2019年12月03日

フェスタ・18







イツキが大人しく、男と一緒に車に乗ったのには理由があった。
一つは、すでに腕を掴まれ、口を塞がれ、自由が効かなくなっていたことと
もう一つは、首筋に、鋭利な刃物を押し当てられたからだった。



「はは。まさか。切る訳ないでしょ?。……一応ね、脅しの定番ってヤツだよ」

後部座席。イツキの隣りに座る男は、どこか楽し気にそう言う。






「………どうするつもりなんですか…、……笠原さん」

突然、自分の前に現れた笠原に、そう尋ねる。
声を出して初めてイツキは、自分の喉がカラカラに乾いていることに気付く。

「…うん?…ちょっとお喋りしたいだけだよ。……色々、聞きたいこともあるしね」
「…なんで…、俺が…あそこにいるって…、……知って……」
「…ハハ。イツキくん、行方知れずだ何だと言っても、黒川とは会うんだろうなっ…てね。……ビンゴだったよ」



話は簡単で。
笠原は、常に黒川の周辺を見張らせていたのだった。
夕べ、イツキがマンションに立ち寄った時に存在がバレてしまった。
朝方、マンションを出て、一人でタクシーに乗ったのも尾行され……居場所を特定されてしまう。

フェスタで働いている最中からずっと、イツキが一人になる機会を伺っていた。


「…それにしても、デパートの売り子さんとは…驚いたな。 何?売り物は、自分の身体?」


馬鹿にしたように笠原はくすくすと笑う。
イツキはちらりと横目で睨み、ふいと窓の外を向き
どう…対処するのが正解なのかを…考える。



黒川に、助けに来て欲しい……けれど
言いつけを破って、マンションに帰ってしまった自分が悪いのだと

唇を、噛みしめた。






posted by 白黒ぼたん at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

フェスタ・19







「…まあ、そんなに緊張しなくてもいいよ。俺は、本当に、イツキくんと…ちょっと話がしたかっただけなんだよね…」


刃物を突き付けられ強引に連れ去られ、そう言われたところで、安心はできない。
イツキは身を固くし、車のドアに寄り、なるべく笠原から距離を取る。
どうにか隙を見て逃げ出したいところだが、ガラスにはスモークが貼られ周りの様子も解らない。

どこかに連れて行かれるまでもない。すでに、密室。


「……笠原さん、もう、俺とは、……あれで、お終いって…約束しましたよね?」
「ああ、アレはね。でもその後に、また案件があってね。ホラ、俺、光州会と手を組んだだろう?……そうしたら、イツキくんが、付いて来たんだよ」


そう、言うも、順序は逆。
イツキと絡みたくて、光州会と組んだのだろう。


「……光州会の件にしても、俺、もう……、何もないはずです。全部、終わってます」
「………そう?」





ふと、笠原はイツキの方を向き、まるで値踏みでもするようにジロジロと眺める。
ずいと前に乗り出し、間合いを詰める。
イツキの顔に、手を伸ばす。
そのまま体重ごと預け、唇を重ねる。


イツキは口を真一文字に結び、せめてもの抵抗を見せるのだけど
笠原はイツキの頬を鷲掴みにし、その口を、強引にこじ開けた。





posted by 白黒ぼたん at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月05日

フェスタ・20







強引にこじ開けた唇に笠原は侵入し、辺りを舐めたり吸ったり、噛んだり。
それでも意外とあっさり後退し、唇を離す。

嫌がる、イツキの様子を、楽しんでいるようだった。

イツキは濡れた唇を手の甲で拭い、また窓の方に寄って、笠原を睨む。



「…そのカラダで、ずい分、荒稼ぎしたんでしょ?…光州の高見沢さんが悔しがっていたよ?惜しいコト、したって…」
「……全部、終わってます。もう、俺、関係ないハズです…」
「そんなイイ金ズルに、仕事…させなくなったのは…、……キミの事、好きになったからかな…、黒川が」


多少、アルコールの残るイツキの頭。
のらり、くらりと続く会話。
笠原はたまに手を伸ばし、イツキの身体を軽く触る。
何に気を付ければ良いのか、解らなくなる。気が散る。


「……好き、とか……、そんなんじゃ…、ない……です…」
「そう?それにしちゃぁ、ご執心じゃない。……未成年の売り子にさ…」
「………俺、マサヤにお金、借りていたので…。それの返済が済んだってことじゃ…ないですか……」
「それなら尚更、イツキくんはもう、自由って事だよね?」




車は一向に目的地に着かず、こんな時間がどれだけ続いたのか解らない。
もしかすると最初からこの時間を作りたかっただけで、目的地など無いのかも知れない。

イツキが答えに困ると、笠原はニヤニヤと笑う。




「イツキくんは、なんで、黒川の傍にいるの?……あんなに、酷い事、されたのにさ」





笠原のケータイが鳴る。
笠原はスーツの内ポケットからケータイを出すと、ディスプレイに浮かぶ名前を見て、顔を顰める。


電話の相手は、黒川だった。




posted by 白黒ぼたん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月06日

フェスタ・21







今、自分がイツキと一緒にいることは、まだ黒川は知らないはずだ。
イツキが助けを求める間も、無かっただろう。
それとも、まさか、この二人は…特に用事が無くても連絡を取り合うのが常で、それが途絶えた時は有事の合図…とでも言うのだろうか。


「……まだ、ちょっと…、……早いよなぁ……」


笠原はケータイのディスプレイを眺め、そう、呟く。
諸々、交渉や取引があるにしても、まだその段階では無い。
結局、その電話には出ずに、笠原はケータイをそのまま内ポケットにしまう。



「……ふん。鼻がいいね、あの男は…」
「……こんなこと、すぐにバレます。笠原さん、マサヤに…怒られますよ…」
「ハハ、怒られる…か。大事な大事なオモチャを横取りされて…ってか。……ガキかよ!」



声を荒げる笠原に、イツキは一瞬、ビクつく。
本当に、すでにこのことを黒川が知っているなら、何か、手を打ってくれるのだろうが…
……それはそれで、また、……胃と腹が、痛くなる気がした……。

















『……イツキくん、消えちゃったんだよね』

さして交遊もない田舎のヤクザが、わざわざ電話をして来てそんな事を言う。
松田が今までイツキと一緒にいたことも驚きだが、その松田が、そうやってイツキの身を案じていることも不思議だった。
……何か下心があるのか……と思うが、それはまた後で聞くことにする。

『……消えた?……一人で遊びにでも行っているんだろう、どうせ…』
『いやいやいや。…なんか、コワモテと一緒にお店、出て行ったみたいでさ。……あんたが迎えに来たのかと思ったんだけど…』
『………いや…』



さすがに黒川も、思い当たる節が在り過ぎて、胸がザワリとする。






posted by 白黒ぼたん at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月09日

フェスタ・22







『……どうする?……俺、何か、手伝うかい?』
『……いや。……連絡をくれた事は礼を言う。……じゃあな』



そう言って、黒川は松田との電話を切った。
切ってすぐに、まず、イツキに電話をしてみるが……、その電話にイツキが出る事はなかった。

『………クソ』

悪態を一つ付く。久しぶりの都内で、誰か知り合いにバッタリ出会い…付いて行ったのか。
同席する他の誰にも、何も告げずに?……そんな事はないだろう。

そうだとすれば、強引に連れ去られたか。それには心当たりがある。




黒川は、笠原に電話を入れてみる。
けれど、その電話も、繋がらない。


逆に、そのことで黒川は、イツキは笠原と一緒にいるのだろうと確信した。








黒川に無碍に電話を切られた松田は、どうしたものかと、しばらく店の外で呆けていたのだけど
他に何か情報は無かったかと、一度、店の中に戻る。
すでに閉店間際で、テーブルの片づけをしていた従業員は
男子トイレに、ケータイの落し物があったことを教えてくれた。

『……あー、それ、俺のツレのです。今、俺、鳴らしますわ、……ね、繋がったでしょ?』

従業員の目の前で松田はイツキのケータイに電話をかけ、それを回収する。






イツキと黒川と、どこかの強面とのトラブルは
松田にとって何の関係もない、どうでも良い問題だったが
とりあえず…面白そうだと、くすくす笑う。

ここで黒川に恩を売っておくのも悪くはないし、何より
可愛いイツキが、気になるのも、確かだった。






posted by 白黒ぼたん at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月10日

フェスタ・23







「………松田さん。……あんたも大概、物好きだな……」




小一時間もしない頃。
松田は、黒川の事務所を訪れていた。
イツキのケータイを回収し、再度、黒川に連絡を入れ
その内、受け取りに行くと言う黒川に、いいからいいから…と食い下がり
半ば強引に、事務所に押し掛けたのだ。


もっとも、事務所の場所を伝えた黒川にも、隙があった。
……やはり、いつもと違う状況。イツキがいないことで、多少、動揺しているのだろうか。



「ハハ。こんな機会でもなきゃ、黒川組の本拠地には上がり込めないもんなぁ」
「……ウチは、『組』じゃないぜ。……ただの、……何でも屋だ…」
「…へー…」


松田は興味津々、部屋の中をぐるりと見回す。
確かに、組事務所にしては狭すぎる部屋。黒川以外の人間もいない。
黒川が、そういった看板を掲げていないのは知っていたが、想像以上の…普通の佇まいに、少し驚く。






「……こんな揉め事に首を突っ込んで、何の得があるんだよ?」

呆れたように黒川が言う。松田は鼻で笑い、持って来たイツキのケータイを黒川に手渡す。

「…まー、何かのご縁ってヤツ?…知らない仲でもないし、このままじゃ、気になるしね」
「……あんた、………もう、イツキと…、ヤったのか?」
「……んー?」



松田が微妙な返事をしたところで、事務所に、一ノ宮が入って来た。
外出中だった一ノ宮は黒川から連絡を受け、そのままあちこちで情報を集め、戻って来たようだ。


見慣れぬ松田をみて、少し怪訝な表情を浮かべるも、とりあえず一礼する。
そして、「………やはり、笠原氏ですね」と呟き、深いため息をついた。





posted by 白黒ぼたん at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月11日

フェスタ・24







「…嶋本組の内部の人間に話が聞けまして…、…姿を見せそうな場所をいくつか押さえています…。幸い、まだ時間がそう経っていませんから、内々で片付くのではないかと…」
「……あの阿呆、欲を掻きやがって。…大人しく「駐車場」で手を打っておけば良いものを…」
「どうする気なのでしょうね。このまま、連れ去る訳にも行かないでしょう……」


本当に、早い段階でコトが知れたのは幸いだった。その功労者の松田はちゃっかりソファに腰を下ろし、一ノ宮と黒川の会話を聞いていた。

報告が一区切りすると、一ノ宮が水を向ける。


「…ところで、…こちらの方は?」
「あ、ドウモ。お構いなく…」

「イツキの、…向こうの知り合いだ。…どれだけの仲かは知らんがな…」


簡単な自己紹介を終えると、後はすることが無くなってしまった。






松田は出された茶などを飲みながら、黒川の様子をそっと伺う。
イツキの居場所が解らない以上、今は動きようが無いのかも知れないが…それでも、あまり心配している様子はない。

『……なんだ?……自分のオンナが連れ回されても、別にどうでもイイ感じなのか?……そんな程度なのか?』

ふと、そんな事も思う。



そんなハズは無いことは、この後に解る。





やがて、一ノ宮と話をしていた黒川が、席を立つ。
不機嫌そうな、それでもどこか面白がっているような、微妙な表情。ふん、と鼻息を一つつく。


「………一緒に行くか?……松田さん」





posted by 白黒ぼたん at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月12日

フェスタ・25







イツキを乗せた車は、どこかへ停車する。
緊張し身を固くするイツキを横目に、笠原はくすくすと笑う。
窓が開けられ、景色が見える。海の近く、倉庫などが立ち並ぶ殺風景な場所。
運転席にいた男だろうか、開いた窓から笠原に、ペットボトルの水を差しだす。

笠原が、その水を飲む。飲みながら、イツキを見る。
…イツキだって、喉が渇いていると、知っているのだが…
意地悪く笑い、「…欲しい?」と聞くと、イツキは反射的に首を横に振る。
口の中はカラカラで、舌が嫌な感じに張り付く。




「…イツキくんはさ、どうして黒川と一緒にいるの?…もう、借金、終わったんでしょ?」
「……いたいから、…いるんです。別に、…理由なんて…ないです」
「へぇ。相思相愛ってヤツだ。ふぅん…、…あんなに、酷いコトされたのにね」


煽る様に、笠原が言う。
また何だかんだと難癖を付け、たぶらかして来る気だと、イツキは身構える。
………でも、……喉が渇いた。




「中学生の頃から身体、売って…、毎晩毎晩、見知らぬ男にハズカシイ事、されちゃってたんでしょ?
何人の男と寝たの? 数えきれないか。
……ああ、親御さんにもバレちゃったんだよねぇ…、ご両親、泣いてたでしょ? 一番、知られたくないよねぇ…。

可哀想に。イツキくんのビデオも見たよ?…スゴイの。あれ、結構、流出しちゃったよね…、知ってた? マニアの間で、高値が付いていてさ…。ああいうのって、一生、消えないんだよね。

あんな…大股開きで…モノ、突っ込まれて…。それで、イクのも…すごいけどね、ふふ。


全部、黒川がやらせたんでしょ?…酷い男だね」




笠原の言葉は概ね真実だったが、イツキは「はい」も「いいえ」も言わず、とりあえず視線を窓の外などにやる。
……あまり、真に受けて話を聞くと、……いろいろ、思い出してしまう。


真っ黒い海の向こうに、貨物船だろうか、ぽつんと小さな明かりが見えた。





posted by 白黒ぼたん at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月13日

フェスタ・26







「黒川は、制裁を受けるべきだと思うよ。イツキくんの人生を滅茶苦茶にしたんだからね。
…ふふ、同業を売る様な真似はしたくないんだけどねぇ…、警察か…、週刊誌でもいいね、イイ記事を書く記者を知っているよ。
…ま、イツキくんも…、……大変になっちゃうけど……」



笠原の言葉が俄かには理解出来ずに、イツキはゆっくりと笠原を見る。
相変わらず、薄く笑う。どこまでが本気なのか、解らない。



「…………笠原さんは、………何が、望みなんですか…?」
「……んー?」
「……マサヤの、……失脚?」
「…それもあるけど…」



笠原は身を乗り出す。狭い車内でイツキの逃げ場はない。
身体をぴたりと寄せ、最初のキスのようにイツキの頬に手をやるのだが、唇は重ねない。
真正面から見つめられる方が困る。けれど、その目の奥に真実があるのかも知れないと…イツキは、笠原の目を見つめる。



「……俺のオンナになれよ」



それが真実なのだとしたら、一番、タチが悪い。




「……か、笠原さんは…、俺のこと…、……別に、何とも…思って無いでしょ?……ただ、俺が…マサヤの、だから……、……欲しいだけでしょ?」

「そんなコトはないよ、イツキくん………」

「マサヤの物が欲しい、とか………、人のオモチャが欲しい子供と、一緒…だね」





posted by 白黒ぼたん at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月15日

フェスタ・27







『人のオモチャが欲しい子供と、一緒』


そんな事を言われて、今度は笠原が、イツキの目の奥を見つめる。
怖がり怯え、身を固くしていたくせに、…いけしゃあしゃあと、気に障る事を言う。
生意気な子供だと、笠原は厳しく睨む。空気が変わった事に気付いたイツキは、ひとつ、息を飲む。
それでも臆さない芯の強さが、滲む。



「……こんな、……回りくどい、面倒臭いコト…しないで……、オモチャ、貸して欲しい時は、貸して下さいって…お願いするんですよ」
「……へえ。お願いしたら、貸してくれるの?」
「…いいですよ…」




強気に出たイツキには、勝算があった訳ではない。
ただ、もう、本当に、このやりとりが嫌になっていたのだ。
警戒し、身を潜める生活も、薄ら笑みを浮かべ、のらりくらりとやり過ごす様も。何もかも。

体当たりで身を崩してでも、この状況を、どうにか変えたかった。






「身体ぐらい、貸してあげます。……まあ、どうしたって…マサヤの、だけど。
笠原さんは、……人のオモチャで遊ぶぐらいしか……、出来ないんですもんね」


「……ハァ?」





さすがに言い過ぎたか。

笠原はイツキの胸倉を掴み締め上げる。さらに身体と顔を近づけ威嚇する。





posted by 白黒ぼたん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月16日

フェスタ・28







「…解ってねぇな、イツキ。…出方一つで、黒川がパクられるんだぜ?…もう少し、口の利き方に気を……」
「好きに…すれば…いい……」


首元を締め上げられ息も絶え絶えのイツキは、それでも気丈に笠原を睨む。




「……どうしたって、笠原さんが…落ちるだけ…だよ。同じ仕事の人…売って……、そこまでして、俺を…、他人のオモチャを横取りしたいって…ことでしょ?
笠原さんは、…その程度の男だったって、…みんなが思うだけ…だ…よ…」




イツキの言葉を黙って聞いていた笠原は、ただただ眼光険しく、そのまま、イツキを絞め殺してしまいそうな様子。
実際、首に掛けられた手に、少し、力が入る。





「………は。……よく喋る、オモチャだ…」





しばらくして、その手は解かる。笠原は自嘲気味に笑い、イツキと少し距離を取り、元の窓側に座り直す。

窓ガラスをコツコツと叩くと、車の外で待機していた男が、運転席に戻って来る。

「…出せ。……例の場所だ」と、笠原が男に告げると、男はエンジンを掛け、車を発進させる。

窓は、また、黒いフィルムで覆われ、あたりの景色は見えなくなってしまう。




「…まあね。そこまでオオゴトにする気はないよ。大人しく、イツキくんが付いて来てくれればいいよ。…お願いすれば、貸してくれるんだったね。

俺と、組の若い衆とで…楽しませてもらうよ。ちょっと痛いかもしれないけど。

……いい薬もある。全部ブッ飛んで、気持ち良くなるよ。……もう、戻れなくなっちゃうけど……、ハハハ」






posted by 白黒ぼたん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月17日

フェスタ・29








車はまた走り出す。どこへ向かっているのか皆目見当が付かない。
イツキにとっては、気の遠くなるような時間だった。

それでも、車から降りて移動するなら、逃げ出す機会があると思っていた。
ドアが開いたら、そこがどこであれ、とにかく走ると決めていた。

目を閉じ、口を閉じ、自分の手で、自分の手をきゅっと握り…好機を待つ。
幸いその姿は、笠原の言葉に怯え震えているように見えて、笠原を油断させるのに丁度良かった。



「………ああ、裏じゃない。……そっちは車が…。……正面に停めろ」


笠原が運転の男にそう言う。どうやら目的地が近いらしい。
カチカチとウインカーの音。車は小さく曲がり、止まり、……やがて、エンジンの音も聞こえなくなった。


運転の男が先に降りるようだ。
カタン、とドアのロックが解かれる音がした。






「……馬鹿か!……そっちへ回れ、早く!!」




運転席のドアが開き、男が外に出かけたのと
イツキがドアを開け、外に飛び出したのと
それに気付いた笠原が叫び、男に指示を出したのは、ほぼ同時だった。


笠原も咄嗟に手を伸ばす。

けれど寸でのところでイツキを掴み損ねてしまった。




「待て…、……イツキッ」





車の外に出たイツキは、とにかく走り出す……

……つもりだったのだが、そこはどうやら人通りのある街中で、……すぐに人にぶつかってしまった。





posted by 白黒ぼたん at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月18日

フェスタ・30







黒川はと言えば、松田と一緒にタクシーに乗り、どこぞへと向かっていた。
一ノ宮は事務所で、何かしの対応があるかも知れないし、かと言って黒川一人では、何をしでかすか解らない。

適当な第三者がいた方が良いとの、判断だった。





「…イツキくんの行き先、解ったのかい?」
「…多分な」
「何?…あんたらいつも、こんなトラブル起こしてるの?」
「…トラブルは…、イツキだけだ」


車はずっと賑やかな大通りを走って行く。
あまり都心の道に詳しくない松田でも、交差点の看板などから、今、どの辺りを走っているのか見当が付く。

10分…20分ほど乗った頃だろうか、池袋の地名が見え、その一角でタクシーは停車し二人は降りた。


ビルが立ち並ぶ賑やかな通り。ショップや飲食店が軒を連ねる繁華街。
少し先のビルにある「フェリーチェ」というクラブに用があるのだと黒川が言う。




嶋本組内部のリークによると、今夜の笠原の予定はこの場所での「会合」になっていて、しかも、その「会合」の相手もメンバーも極秘事項。
誰も近寄るなと、戒厳令まで出されていた。






「…あそこにいんの?イツキくん?」
「…いや、まだ…、どうだろうな……」
「…ふーん。…聞いて来てやろうか?」



「…はっ?」と、黒川が驚く間に、松田はふらり、フェリーチェに向かって行く。
こんな時に、顔が知られていないというのは、非常に便利なものだった。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月20日

フェスタ・31







「フェリーチェ」は表向きは普通のクラブだが…裏では違法なゲームなどが出来る場所だった。
建物自体が笠原の縄張りで、上の階には事務所がある。…おそらく、そこいらに監視カメラも設置されているだろう。
店の入り口の前には、見張りとおぼしき黒服の男が一人、立っていた。


そこに松田が、何食わぬ顔で近づいて行く。
黒服は、見慣れぬ男をいぶかしみ、険しい表情を見せる。




「………何か、…用か?」
「……アー、ここ、飲み屋じゃねぇの?……入っちゃ駄目なの?」
「……今日は駄目だ。……貸し切りだ」



松田は黒服の肩越しに、店の様子を伺おうとする。
…もっとも、店は、通路の奥の扉の、さらに奥で…、様子など解るはずもない。
それでも松田はキョロキョロと、わざとらしく中を覗き込む。



「へー、貸し切り?何?宴会でもやってるの?……それにしちゃ、ずい分、静かじゃん?」
「……これから始まるんだよ!……いいから、帰りなっ」



黒服は、ただの酔っ払いを追い返すような素振りで、松田をあしらう。
松田も、通りすがりの冷やかし…といった感じで、へへへ、と笑い、店の前から立ち去った。








「……まだ来てないみたいだぜ?、今から、来んじゃね?」



松田は、少し離れた物陰に身を潜める黒川の元に戻り、そう言う。
その、…身軽で大胆な様子に、黒川は少し驚いていた。





posted by 白黒ぼたん at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

フェスタ・32







黒川と松田は物陰にて待機中。
まるで張り込み中の刑事の様。



「……こっちに戻った途端にユーカイとか…、すごいな、イツキくん。売れっ子かよ。…黒川さんも大変だな。…あんな若くてカワイイ子、どうやって見つけたんだよ」


する事もないので雑談中。もっとも松田ばかりが喋り、黒川は鬱陶しそうに視線をくれる。
応える義理はないのだけど、ここまで付き合わせているのも事実だし、最低限の言葉は交わす。



松田は、少し変わった男だった。
人懐っこいのと、馴れ馴れしいの、丁度良いさじ加減で…、傍に居てもそう、邪魔な感じもしないのだ。



「…親の借金絡みで…まあ、…よくある話だ」
「手籠めにして、商売させて、後は美味しく頂きましたってヤツか、いいな、理想だな」



軽い口調は、若干…馬鹿にされている感もあり…、黒川はチラリと松田を睨む。
松田は、屈託のない様子で笑い、それから少し……真顔になる。



「でも、まー、心配だよなぁ…。コレを警戒して…田舎に引っ込めてた訳だろ? あんたが手を出せないような、そんなにヤバイ相手なのかい?」
「…親戚筋の…、組の…、若造でな。正面切っての喧嘩になると、少々、面倒な事になる…」
「……もう、十分、面倒だと思うけどな。………あ」




話の途中で松田が、あちらを指さす。


「フェリーチェ」の前に、一台の黒塗りの車が滑り込んで来た。






posted by 白黒ぼたん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)