2020年02月01日

優待券








「ねえねえイツキくん。土曜日、ヒマ? 「湯〜らんど極楽」の優待券があるんだけど、行かない? ランチ無料券も付いてるんだよ」


金曜日、仕事終わりにミカがイツキを誘う。
付き合い始めたばかりの彼氏、林田は、仕事が忙しいのだと言う。
けれど、土曜日は、イツキにも大事な用事がある。


「……ごめんなさい、俺、明日はちょっと…駄目です…」
「えー?なんで、なんで?……デェト!?」
「いやっ………えーと…、……人と会うので…」
「やっぱりデートじゃん!…誰と?」


グイグイと来るミカに、イツキは適当に笑って誤魔化して…それでも結局、東京から知り合いが来ると、話す。
それを聞いたミカは何かを察したのかニコニコ笑って…


「じゃあ、コレ、イツキくんにあげるよ!……彼氏と行っておいで!」


そう言って、ランチ付き優待券を二枚、イツキの手に握らせるのだった。










「…………行かないぞ」

その夜、遅くにイツキの部屋にやって来た黒川は、イツキの話を聞いてすぐに、つっけんどんに答える。
もっともイツキも、黒川が行くはずもないと思っていたが、せっかっくのミカの好意を無碍にするのも、少し申し訳ないと思う。

優待券を手に持ち、どうしたものかと…ひらひらさせていると



「松田とでも行けばいいだろう」



と、心にもない事を言ってみせるのだった。




posted by 白黒ぼたん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月03日

食卓







とりあえず、極楽行の優待券は引き出しにしまって、仕切り直す。


テーブルに、総菜のパックとサラダと漬物、ビールを並べる。
テレビの前の新しいソファは、二人で座るには窮屈なので、イツキはその脇に座布団を置きペタリと座る。
黒川とイツキの、いつもの定位置。こうやっていると、やはり、落ち着く。


「…サラダは、俺が作ったんだ。…上のマカロニのトコは、買ってきたやつだけど…。ドレッシングは…これが美味しくて…、……ごまわさび…の…」


意外ときちんとした食事を用意するイツキを、黒川は、気付かれないように横目で眺める。
一人で暮らし始めて、少し、何か変わった気がする。


「……ディスカウントの酒屋さんを見つけて…、ふふ、……そこ、年齢確認、されないんだよね…。…まあ、俺ももう、普通に買っても大丈夫な感じだけど……」


冷えたビールをグラスに注いで、お疲れ様と、カチンと音を鳴らせて、グラスに口をつける。
イツキは半分ほど一気に飲み、よほど染みたのかぎゅっと目を閉じ、満足そうにふうと息を付く。





ソファに座る黒川の足に、イツキは身体を寄せ、もたれ掛かる。
テレビは地方ローカルの、見た事も無い情報番組が流れている。


「……テレビで、……近所のスーパーの特売のお知らせとか、するんだよ」
「………クソ田舎だな………」
「…役に立つけどね。……明日は玉子が半額です、とか」




そう言って笑うイツキの横顔に、黒川は何故か少し、……腹を立てていた。






posted by 白黒ぼたん at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月06日

身勝手







『そろそろ、新宿に帰りたい』



と言えば、そうしてやる気はあったのだが
イツキはなかなか、そんな雰囲気すら匂わせない。

すっかりこの都落ちに馴染み、ずっとここで暮らす気ではなかろうかと
黒川は少々、いぶかしむ。
そんな黒川の様子に気付くこともなく、イツキはサラダを小皿に取り分け、総菜を摘み、どこそこの肉屋のコロッケが美味い等、他愛もない話をする。


「あ、ごぼうのお漬物があるよ、食べる?……道の駅で仲良くしてるおばあちゃんに貰ったんだ」
「……いや、いい…」
「今日はタクシーで来たんだ?…お金、掛かるでしょ?……新幹線の方が楽なのかな」
「…どうだろうな。面倒には変わりはないがな。こんな辺鄙な場所でよく暮らせるもんだ」
「……マサヤ…」


イツキはテーブルに箸を置いて、隣の、黒川の顔を見上げる。
いつもニコニコ愛想が良い男、ではない事は百も承知だが、それにしても…今日は不愛想過ぎる。


「…マサヤ、……怒ってる?」
「……何にだよ?……身に覚えでもあるのか?」
「…無いけど。……松田さんのこととか……」


黒川はビールに口を付けながら、冷ややかな目を、イツキに向ける。
松田のことは、問題ではない。
けれど、その件で怒られるのではないかとイツキが気に掛けている時点で、気に入らない。




自覚はないけれど、黒川は身勝手な男だ。
自分が、イツキをこんなへき地に追いやったというのに、そこで落ち着いて生活している…新しいオトコまで作って…、…そんな状況が許せない。



とりあえず黒川は、ふんと、大きく鼻息を付いて、残りのビールを流し込んだ。





posted by 白黒ぼたん at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

物音







未だ段ボールが山積みの和室。客が来たところでもう一組布団を敷く場所もない。
背中が痛くなるような薄い寝具。まるで駆け出しの、貧乏生活の頃のよう。

狭いだ、汚いだ、何だと…黒川は文句ばかりを並べる。
イツキは、では何故黒川はここに来たのかと、疑問に思う。

抱く、手は、乱暴で、やはり何かに怒っているような気がする。
それに気を取られていると、あっという間に身体が融ける。今日の愛撫はいつもより激しい。


「……マサヤ?………待って、待って…、待って…?」


クリームを、…手元に置いてあったハーバルのクリームだったが…、べったりと塗り込まれてそのまま、ずるりと、黒川の手が入ってくる。
身体が串刺しになる。裏返され、ザラザラと擦られる。掻き回される。
何度、されても…気持ち悪い異物感。それが、堪え切れないほど……良くて、良くて、
どれだけ口を手で塞いでも声が漏れる。声だけでも逃がさないと、もう、どうにかなってしまう。



「………相変わらず、………ヒドイ身体だな。………欲しがり過ぎる」
「……ひっ…、………駄目、…やだやだ、マサヤ……」


小刻みに揺らされ、ギリギリまで抜かれて…、また刺されて、丁度いい加減で焦らされる。
イツキの身体の隅から隅までを知っている黒川は、どうすればイツキが一番イイ声で啼くのかを知っている。




「………やっ………あああ……」



一際甲高く鳴いて、そのついでに足が壁に当たり、積んだ段ボールがいくつか崩れる。
それは真夜中にしては少々、ウルサイ物音だった。




posted by 白黒ぼたん at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月07日

作戦







「……信じられないよ、マサヤ。……絶対、わざとなんでしょ?」
「お前がいい気になって騒ぎまくるからだろう?」
「…だって、マサヤが……、……昨日は…すごい…から……」


イツキはもごもごと口籠り、何かを思い出したのか、恥ずかしそうに俯く。
顔が赤いのは、風呂上りのためだけではないようだ。


結局、翌日の昼過ぎ、二人は「湯〜らんど極楽」を訪れていた。
優待券を無駄にしたくなかった…訳ではない。ただ、広い風呂に入りたかった。アパートの風呂では足を伸ばすことも出来ない。
部屋からケータイでタクシーを呼んで、頃合に、表に出る。
扉を開けた時に、丁度、隣の部屋の住人も部屋から出て来ていて、……イツキの顔を見て、ニヤニヤと笑ったのだ。


直感的に、夕べの声を聞かれた、と思った。
それでなくとも普段からテレビの音が洩れる程なのだ。おそらく、何をしていたかなど、丸わかりだったろう。




「………隣の人…、ちょっと苦手なタイプなんだよね…、音楽とかやってるみたいな…、髪の毛金髪で、派手で…、……、人の出入りもあって…賑やかで……。
俺、引っ越そうかな、もっとちゃんとしたトコに。……音が洩れなくて、お風呂もちゃんとあるトコ…」

「………まだこのクソ田舎にいる気なのかよ?…イツキ」



休憩所の大広間で、ビールを飲みながら、軽く、そう言う。




激しい行為がまさか……イツキが部屋に居づらくするための作戦……では、ないとは……思うのだけど……
そう思えてしまうほど、黒川は楽し気に、イツキを馬鹿にしたように笑うのだった。




posted by 白黒ぼたん at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月08日

意地悪







日曜日には、黒川は新宿に戻っていた。
事務所にいる姿を見て、一ノ宮が驚く。


「…イツキくんの所に行かれていたのでしょう?…ずい分早い、お帰りですね」
「……そう、やる事もなくてな。……こっちの仕事も溜まっているし……」


書類をぱらぱらやりながら、そう言う。けれど決して、仕事をしたくて帰って来た訳ではないだろう。


本当は


イツキを連れ戻すために、会いに行ったのだと思っていた。
まだ確定ではないにしろ、笠原は先日の一件でこちらから手を引いており、差し当たっての危険は無いと思われた。
危険が無いのなら、ここを離れている理由はない。



「……イツキくんは……」



『まだ、戻さないのですか?』と言いかけて、言葉を止める。
おそらく『戻れ』とも言わず、『戻りたい』とも言われなかったのだと察する。
黒川は相変わらず素直ではないし、イツキは…

向こうでの暮らしが、楽しいのだろう。……一ノ宮は「フェスタ」で仕事をしていたイツキを思い出す。




「……クソ田舎で呑気に腑抜けてるぜ。……少し、締めた方がいいかもなぁ……」



黒川は仕事の手も止めず、そんな事を言うのだった。




posted by 白黒ぼたん at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月10日

直球







「……なに、簡単だろう?……所詮、あいつ一人じゃないも出来ないと思い知らせればいい。誰の庇護を得て生きているのか。
……向こうで、ちょいと怖い目に遭わせるか?……松田は…、使えんか。いい具合に取り入っているからなぁ……」


黒川と一ノ宮は仕事が終わると、いつもの、焼き鳥屋に。
カウンターしかない細長い店内の、奥の席。
ビール、ビール、からの日本酒で、今日は少々酒が進み、口も回る。

もっとも一ノ宮には、黒川のそれが、単なる愚痴で、半分は冗談であることは解っていた。


「……まったく。……どこに行ってもすぐに男を作る。そんなにヤルのが好きなら、『仕事』に出すかな。……笠原から守ってやっても、意味もないな、あの馬鹿は……」

「そうですね。渡辺建設の社長から声が掛かっていますからね。少し働いて貰うのも良いでしょう。……向こうには…ハーバルと言いましたか…、若いのを2,3人連れてご挨拶にでも行けばよろしい。イツキくんの素性を知れば、向こうから手離しますよ」


黒川の言葉に乗り、一ノ宮もそんな事を言う。小さく鼻で笑い、冷や酒のグラスに口を付ける様子は、冗談を言っているようには見えず
驚くのは、黒川の方だった。


「………は。………それも、いいな……」

「……それか…、………ちゃんと、話すべきですね」
「……何をだよ」



一ノ宮は台上に置かれていた一升瓶を取り、自分のグラスと黒川のグラスに注ぐ。
どこか一ノ宮が怒っている風に感じるのは、おそらく、気のせいではないと思う。

イツキに対して真摯に向き合えない黒川に業を煮やすのは、もう何度目の事だろう。




「…当座の危険は無くなったのだから、帰って来い、と。…俺の手元に戻れと。
他所で男を作らず、戻って来て欲しいと。

このまま向こうに居着かれては、困るのは、あなたでしょう?」




優しく曖昧に、オブラートに包んだような言い方も、もう、面倒になっていた。





posted by 白黒ぼたん at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月12日

一週間・1







「………俺、……そっちに戻ってもいいのかな…、……もう、……いい?」





黒川がイツキの元を訪れた、その一週間後。土曜日。
事は意外と簡単に、動き出した。

お互い、何かを伺っていたのか連絡をしていなかったのだが…、久しぶりに繋がった電話で
イツキが、ぽつりと、呟く。



「………マサヤんトコ。……戻ってもいいのかな?」



黒川は、どうした風の吹き回しかと、一瞬……思う。
先日、酒の席で一ノ宮が話したような事は…、……向こうに居辛くなるような本格的な嫌がらせは……、まだしていない筈だ。



「………そうだな。……笠原ももう、大人しくなったしな…。……そろそろ、いいかもな…」
「…………ん」
「……何だよ、…そっちのオシゴトが楽しいんじゃなかったのかよ?」
「……んー、そうなんだけど…。……やっぱり、そっちが、いいなぁ…って…」



イツキは少し口籠りながら、そう言う。
それは「黒川の傍に居たい」と言い出す事が、恥ずかしいのと、もう一つ




実は、黒川が知らない、事情があった。




posted by 白黒ぼたん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月13日

一週間・2







一週間前。
つまりは、黒川がイツキの元を訪れた週末明け。

イツキは普通にハーバルに出社し、真面目に仕事をこなし、一段落ついた頃
社長に、チョイチョイと手招きされる。



「……はい?」
「ちょっと、話があるんだけど」


奥の部屋で二人きり、改まって切り出された話は……
フェスタが終わり、ありがたい事に注文が増え、仕事量が増えた事。
それに伴い、新たに社員を入れる予定がある事。


「……知り合いのトコが、こっちに何人か回してくれるって言うんだけど。…イツキくん、この先、どうする?
いやいやいや、居て貰いたいのは勿論だよ?……でも、最初の話だと、数か月って言ってたじゃない?……どうなのかな…って。
それによって、補充する人員も、変わって来るからさ……」


言われて、イツキも改めて、今後の事を考える。
確かに、ここの仕事は好きだけれど……、このままずっと、ここに居るものなのか……


「まあ、すぐに返事ってことも無いから。……ちょっと考えておいてくれる?」


言われて、イツキは神妙な面持ちで、頷いた。







「……えっ、辞めちゃうとか無いよねぇ?……イツキくん、ずっとココ、いるよねぇ?」


その日の仕事が終わり、ミカと駅前のとんかつ屋で夕食をとる。後から、林田も来るらしい。
今後の仕事をどうしようかとイツキが相談すると、当然、ミカは引き止めにかかる。





posted by 白黒ぼたん at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月14日

一週間・3







「イツキくん、この仕事、向いてると思うよ。フェスタでお客さんと話してるの見て、思ったもん。……細かい作業だって、嫌じゃないしさー」
「ん。……仕事は、結構、好き」
「じゃあ、いいじゃん。ずっと、いてよー」



豚ロース上とんかつ定食をつまみにビールを飲みながら、ミカはイツキを引き止める。
途中、林田が合流し、ミカの隣りに座り、同じ定食を注文する。
ミカと林田の付き合いは、良い感じに続いているらしい。





「…ああ、人、増やす話ね、聞いてるよ。…そうだよね、イツキくんがずっといてくれるなら、計画も変わってくるよね」
「…でも、そう言われちゃうと…、……そこまで俺、ちゃんと仕事、出来るかなって…」



イツキは小鉢の切り干し大根を食べる手を止め、少し、考え込む。



「………彼氏は?………何か、話したの?」


黒川を知る林田は、覗き込むようにイツキを見る。イツキはふるふると首を横に振る。
週末に会った黒川は、帰って来いとも、仕事はどうだ、とも…何も言わず。ただセックスするだけで、終わってしまった。



「……なんか、良く解らなくて…。聞いても、勝手にしろって言われそうで…」

「イツキくん、もうその彼氏、別れちゃえば?……で、こっちで新しい人、見付ければいいじゃん。………松田さんとか、どう!?」



ミカは冗談で適当な事を言うのだけど、意外と核心を付いていて、イツキは笑った。





posted by 白黒ぼたん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

一週間・4








2,3日、仕事をしながら、今後の事を考える。

ハーバルは好きだ。けれど、いつまでココに居られるかと言ったら…解らない。
今はまだ、半分、お手伝い気分で働いているところもあるが、長く勤めるとなったら、そうもいかないだろう。
そこまで、自分が真面目に仕事が出来るのか…、不安もある。

勿論、住み慣れた新宿に戻りたい。黒川も懐かしい。笠原は大人しくなったと聞いた。
…多少の危険は…付き物だろう。嫌な『仕事』もあるかも知れない。



「…………俺、…………どっちが、いい?」



ひとり、つぶやく。
新しい土地で一人、生きて行くのも…いいかも知れない。それでも…、染み付いた自分の習性が……消せるものだろうか…。



アパートの部屋に戻り、台所に立ち、夕食を用意する。
カンカンと外階段を上がる音がする。台所は廊下に面しているので、音がよく聞こえる。
廊下を歩く音。少し重みのある音は隣の住人のものだと、気付いてしまう。
チェーンが付いたキーホルダーなのか、鍵を取り出すときに、ジャラジャラと鳴る。
バタンと、扉が閉まる。少し、壁が揺れる気がする。




もし、このままこの土地に残るのなら、新しい部屋に引っ越したいと、思う。
このまま、この部屋にいたら、いつか……隣の住人と、……何か間違いが起きる気がする。
突然、扉を開け、押し入られたら…どうやって拒もうか、大声をあげようか…。
玄関先で抱かれたらどうしようか。向こうの部屋に連れ込まれても、困る。



身体は大きいのか、筋肉質なのか、手の平は厚いのか、指先は長いのか。






そんな事を考えて、無駄に身体を熱くして、イツキは、自分で自分を笑った。





posted by 白黒ぼたん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月17日

一週間・5






金曜日。仕事が終わってから松田と、食事に行った。
先日の会食のお礼なのだと言うが…、食事をするたびにお返しがあるのなら、今日のお返しも、また次にあるのかも知れない。

「………コレ、ずっと、繰り返ししちゃうんですか?」

イツキがそう言うと、松田は「それもいいね」と軽やかに笑った。




タクシーで乗り付けた郊外の焼肉屋。
松田はイツキに肉をたらふく食わせ、ビールを勧め、途中途中にオモシロイ話を挟み大いに笑わせる。
イツキの儚い警戒心など簡単に吹き飛んでしまうが、意外と、松田はそれ以上イツキに迫って来ない。
黒川の影がチラつくのか、のんびり攻めようという作戦なのか……、意外過ぎて逆にイツキが、気を遣ってしまうほどだった。



もっとも松田は、この状況でも、十分楽しんでいた。
仕事もプライベートも問わず、セックスをする相手には不自由しておらず、取り急ぎ、イツキにそれを求める必要もなかった。

今はただ、イツキを見ているだけで、面白い。
トングで骨付きカルビを持ち上げ、どうやってハサミを入れようかと悪戦苦闘している様子は、次々に男をたぶらかすという「新宿の黒川の情婦」とはかけ離れていて、
本当に同一人物か、どこが繋がっているのか、まるで謎解きか答え合わせをしているようで、興味深かった。



「……松田さん、笑ってますね?……俺がお肉、切るの、下手糞だからですね?
これは…わざとです。骨の周りが一番美味しいって言うでしょ?
…あとで食べる用に、取っておいてるんです!」


大真面目な顔でイツキはそう言って、さらに松田を笑わせるのだった。




posted by 白黒ぼたん at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月19日

一週間・6







食事が終わり、また二人でタクシーに乗り込み、帰宅の途に就く。

途中の道沿いに、ラブホテルの看板を見掛ける度に、そこに車が入って行くのではないかと…イツキは…固唾を飲み
何事もなく通り過ぎると、ほっと胸を撫でおろし、松田は何を考えているのだろうと…様子を伺い…
気配に気づいた松田がこちらを見ると、慌てて視線を逸らす。

そんな事を、二度三度、繰り返した。





「じゃあね。今度はお寿司にしよう。また連絡するよ」

イツキのアパートの前で、そう言って、にこやかに手を振り、別れる。
ありがとうございました、とイツキが頭を下げる。そして、本当にそのまま、松田は行ってしまう。

遠ざかるタクシーのテールランプを眺めながら、イツキは、……ある程度はそうなる事を期待していたのだと……、自覚し、反省する。


知ってはいるけど、本当に…、自分はユルイ。嫌、と言いながらも簡単に、流されてしまう。



「………駄目だなぁ…、俺。………フラフラして。…結局、松田さんのコト、…待ってるみたいじゃん。……駄目じゃん…。
……こんなんだったら、逆に…、マサヤが傍にいて、目、光らせてくれてる方が…、いいなぁ……」



自分の節操のなさに溜息を付きながら、イツキは、アパートの外階段を昇って行った。




時間は深夜0時。隣の部屋の住人は、まだ帰宅していないのか、部屋は暗い様子。
自室のドアのカギをポケットから探す。少し手元が覚束ないのは、酔いが回っているためか…。





posted by 白黒ぼたん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月20日

一週間・7







鍵を回し、ドアを開く。
部屋の中は真っ暗。明かりを付ける前に玄関の段差に躓き、持っていた鍵を落とす。
拾おうと身を屈める。

瞬間、後ろからドンと押され、前のめりで倒れ込む。



「………ッ、……、な………に……」



すぐに、背中に圧がかかる。うつ伏せで倒れたイツキの背に、誰かが覆い被さる。
押し入られたと当時に玄関のドアも閉められたか、外廊下の僅かな灯りすら届かない。



「………え、………松田さん?……」



最初は何かの冗談だと思った。松田が、やはり追いかけて来て、何か……と思ったのだが、違った。
必至に身を捩らせると、薄闇の中、男の姿がほんの少しだけ見える。


総柄のシャツ……松田はスーツ姿だった……、ゴツイ手の平は叫ぶイツキの口元を塞ぐ。
顔は見えなかったが、……チラリと、金色の髪の毛が揺れた。



「…………っ……ん………んんっ」



隣りの部屋の住人だと思った。そして、自分は襲われているのだと気付いた。

気付いた時にはすでに逃げ道は無かった。

イツキの口元を塞いだ手はそのまま、何かタオルのようなものを、イツキの口の中に詰め込む。
着ていたジャケットの後ろ襟を引き、背中まで下すと、袖がもたつき腕が動かせなくなる。




緩んだ服の裾から、男の手がするりと入って来る。
素肌に直に触れた手は少し冷たくて、その刺激だけでも、鳥肌が立った。





posted by 白黒ぼたん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月21日

一週間・8







「…んっ…んん………っ…」

くぐもったうめき声をあげ抵抗してみるも、まるで意味はなく。
男はイツキの背に抱きつく格好のまま、シャツの裾から手を差し入れ、イツキの胸を触る。
女のように揉みしだく膨らみがある訳ではないが、小さな突起が指先に引っ掛かる。
コリコリと捏ね回し、爪の先で摘む。うなじの辺りにハアハアと、荒い息が掛かる。


「…………んーっ」


うなじから、耳たぶに、ぬるりとした感触が走る。
唾液が滴る舌で、舐め上げているらしい。
ぞくぞくと寒気がし、身体がびくりと震える。
……感じている、……訳ではないが……、それでも、感じる。



男の手は今度は、イツキの尻を触る。
股の間に腕を差し入れ、擦る。そうかと思えば、自分の腰を当て押しつける。
お互い、まだ服は着ていたが、感触は伝わる。
腰を掴まれグッグッと圧を掛けられると、まるで…挿れられているようで
そう、想像してしまわないように、必至で堪える。



ただの一般人にしては、ずい分と手練れている様子だが、気が動転しているイツキにはそれに気付く余裕もない。


勿論、この男は、ただの一般人ではない。





男は、佐野だった。





posted by 白黒ぼたん at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
最近のコメント
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)
黒川危機一髪 by あんこ (09/12)
寿司割烹なか井・5 by ぼたん (09/11)
寿司割烹なか井・5 by はるりん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ひとみん (09/09)
寿司割烹なか井・4 by ぼたん (09/08)
寿司割烹なか井・4 by はるりん (09/06)