2019年10月23日

馬鹿な子







松田とイツキはタクシーに乗り込む。
「…とりあえず、駅前通り。……パチンコ屋の方ね…」
そう簡単に行き先を告げ、車は走り出す。
イツキは窓越しに、小森にぺこりとお辞儀をする。

その様子を、松田は隣で可笑しそうに眺める。



「……何?……俺があのオバサンに、何かすると思った?」
「……松田さんだって…、ちゃんとした仕事なのでしょ?……騒ぎを起こすとは……思わないけど……」
「…そりゃあね。ふふ。……でも、アレだ、オバサン、関わらせない方がいいと思ったんだ、賢明だね」



イツキは窓の外を向いたまま。
車は薄暗い郊外から、広い大通りに入る。地方都市らしくあちこちに、ラブホテルの看板が光る。


確かに、松田が小森に手を出すとは思わなかったが、下手に関わりを持たせたくも無かった。
松田が極道の男だという事も、自分が、そんな男達相手に多々、身体を開いて来たことも…出来る事なら、知られたくはないのだ。


イツキはふうと、小さく溜息をつく。



「……松田さん、俺、……あったこと全部、マサヤに話しますよ?」
「……へえ、……そうしたら、どうなるのかな…」
「……めちゃくちゃ、……怒られます。……俺が」



その言葉に、松田は声を上げて笑った。




posted by 白黒ぼたん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月24日

覚悟








実を言えば松田は、今日、再会したばかりのイツキを…どうこうする気は無かった。
ただ顔を合わせて…少しからかい、その後はまあ食事にでも連れ出すか…ぐらいに思っていた。

けれど、小森が現れた事で状況が変わる。イツキは一人、覚悟を決める。
松田は僅かに躊躇はしたが、何も言わずホテルの部屋について来るイツキを、拒む理由はなかった。





「………でも、俺、……早く帰りたいです…。……明日はフェスタの…最終確認なので…」
「……ああ」





静かに、イツキはそう言って、自分から服を脱ぎ始める。
松田はベッドの縁に座り、そんなイツキを見上げる。

俯いて唇を噛み、震える指でシャツのボタンを外すイツキ。
それでも、これから起きる出来事を受け入れる、強さを感じる。



「………なあ、…別にさ、言わなくてもいいんじゃねぇ? 黒川さんに…
俺も黙ってるし、あんたも黙ってれば……、バレないだろ?
………こんなの、ちょっとした…、……遊びだよ………」

「……………そうかなぁ……」


困ったように照れたようにイツキは微笑み、松田の隣りに身体を横たえ、しなをつくる。


この歳で、この事に、こんなにも慣れている。
一体どれ程の経験を重ねれば、こんな子が出来るのか、不思議でならなかった。





posted by 白黒ぼたん at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月25日

わかりやすい迷路







イツキの頼み通り、コトは、3時間の休憩内に収まった。
イツキはサックリ、シャワーを済ませ、ホテルを出る。

二人でタクシーに乗り、今度はきちんと家の…、少し手前の通りで降ろしてもらい帰宅する。
松田も、自分の部屋に帰る。少し離れたターミナル駅、駅前の、高層マンション。




自室で松田は上着を脱ぎ、夜景が見渡せる広い窓の傍に置かれたパーソナルチェアに座る。
途中、ボードから洋酒のボトルを取る。グラスも使わずラッパ飲み。

それでも、ちっとも酔いは回らない。


以前から目を付けていたイツキと、セックスしたと言うのに。
満足するどころか、何か別の欲求が、チリチリと燻り始める。






職場の知り合いを護るという変な正義感に覚悟を決めたイツキは、手早く服を脱ぐと、ベッドに上がり…、後は…、いつも通りだった。
ニコリと笑い、はじらい、身体をくねらせ、それでいてぎこちなく。
自分から松田にしな垂れ掛かるくせに、松田の手が素肌に触れると、まるで生娘のように強張り、小さく震え、
いやいや…と、首を横に振って、唇を噛みしめながら、…腰をひくつかせてみせるのだ。




『………溜まってんじゃ、ね?………ご無沙汰だったとか……?』



腰に手を下すとそれだけでイツキは、甘ったるい鼻息を鳴らす。
言われた事は事実だが、それを認めたくはない。





posted by 白黒ぼたん at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月29日

ウワバミ







松田は男を抱いた事が無い、訳では無かったが
あえて、抱こうとも、思っていなかった。

イツキに関して言えば興味半分…、若干成り行きで、こうなってしまったのだが…
どうにも様子がオカシイ。調子が狂う。

自分がリードしている筈なのだが、気付けば、欲ごと丸呑みにされているような感覚だ。

もし、黒川がこの事を知れば笑って、『イツキはウワバミだからな』と言うだろう。






ホテルの備品の潤滑剤を塗り、正面からイツキを犯す。
抵抗も無くずるりと入り、丁度良く締め付けられる。
松田の下で仰向けに寝るイツキは口元に手の甲を当て、漏れる声を堪えている。
松田がその手を退けると、イツキは濡れた瞳で松田を見上げ、ん、ん…と喉を鳴らし……


中を、震わせる。


『………くっ…』


思わず声が出たのは松田の方だった。
良く言えば「女」の性器のよう。「男」でこんな感触を得るのは初めてだった。
一体どういう事なのかと、さらに奥に腰を進める。

顔を近づける。
イツキは脚を開き苦しい体勢なのだろうが、身体が柔らかいのか、このままキスも許せるようだ。

唇を重ねる。

また、中が締まる。



『……だめ、松田さん。……おれ、こんなんじゃ…、……すぐ…いっちゃう……』


松田の下でイツキはいやいやをするように顔を逸らし、そんな事を言う。






posted by 白黒ぼたん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

多少の理性







その心配は松田も同じだった。
気を許すと、すぐに持って行かれそうになる。

挿れて数分も持たず、達してしまうなど、中学生でもあるまいし。



『……早ぇ…だろ。……もっと…、……楽しませろよ……』


その言葉は、自分自身に言ったものなのか。

軽く唇が合わさるくらいの距離。時折視線が絡む。
松田は手をイツキの素肌に滑らせる。柔らかいばかりではない、ほどよい弾力がある。
何の役にも立たないだろう、かすかな胸の突起が邪魔で、……執拗に触ってしまう。
その都度、互いの身体に挟まれたイツキの…男の部分が…ぴくぴくと動き、行き場を求める。



『………オマエの身体って…、……どうなってんだよ?………全部、…イイのか?』
『………』



まだ、『うん』とは言えず。 多少の理性は残っているようだ。
けれど、松田が身体を起こし、チューブに残っていた潤滑剤をイツキの…中心に塗り込み、手で扱くと……、そんなものも跡形もなく消える。


イツキは、鳴き、腰をくねらせ、身体を小刻みに震わせる。
当然その振動は松田にも響き、松田を慌てさせた。





posted by 白黒ぼたん at 23:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月31日

考察








一際甲高い声でイツキは鳴き、身体を反らせ、息を止め、……イく。
松田は急ぎ、イツキの中から撤退する。

ここで終わってしまえば、後が楽しめない。中でイク、イツキとは違うのだ。




イツキは、
『…あ』とか『…う』とか、言葉にならない声を洩らし、身体をくねらせる。
余韻に浸っているのか、次が欲しいのか、しがみつくように松田の腕に手をやり、ぎゅっと掴む。




『………イツキ……』



名を、声に出して呼ぶ。
風呂屋でチョッカイを出したときには、まあ、どこかの店のウリの子だろうと…そんな位にしか思わなかった。

新宿で、そこそこ名の通る黒川興業のオンナだと解った時も、まあそうかと、頭の中で納得しただけだった。



頭で解ったつもりになるのと、この手で体感するのと、どれほどの違いがあるのか身に染みる。


染みすぎて、痛い。痛みは、新鮮な心地よさを伴う。





松田は身を屈め、息も絶え絶えなイツキにキスをする。
はじらいながら絡らまる舌に、また、騙されそうになる。
顔を上げ、イツキの身体を裏がえし、尻の膨らみに手をやって…


その真ん中に、今度は容赦なく、自身を突き立てるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)