き、トイレにと席を立つ。
居酒屋の店内はBGMが流れ、時折どこかからか笑い声が聞こえる。
イツキはケータイに耳を押し当て、懐かしい声を聞く。


遡る事、数時間前。ハーバルを訪れた林田が、社長に詫びを入れる。
ハーバルへの発注数を間違え、取引先の商社に迷惑を掛けてしまったのだそうだ。
幸い、そのミスはすぐにカバー出来るものだったが…、その代わりに、飲みの席に付き合えと言われてしまったと。

イツキも一緒に。

相手は、先日の接待の相手、中野井部長だった。

今回こそイツキは誘いを断っても良さそうなものだったが、申し訳ないと頭を下げる林田に、つい、ほだされてしまう。




「……仕事先の人に誘われて…接待みたいな感じで…。……ん、一ノ宮さん、マサヤって今、そこにいるんですか? 俺がそんな事してるなんて内緒にして下さいね」



黒川が知れば、どうせ枕営業だ何だ、また余計な事を言われるに決まっている。
確かに…近いものはあるのだけれど。今日は違うもんと、イツキは心に決めている。

トイレからの戻りの遅いイツキを心配して、林田が顔を出す。
この後、もう一軒、別の店に行くのだと言う。
イツキはケータイに軽く手を当て、『…今、行きますー』と返事をする。



「……ん。ごめんなさい、バタバタしてて。一ノ宮さん。電話、嬉しかったです。ありがとうございます。俺、大丈夫。元気にやってます。……また今度、連絡しますね」




そう言って、電話を切るのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月08日

反省会







「……何が内緒話だ。……阿呆め」



一ノ宮が帰り、事務所に一人残された黒川は、残りのビールを飲みながら小さく悪態を付く。
心配が無い訳でもないが、毎日連絡などする筈がない。そんな事をするのは余程の暇人だけだろう。



「……どうせ適当に遊んでいるんだろうよ。……飲み過ぎて、トラブルに巻き込まれるのも、自業自得…だ…」



半ば馬鹿にした笑みを浮かべ、そう独りごち…、ふと、先日のイツキの短いメッセージを思い出す。
『俺、そろそろ、帰ろうかな…』と、めずらしく弱気な言葉。




ケータイの文面だけなのに
そう、言う、イツキが目の前にいるようだ。
少し俯き視線を流し、冗談めかして、小さく呟く。
……突然連れ出されて、すでに2ヶ月。気丈に振る舞っていても、帰りたいのは…当然だろう。

その夜は虫の居所が悪かったにしろ、返事が『駄目だ』の一言だったのは、少々、アレだったかも知れない。






「……くそ…」



鼻を鳴らし、ビールを飲み干し

黒川は、もののついでのようにケータイを取り、イツキに電話を掛けてみる。





けれどその電話は、何度呼び出しを鳴らしても、繋がることは無かった。







posted by 白黒ぼたん at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月09日

二軒目







ポケットに入れていたケータイがブルブルと震え、何かの着信があった事は解ったが
その時、イツキは電話に出る事は出来なかった。

二軒目は小さなスナックで、イツキは赤いビロードのソファに中野井部長と並んで座り、もう一人の男が歌う昭和の懐メロに、タンバリンを鳴らしている最中だった。

飲み会のメンバーは4人。部長とその同僚。林田とイツキ。
同僚の男も、…そちらの趣味があるようで、…前もって中野井から『カワイイ男の子がいる』と聞いていたらしい。
小さなステージでカラオケを熱唱すると、意気揚々と、イツキの隣りに戻って来た。


「……んー、ソファ、狭いなぁ。はは、詰めて、詰めて」


勿論、解っていて狭い席に座っている。
イツキは、部長と同僚の男に挟まれ、肩を窄めて、困ったように微笑む。
部長はすぐにイツキに新しい水割りのグラスを作り、タンバリンの代わりに持たせる。
カンパイ、とグラスを合わせ、早く酔わせてしまえとばかり酒を勧める。

向かいの席に座っている林田は、その様子をハラハラしながら、見ていた。
前の店でもかなりの飲酒量だった。イツキは大丈夫だと言うが…、もとより、…酒を飲んで良い年齢ではない。


「……あー…中野井部長。……イツキ君、もう…あんま、…飲ませちゃ駄目ですよ…」
「何言ってるんだ、……大丈夫だよなぁ、イツキ君?」
「………えっと。………はい……。…………あっ…」


イツキがグラスに口を付けるのと同時に、隣の男が、イツキの股間に手をやった。
服の上から指先でコリコリと引っ掻く。


この男は中野井とはタイプが違い、自分がされるよりも、して、相手の反応を見るのが好きなのだった。






posted by 白黒ぼたん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月10日

助け船








客もまばらな小さなスナックとは言え、そこは公衆の面前。
こんな場所で、本気で感じる訳には行かない。
男の手の感触を逃すように、イツキは気を逸らし、唇を噛み、駄目ですよ…という風に男を軽く睨む。

その仕草が、男には堪らないのだろう。

まるで、電車内で痴漢でもしているように。

相手が嫌がる素振りを楽しむ。




「………どうしちゃったかなぁ、イツキくん。ほらほら、グラス、零れちゃうよ?」


反対側の中野井部長も、面白そうに声を掛け、身を強張らせるイツキの顔を覗き込む。
イツキは、どこまで許して良いのか、感じて良いのか、本当は嫌がっても良いのか…その境目が解らず、とりあえず小さく、首を左右に振る。
手に、水割りのグラスを持っている為、男達を押し退けることも出来ない。


「……それとも、違うトコが、……零れちゃうかなぁ?」


中野井はさらにイツキに顔を近づけ、耳たぶに、はあはあと息を掛けながらそう言った。








「……あっ、次、俺の歌です。マイク、こっちです。こっち!
林田、歌います!聞いて下さい!

……チャッチャッチャッチャ、チャララララ〜、フッフー!!」


突然、向かいの席の林田が立ち上がり、陽気な酔っ払いの声でそう叫ぶ。
そして、イツキが手に持っていたグラスを奪い、その水割りを一気に飲み干す。

どうにかイツキを助けたいと、林田なりに考えたのだろう。
スナック店内中の視線を集めるように、元気に歌い始めるのだった。






posted by 白黒ぼたん at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

大熱唱







それは、それで、楽しい時間だった。

中野井ともう一人の男は、あわよくば…イツキをどうにかしようと…、下心満々だったのだが……、すっかり、林田のカラオケに持って行かれてしまった。



「……夏だぜ、イエー!……夏風、フー!!」

場を盛り上げる歌い方は、学生時代に身に付けたものだろう。


店内にいる客、全員で合いの手を入れられるような曲を、いくつか歌い
途中、甘めのバラードなどを挟み
最後は、やはり、全員で盛り上がれる歌を歌い、どうにか夜を押し切った。









「……まったく。……今日は林田くんオンステージだったなぁ…」
「楽しかったですねー。ね。楽しかったですねー」



スナックも閉店の時間。
気をそがれてしまった部長は嫌味半分にそう言い、イツキは、素直に普通にニコリと笑う。
隣りの男にも極上の笑みを浮かべ、「…ね」と同調を求める。
そんな笑顔を見せられては、…もう、今日は、これで良かったことになってしまう。



「…はは。まあね。まあ、いいか…。……イツキくんさ、今度は、ちょっとゆっくり…、静かなトコに行こうよ。山の方の温泉郷とかさ、泊まりでもさ…」
「…そうですね。6月の展示会が終わったら…、考えます。展示会、イロイロ、問題出るかも…。助けて下さいね」
「あはは、任せなさい。…ははは」




そんな話をして、スナックの外で、この会はお開きになった。

呼んでもらったタクシーに中野井と男は乗り込み、イツキは手を振って、二人の男を見送った。




残るのは

すっかり酒に酔い、声を枯らし、死んだようにブロック塀に寄りかかる林田だった。







posted by 白黒ぼたん at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月12日

騎士道







「………林田さん、………大丈夫ですか…」
「…………あ、ああ。……うん」



息も絶え絶え、ブロック塀に寄りかかる林田に、イツキは声を掛ける。
林田が、無理にはしゃぎ場を盛り上げ、自分を守ってくれたことは、イツキにも解る。
道路の少し先に自動販売機があって、そこで水のペットボトルを買う。
林田に手渡すと、林田はそれを半分ほど飲み、……ほどなく、全部吐き出し、それで少し楽になった様だった。



「……ああ、ごめんごめん。……でも、……平気…。終わって、良かった…」
「林田さん…」
「さてと。俺らも帰ろうか。…タクシー、捕まえられるかな…」


口元を拭いながら、林田が笑い、道路の端に出て手を挙げる。
こんな男気を見せられては、少し、胸が…苦しくなる。
ワイシャツの背中。意外としっかりした肩のライン。捲った袖口。
つい、触れたくなってしまうのは、……イツキもまだ酔いが残っているからだろうか。



もう、誰ともシない。と、誓った決意が
簡単に崩れそうで、困る。



捕まえたタクシーに、二人、乗り込む。
行き先は近場のラブホテル。……ではなく、イツキのアパートだった。
まだお互い、なんとなく理性は、残っているようだ。


「……大丈夫。……家まで、送る。
……俺のヘマのせいで、こんな接待に付き合わせて、これ以上…変なことになったら、俺、申し訳無さ過ぎだよ……」

「………ん」


林田は一応の騎士道は見せるも
それはイツキの決意と同じで、非常に脆いものだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月14日

悪循環







タクシーがイツキのアパートに着いたのは、すでに深夜1時。
先にイツキが降り、その後、林田の家に行くつもり……、なのだが
車が停車しても、イツキは車から降りられない。


それは、林田が、イツキの手を握っていたためだった。



「………林田さん…、……おれ、…降りる…?」
「…………ん」



二人とも、酔いの残った頭。身の内の欲望を素直に晒してしまって良いのかどうか、迷う。
ついうっかりセックスをして、その都度「無かった事」にしているのに、またそれを繰り返すのか。
……無かった事に出来るのなら、もう一度くらい、繰り返しても良いのではないか……。


「……お客さん、どうするんですか?……降りるんですか?」
「……あっ、はいはい。…降ります…」


答えを出す前に、タクシーの運転手に急かされ、林田も一緒に車を降りてしまった。
アパート前の真っ暗な夜道に、二人、手を繋いだまま佇む。

イツキは、好き嫌いはともかく、今日の林田は格好良かったな、と思っていた。
そして何より、

眠くて疲れていたので、早く、部屋に入りたかった。




「……林田さ…ん…」
「イツキくん、俺……」


イツキの言葉を遮って、林田が何かを言おうとする。
繋いでいた手にぎゅっと力を入れ、一度、目を合わせ……、恥ずかしいといった風にすぐに目を逸らせる。
それでも意を決した風にそのままイツキの手を引いて、イツキの部屋に行こうとする。






丁度その時、二人のすぐ真後ろに、もう一台、別のタクシーが滑り込んで来た。






posted by 白黒ぼたん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月15日

来訪者







人通りのない道、しかも真夜中。
すぐ真後ろにタクシーが停まり、イツキと林田は否応なくそちらを見る。


車内が明るくなり、ドアが開き、男が一人降りて来る。


それは、イツキが良く知る男だった。






「…………マサヤ…」





突然現れた黒川にイツキは驚き、名前を呼んだきり、口をあんぐり開けたまま固まる。
もっとも驚いたのは黒川も同じで…、……まさか車から降りてすぐに、見知らぬ男と手を繋ぐイツキに会うとは思わなかった。
林田に至っては何が起きているのかサッパリ解らず、イツキとこの眼光鋭い男は知り合いなのかと…互いを見遣るばかりだった。




「……そう言う事か…」
「……え…っ、……あっっ」




イツキが、自分がまだ林田と手を繋いだままだった事に気が付き、慌てて手を離す…

……よりも早く、


黒川の強烈な一発で、林田の身体が後ろに吹き飛んだ。











「……信じらんない!マサヤ、……急に出て来て、急に殴るなんて…!」
「どう考えてもお前が悪いだろう!」
「何もしてないじゃん!…林田さんは俺を助けてくれて、家まで送ってくれただけだよ!」




真夜中の道端で痴話喧嘩が始まる。
殴られた林田は尻もちをつき、そのまま呆然と、二人のやりとりを眺めていた。





posted by 白黒ぼたん at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月16日

口喧嘩








黒川は以前にも何度か、イツキが他の男と一緒にいる現場に出くわした事がある。
それは本当に、本気だった時もあるし、ただの勘違いや偶然だった時もある。
ただ、そんな時はいつも、黒川はイツキに手を挙げていた。

今回のように、まず相手に手を出すことは稀だった。
それだけ、頭に血が上っていたのか、冷静でいられなかったのか。





「……お前は目を離すとすぐに男を咥え込む…」
「じゃあ、目、離さなきゃいいじゃん!勝手に放っておいて、勝手なこと、言うなよ!
マサヤが……、俺のこと、放っておくから悪いんじゃんか!!」


怒鳴る黒川に、イツキは食い下がる。
言いたい事は、山ほどあるのだろう。


「……それはお前の為だろう!……大人しく、待っていられないのかよ!」
「待ってるよ!ずっと、ちゃんと、待ってたよ!……一人で暮らして、仕事して…ちゃんと、頑張ってるじゃん!……ちょっとぐらい何かあったって、いいじゃん!」





イツキがこれだけ反論するのも、まあ、稀だった。
それだけ腹に据えかねていたし、それを言うだけの強さも、身に付けたという事だろう。








「………あのー……」



殴られたまましゃがみ込んでいた林田が口を挟む。



「………とりあえず…、もうちょっと…声、押さえた方が……。ご近所さん、……出て来ちゃうかも………」







posted by 白黒ぼたん at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月18日

残念賞






一呼吸おいて、やっと皆、少し冷静になる。
林田の言う通り、このまま真夜中の路上で痴話喧嘩を続けていては、通報されてもおかしくはないレベル。
実際、どこかの家の明かりが灯り、カーテンが揺れ、こちらを伺う気配がする。
黒川はふんと鼻息を鳴らし、それ以上は何も言わずに、踵を返しイツキの部屋へと向かう。

イツキも黒川の後を追う、……その前に、林田に詫びを入れる。



「……ごめんなさい、林田さん。本当にごめんなさい…、今日は……」
「…いや、いいよ。…俺は、平気だけど…、………平気?」
「……ん。……大丈夫です」
「…………誰、あれ?」



林田はようやく立ち上がり、殴られた頬などに手をやり、いぶかしげに黒川を見遣る。
黒川はアパートの階段を上りながら、イツキに、早く来いと急かす。



「………あれ、…俺の…、……アレです。……一緒にいる人って言うか…」



どう説明して良いか口籠るイツキ。
どこか気恥ずかしそうな様子に、林田はあれがイツキの「彼氏」なのだと気付く。



「……えっ、……じゃあ、ミツオさんは……」
「…ミツオさん?……え?……ミツオさんとは何の関係も無いですよ…」
「………えっ…」

「…イツキ!」




黒川は部屋の扉の前で、開かないドアノブをカチャカチャとやる。
イツキは、詳しい話はまた今度と、林田に頭を下げ、黒川の元へ向かう。

林田は何が何やらサッパリ解らず…、大混乱の頭のまま



車一台通らない真っ暗闇の道端に、ぽつんと立ち尽くすのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月20日

深夜2時








「……林田さんはハーバルの、俺が働いてるトコの…、取引先みたいなトコの人で…
今日は…その辺の人たちとの飲みの席で…、……そんな感じ。もう電車も無いし、タクシーで送ってもらったんだ……」



部屋に入り、イツキは台所で茶など入れながら、ざっとそんな説明をする。
黒川は、新しいソファに横柄に座り、ふんと鼻息を鳴らす。



「……飲みの席か。…未成年、云々はどうした」
「…マサヤが、それ、言う?……俺のこと、未成年だなんて、扱ったことないくせに」
「………家まで送りついでに、……ヤルつもりだったんだろう?」
「……さあね」



ダン、とテーブルにグラスを置き、イツキもその脇に座る。
黙ってしまえば、静かな部屋。古い冷蔵庫のモーター音が、響く。




熱くなり過ぎたと、黒川にも自覚がある。
一ノ宮の挑発に乗り、遠距離を嫌がるタクシーに倍額払うと万札を投げつけ、こんな所まで来ただけでも十分だと言うのに…
……うっかり、一般人に手まで上げてしまった。
イツキに関することに冷静さを欠く事が、多々あることは、解っている。
その理由は、深く考えずとも、………おそらく、知っている。

ただそれを口に出して説明してやるには、まだ、時間が要る。




「………くそ」





悪態を一つ付く。



そんな不器用な黒川の腕の中に、イツキが、自分から滑り込む。





posted by 白黒ぼたん at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)