2020年12月23日

特別な日・7







真夜中を過ぎた頃、黒川が部屋に帰ると
リビングに、イツキの姿があって、少し驚いた。

イツキは「仕事」の後は、ことさら自分を見られるのを嫌がっていた。
風呂で、隅から隅まで男の匂いを洗い流し、巣箱に籠り、しばらく出て来ないものかと思っていた。

黒川に気付き、イツキは顔を上げ「おかえり」と言う。
黒川も、「ああ」と言い、キッチンで水を一杯飲む。

見ると、リビングのテーブルには、棚の奥に隠してあった大吟醸が置かれ
イツキはそれをコップに注いで、ひとり、酒盛りをしていた。




「…珍しいな。………飲み足りなかったのか?」
「マサヤも飲む?……これ、水みたい」
「……ああ」


黒川がソファに座ると、イツキは空いているコップに酒を注ぐ。
少し、覚束ないのか…、…酒は少し零れ、テーブルを濡らす。
それでもイツキは一向に構うことなく、「はい」と黒川にコップを手渡す。
………急な「仕事」に怒る風でも、拗ねる訳でもなく。何か……奇妙な……感覚。

黒川はコップに口を付ける。イツキを見ると、イツキもコップの残りをぐいと煽り
また、それに、酒を注ぐ。

「………飲み過ぎだろう」

そう言って黒川が笑うと、イツキも静かに微笑んで








「俺、今日、誕生日だったんだ」

と、言った。





posted by 白黒ぼたん at 12:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月25日

特別な日・8







「俺、今日、誕生日だったんだ」


イツキの言葉に黒川は驚いたように息を止め
それに気付かれないように、視線だけをイツキを向ける。
イツキは、もう黒川の返事など期待もしてないと言った様子。
諦めにも似た表情。肩でつく溜息。口元の日本酒は、もう味などしない。


「……誕生日。二十歳の。……ああ、もう12時過ぎたから…終わっちゃったけど。
……まあ別に、一つ歳、取っただけで……何も変わんないけどさ。……お酒だって、もう、飲んでるし。
……だから、別に、……何でもないんだ……」

「………そうか」

「うん」



相変わらず、気遣いの欠片もない黒川の言葉。『それがどうした』と憎まれ口を叩かないだけ、まだましと言ったところだろうか。
それでも、それ以降は言葉が続かず、二人とも押し黙り……



「…………じゃ、俺、寝るね。………マサヤ、バイバイ」



イツキはそう言って立ち上がり、ふらふらと歩き、自分の「巣箱」へ入って行った。






黒川は残りの酒を飲みながら、ふんと鼻息を鳴らす。
この商売、誕生日だろうが、それこそ親が死のうがどうしようが……関係はない。そんな事でいちいち感傷的になっていては、成り立たない。
ガキでもあるまいし、ケーキにロウソクを立てて、歌でも歌って欲しかったのか?……くだらない。

「………馬鹿な奴…」

そう呟いてから、黒川は、イツキがそんなガキのような誕生日を過ごしたのはいつが最後だったのかと…

ふと、思った。





posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月26日

特別な日・9







黒川は、少なくとも去年も、その前も……イツキの誕生日を気にした覚えはない。
自分と一緒に過ごすようになって以来、それを意識した記憶はない。

「………ハタチ、ね……」

ただ一つ歳を重ねるだけの日が、そう大したイベントだとも思えないが
節目の年であれば、多少、重みは違って来る。





「おやすみ」ではなく「バイバイ」と言って
自分の元を離れて行ったイツキ。
ただ、立ち上がるタイミングで、何の気もなく出た言葉にしても
嫌なものだなと、黒川は、小さく笑った。








黒川は立ち上がり、イツキが眠る巣箱へと向かう。
扉を閉めると中は真っ暗。どこかに小さなランプがあったはずだが、今は見つからない。
黒川は、足の先でイツキの場所を探り、踏みつけないように、その横に潜り込む。
シングルのマットレスを敷くのもギリギリの場所。大人二人が寝転ぶには狭すぎる。



「……………イツキ…」



暗闇で、抱き締める。
何も見えなくても腕の中に収めてしまえば、肩も、顔も、どこにあるのか解る。
軽く唇を合わせると、静かな呼気とともに酒の匂いがする。

互いの顔も見えず、酔って寝入ってしまったような
こんな場面でもなければ到底、本当の、思っている事は口には出来ない。





「…………まあ、悪かったな。………お前を、乱暴に扱うのは…、……俺の癖だ。
お前は、何があったとしても俺の傍にいるものだと……思っているからな。
たまに、行き過ぎるとも、思うよ。………すまんな。

…これでも、優しくしてやろうとは…思っているんだぜ?
昔に比べれば、上出来だろう?」






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月27日

特別な日・最終話










「……まあ、もう少しなら……、優しくしてやるよ。
あまりお前の機嫌が悪いのも…嫌だからな。
…朝メシが用意してあるのも、…結構、好きなんだぜ?
美味い下手は別にしてな。………はは。

だから、イツキ。

……俺の傍にいろよ。………な?」






独り言のように黒川はそう言い、最後にもう一度、イツキにキスをする。
その唇が離れると同時に



「…それは…、マサヤ次第だけどね」



と声がして、黒川は……起きていたのか…と、軽く驚く。







「……あんまり、酷いようなら、俺、出て行く。……もう、二十歳だし。大人だし」
「…そうだな、オトナだな…」
「…本気だよ?………俺、すごい今、我慢してるんだからね?」
「ああ。……悪いな。………もう少し、頑張れ……」




珍しく聞く黒川の甘い声色に、イツキは反論する気も失せたのか、後は静かになる。
もともと疲れているのだし、それに酒もかなり飲んでしまった。
あまり良い日にならなかった昨日を、このひと時で水に流せるほど、簡単な物では無かったが

少しは、何かが、進んだ気がして、それで満足してしまった。





ちなみに

満足して寝入ったイツキは数時間後…
飲み過ぎのため、黒川の胸元に嘔吐する。
後片付けはすべて黒川がするのだが
まあ、それ位は、して当然という話。







posted by 白黒ぼたん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月30日

イツキと黒川







年の瀬。
デパート販売員のイツキは、忙しい日々を送っていた。
正社員ではないのだし、あまり厳しいシフトにはしていないのだが
それでも、忙しいものは忙しい。


朝。アラームの小さな音で目を覚まし、隣に寝る男を起こさないように、静かにベッドから抜け出す。
イツキが寝室に使っていた部屋は、………先日、少し汚してしまったため、今は使用禁止になっている。
キッチンで湯を沸かしコーヒーを入れ、夕べ買っておいたサンドイッチを摘まむ。
ローストビーフとレタスとゆで卵。これなら自分でも作れるかも知れない…と、パンを捲って具材を確認する。

「……ああ、でも、このからしマヨネーズみたいなのが…、……味が…、難しいんだよな…」

そんな事を呟きながらふと壁に掛かった時計を見ると、もう、出掛ける時間。
イツキは慌てて残りの分にラップを掛け、冷蔵庫に仕舞い、身支度をして仕事に行くのだった。






何をしているのか解らない黒川は、いつでもまあまあ、忙しい。
昼頃に起き出し、適当にあるものを食べ、事務所に向かう。
一ノ宮と真面目にデスクワークに励む日もあれば、外に出て、人に会ったり酒を飲んだり。
部屋に戻るのは大抵、真夜中。
まず、キッチンで酔い覚ましの水を一杯飲み、リビングのソファで一服してから、寝室に入る。



ベッドでは、すでにイツキが眠っている。


「………ど真ん中で寝やがって……」


黒川はそう言って、笑って、イツキの身体を少し押しやり
空いたその場所に横になる。


腕を、イツキの肩に回すと

イツキはもぞもぞと身体を動かし、黒川の腕の中に、納まった。










年内更新ラストでございます。
この一年、◎スイッチ◎に来てくださり
ありがとうございました。
来年もどうぞご贔屓に。
拍手・コメントなど頂けると
明日の活力になりますので、ぜひ♪

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。
posted by 白黒ぼたん at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記