2021年11月02日

ホテル紫苑・4









バスローブを羽織り、頭からバスタオルを被り、ソファに座るレノンは
佐野が入れた熱いコーヒーを飲んで、ようやく落ち着いたようだった。
イツキと佐野はその近くに立ち、同じコーヒーを啜る。


「…レノンくん、他に怪我は?…どっか、血が出て無かった?」
「血が出たのはクソジジイの方。あんまりしつこいんで、止めろって手ぇ上げたら
ジジイの鼻に当たってさ。…鼻血、出してたよ」


レノンはザマアミロと言ったふうに、ふふんと鼻で笑う。
イツキは佐野と目を合わせ、やれやれという顔をする。


「……まあ、…嫌だろうけど。…こうなってる以上、上手く立ち回らないとね。
結局、自分が痛い思いをするから…」
「我慢しろって言うのかよ。十分、してるよ!これ以上どうしろって言うのさ」


悪態をつくレノン。
痛みが解る分だけ、イツキも、どう宥めようかと悩む。


「…良い感じのフリ、だけでも。それで向こうが満足するなら、それで…」
「フリも何も解らないよ。あんたみたいにケツでアンアン気持ち良くなる変態じゃねぇし」



相変わらずの口調。
まあそれだけ元気なら心配はいらないな、と少し安堵する。



「あんたはいいよね。シュミと実益を兼ねるってヤツなの?」
「…気持ち良くなれた方が楽って訳でもないけどね。どのみち、される事に変わりは無いんだから。
とにかく、身体は…大事にしないと。……佐野っち」



バチバチの新旧売り子対決だなと、半分、面白がっていた佐野は
急に話を振られて、ドキリとする。



「はっ、何っ? 俺?」
「そうだよ。もっとちゃんとケアしてあげなきゃ駄目だよ。それが今の佐野っちの仕事でしょ?」
「…お、おう」








posted by 白黒ぼたん at 19:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月05日

ホテル紫苑・5








「……レノンくんはまだ…慣れてない事も多いだろうから…
身体のケアとか…佐野っちが気にしてあげて?
俺の時だって…汚かったり酷かったり散々だったけど
佐野っち、見てくれたじゃん」

「……そりゃぁ…、お前はその後、ヤラせてくれたからさ……」



佐野の小声にイツキが「…え?」と顔を向けると
佐野は慌てて頭を横に振り、「はいはいはい」と解ったような返事をした。

確かに
イツキの時の佐野の、アフターケアは万全だった。
身体の隅々、奥の奥まで丁寧に洗い、……ついでに、ソコを使わせて貰ったりしていた。
レノン相手に今の所それは無さそうだが
だからと言って放ったらかしで良い訳も無い。

何せ大事な商売道具だ。






「……よしっ、…帰るか。ほらレノン、服、着ろ。風邪ひくぞ。
みんなでラーメン喰いに行くか。なっ」

間が空き、罰の悪さも手伝い、佐野はわざと明るく声を上げる。
散らばっていたレノンの服を集め、手渡し、頭の上のバスタオルでゴシゴシと髪を拭く。

レノンは鬱陶しそうに佐野の手を払い、イツキの顔を一瞬見上げ、小さく鼻を鳴らす。
佐野もイツキも。未だ気に入らない事に変わりは無いが、敵では無いことは…まあ、解る。



「……俺、トイレ行ってから…着替えるから。先、行ってて…」
「おお。裏の駐車場に車、停めてあるからよ。クソもセーエキもローターも、全部ひり出して来いよ」



佐野は、面倒見の良い兄貴になったつもりで、そんな事を言うのだが
レノンも、当然イツキも、苦虫を潰したような嫌そうな目で、佐野を見ていた。







posted by 白黒ぼたん at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月06日

ホテル紫苑・6









「…佐野っち、俺、帰るよ?」
「ええ?何でだよ。一緒に行こうぜラーメン屋」


イツキは佐野と一緒にエレベーターで階下に降りる。
薄暗い壁の照明に浮かぶ、赤い別珍の絨毯。
昔、通い慣れたフロント。観葉植物に隠れたソファ。

あまり、良い思い出のない場所。


「…帰り、遅くなっちゃうし。明日も仕事だし…」
「旨い豚骨背脂の店、見つけたんだぜ?」
「…豚骨…背脂…ギトギトじゃん…」


渋るイツキを説き伏せながら裏口を抜け、駐車場に向かう。


「…レノンと2人きりもなぁ……あっ、やべぇ、忘れた!」




車の前まで来た時に、突然、佐野が叫んだ。
ホテルのオーナーに業務連絡があったことを忘れていたと言うのだ。
「ちょっと行ってくる。すぐ戻る。イツキ、帰るなよな!」
佐野はそう言って、バタバタと慌ててホテルの中に戻って行く。

イツキは、ええ…と少し困った顔で立ちすくみ、それからふうと大きくため息をついた。









暫くして、佐野が駐車場に戻って来ると
車の前にイツキはおらず、レノン一人が立っていた。


「……イツキは?」
「いないよ。帰ったんじゃない」



そう、レノンにぶっきらぼうに告げられて
佐野はまるで恋人にでも振られたように、酷く気を落とした。






posted by 白黒ぼたん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月08日

豚骨背脂ラーメンと消えたイツキの謎









「……ほい、レノン。モヤシ増し。…胡椒、入れるか?」
「……ん」


佐野とレノンはラーメン屋に来ていた。
佐野が新しく見つけたこの店は豚骨背脂。増したモヤシは山盛りで、ドンブリから溢れ落ちそうだった。

二人きり、というのも、どうにも間が持たない。
車の中も、注文したラーメンが出て来る間も、とくに話すことは無かった。
やっと出てきたラーメンと餃子が、やっと、キッカケを作る。


「……レノン、ニンニク、入れるか?」
「…入れない。佐野さん、いつもこんな濃いの食べてるの?…おっさんのくせに」
「ハァ? うるせぇわ」
「…でも、美味しい……」


ずずっと音を立て、レノンは麺を啜る。
憎まれ口を叩いていても、やはり、子供。……仕事の後の温かい食事に、顔を緩める。
よくよく考えなくとも、レノンは、気の毒な子なのだ。
佐野も、いちいち情を掛けていては仕事にならないが、それでもまあ、少しは気に掛けてやってもいい。



イツキとは、違うのだと、解ってはいる。




「……それにしても、何でイツキの奴、先に帰っちゃったかなぁ…」
「…豚骨背脂は…好き嫌いがあるかもよ…。結構、胃に来る…」
「クソ。あっさり醤油にすれば良かったな」
「もしくはあんた、嫌われてるんだろ」




レノンは佐野をチラリと見上げ、少し、小馬鹿にしたように笑う。
佐野は少しムッとしたものの、構わず、自分のラーメンを啜る。

「仕事」の後、イツキとこうやって向かい合い、ラーメンを食べたのが遠い昔のように感じる。
そして、イツキが何も言わずに帰ってしまった理由を、ぼんやりと考えていた。







もちろん。

イツキはラーメンが嫌で、姿を消した訳ではない。







posted by 白黒ぼたん at 20:18| Comment(307) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月11日

佐野の不安









ラーメンを食べ終わり、佐野は車でレノンを送る。
レノンの自宅は少し離れていて、片道、小一時間ほど掛かる。

レノンは「仕事」の疲れと程よい満腹が手伝い、うつらうつら。
赤信号の合間に無防備な横顔を眺め、黙ってりゃ可愛いのにな、と佐野は思う。




それにしても。

イツキは、どうしただろうか。




『明日も仕事で、遅くなるのが嫌で、豚骨背脂は好みではないから、帰る』


確かに、そんな感じの事は言っていたが
それで本当に帰ってしまうものだろうか。
まあ、目の前で帰る素振りを見せれば、全力で引き留めるのだから
自分がいない隙に、さっと抜けてしまうのも、ある話かも知れないが。


直後と、ラーメン屋に入る前と

佐野はイツキに電話を掛けていたが、繋がらなかった。





ちりちりと微かな不安が、佐野の腹で燻る。

それは、脂っぽいラーメンを食べた腹の痛みなのだと

佐野は自分で自分を誤魔化していた。










『…コイツで間違い無いのか?』
『ああ。西崎のとこの金髪が連れてただろう。ガキの男娼なんて、そう何人もいるかよ』





イツキは
知らない場所で、朦朧とする意識の中、
知らない男たちの会話を聞いていた。






posted by 白黒ぼたん at 00:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月12日

少し前









ホテルの駐車場。
佐野が忘れた用事を片付けに、建物に戻ってしまった間
イツキは黒川に電話を掛けていた。

『レノン君は大丈夫。これから皆んなでラーメン食べてから帰るね』

そう伝えようかと思ったのだが
生憎その電話は繋がらず、イツキは、まあいいかとケータイをポケットに仕舞った。





自分の後ろの方で、車のドアが開く音がしたが
あえて、振り返らなかった。

こんな場所なのだし、普通は誰とも、顔を合わせたく無いと思うだろう。
イツキは俯き加減で、佐野が戻るのを待っていた。




直後に背後から抱きつかれ、口元を塞がれ、身体のバランスを崩す。
そのまま引き摺るように、他所の車に乗せられる。
ロクな抵抗も出来なかったのは、相手が二人組で、恐らくそう言った事に慣れていたため。
口元を塞がれたタオルには何か、意識が混濁するような、特異な薬剤が使われていた。

何より、

久しく、この手の乱暴を受けていなかったイツキは
すっかり油断していて、咄嗟の判断が出来なかった。









「…もっとガキかと…思ったが…」
「…こんなモンだろ?……可愛い顔してんじゃん。…暴れるようにも見えねぇけどな…」





男たちの声で、イツキはようやく目を覚ます。
車に乗せられ、どこかに連れ込まれたのだという事は
なんとなくだが、すぐに理解した。









posted by 白黒ぼたん at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月14日

人さらい









腕は上半身ごと胸のあたりでぐるぐる巻き。
口には布を噛まされ、猿ぐつわ。
ベッドの上に放り出されていた。

清潔感はあるが、やや殺風景な部屋。
ホテルの一室という感じではない。
事務所の、仮眠室といった所か。



「…しっかし、親爺さんも物好きだよなぁ。若けりゃイイってモンでもねぇだろうに」



イツキを拐った2人の男は一仕事が終わったとばかり、缶ビールを片手に
下品に笑いながら、話しをしていた。



「ドラ猫を躾けるつもりが、噛みつかれちゃぁな…」
「ただのガキだろ?…それとも、親爺さんが下手糞過ぎたのかな」
「まあ、ともかく…、ちょっとオイタが過ぎたかね」



切れ切れの話から、どうやら…
男達の言う「親爺さんは」は、今日のレノンの相手だったようだ。
コトの最中に暴れ、噛み付き…ああ、振りかざした手が相手の鼻に当たり
出血していたと…確かにそんな事を言っていた。



「シツケ直してやんねぇとな…」



それを恨み、仕返しをする為に、レノンを拐えと指示を出したのだろうか。






「……人違いです…」


と、言おうとしたが、漏れるのは唸り声だけだった。

男達はそれに気付き、ベッドのイツキの傍に歩み寄る。





posted by 白黒ぼたん at 22:46| Comment(316) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月18日

人違い









「…ずい分と、問題児なんだって?キミ?
黒川興行のウリ子さんなんでしょ?。ちゃんと調教されてないの?
ただ、若いってだけのコ?

ウチの親爺さん、ちょっと、怒らせたみたいだねぇ…」




男の一人はビールを飲みながらニヤニヤと笑い、ベッドのイツキの傍に腰を下ろす。
物言いたげに、うう、と唸り、身を捩らせるイツキの、身体に手をやる。

服の上から身体をまさぐり、腰や股間を触る。
耳たぶや頸に顔を寄せてみるのは、今はまだ、ただの嫌がらせだった。




「止めとけ、止めとけ。喚くばっかりなんだろ、コイツ」


離れた所のもう一人が、そう言う。
『黒川興行の若い男娼は、酷くタチが悪い』と、噂が出回っているらしい。
それは、レノンの事なのだろうと、イツキは男に目で訴える。
首を横に振ってみるが、男には何も伝わらない。



「へへ。口、塞いでりゃ、悪態もつけないだろ。
何、ちょっと、からかうだけよ。サエキさんが来るまでの暇つぶしにな…」

「お前も物好きだなぁ。慣れてない男のケツなんて、俺は勘弁だけどなぁ」

「親爺さんも誰も、ヤリ方がマズイんじゃねぇの?
シャブ塗ってバイブ突っ込んでおけば、いくらなんでもユルくなるだろ?」






そう言って傍の男は

カチャカチャとイツキのズボンの

ベルトに、手を掛けていた。







posted by 白黒ぼたん at 00:28| Comment(320) | TrackBack(0) | 日記

素直な感想








大体の事情は解った。

レノンは仕事中に暴れ。
相手は一旦はホテルから立ち去ったものの、怒りは収まらず
報復でも考えたのか、手下に、レノンを連れて来るように指示。
手下はホテルの駐車場で待ち伏せていたところ…

送迎役の西崎組の金髪と一緒にいた、それらしい少年を見つけ

一人になった隙を狙い、連れ去ったようだ。






『俺じゃ無いです。違います』


と、イツキは猿轡の下から必死に訴える。
身を捩らせても、上半身を拘束するロープは外れず、男に、足の上に乗られては、どうする事もできない。

頭の片隅で、まあ、間違われるのも無理は無い…とも、思う。
繁華街の片隅。昔ながらのラブホテルの駐車場で、
チンピラ風情の佐野と一緒に「自分」がいたら、まず、そういった商売の子なのだと思うだろう。

立ち方も、目の伏せ方も、溜息も

自分であまり自覚は無いが、まあ、……そうなのだ。







「……へー…、流石に…お高いだけ、あるよなぁ…。
見ろよ、ツルツルだぜ。…可愛いもんだ……」



イツキの上に跨った男は、イツキのズボンと下着を下ろし

露になった局部を見て、触って、素直な感想を口にした。






posted by 白黒ぼたん at 22:18| Comment(49) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月22日

その頃の黒川










その頃の黒川はと言えば
…人と会う重要な仕事をしていて、少々、忙しかった。
『レノンが心配で、佐野とホテル紫苑に向かう』と
少し前にイツキから連絡があり、気には掛けていたのだが…

…まあ、こちらも忙しい。
「佐野」も「ホテル紫苑」もどちらもイツキにとっては慣れ親しんだものだ。
間違いは……あっても大した事は無いだろう。
そう楽観的に構えていた。




「……これで契約書は整いましたね。黒川さん。よろしければ向こうに一席設けていますので…」
「…それは、…どうも…」




場所を変え、軽く一杯付き合う。
途中、内ポケットのケータイが着信を告げたが、それには出そびれてしまった。

取引相手の男は豪快に笑う大男で、大酒飲みの女好き。
黒川に接待とは名ばかりで、早々に自分が出来上がり、黒川にも酒と女を勧めた。



それからまた暫くして、ケータイが着信を告げる。
今度の電話には出ることが出来たが、生憎、周りが煩さ過ぎた。
ディスプレイには『愛川商会』。今日のレノンの相手先。
話をしているのは実際の客ではなく、その部下のサエキという、黒川も知っている男だった。






『……ああ、黒川さん?……ん?お楽しみ中かな、悪いね。はは。
いや、お宅のレノン君、ちょっと躾がなって無いかなって。親爺さんがね……ああ。
……そんな訳で、……もう少し、遊ばせてもらうよ。
……まあ、酷い様にはしないからさ…。じゃあ……』






切れ切れに聞こえてくるのは、そんな話だった。
もう少し詳しい内容を聞こうと思ったが、隣りに座る女がグラスの酒を溢して、それどころでは無かった。








posted by 白黒ぼたん at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月25日

その頃の佐野っち









ラーメン屋を出た佐野は車で、レノンを自宅まで送っていた。
レノンの家はやや郊外。行って戻ると2時間ほどは掛かるのだが…
…さすがに、未成年を、そんな仕事で使っているだけあり…
せめて送り迎えだけは面倒を見てやっている。…と言うか
監視と言うか連行と言うか…常に誰かしらを傍に付けているのは
相手を思いやって、よりも、万が一に備えたこちらの保身の意味合いが強かった。



ともあれ
文句を言いつつ、今も、それは佐野の仕事で。

助手席でうつらうつらとするレノンを横目で眺めながら…
こいつも、黙って寝てればカワイイのにな、などと思っていた。




ナビ替わりにハンドル横に据えてあったケータイが鳴る。
あまり運転中に電話には出ないのだが、さすがに相手が「黒川社長」となれば話は別。

丁度目の前にコンビニがあり、佐野は車を駐車場に入れ、電話に出た。





「はいっ お疲れ様っす、社長」
『……佐野。今、どこだ?』
「…え、…立川っす。……レノン、送ってます」
『レノン…、…レノンが一緒にいるのか?』


黒川はどこか賑やかな場所にいるのか、それとも郊外で電波が悪いのか…声が遠い。
佐野はケータイを耳に押し当て、大声で話し、その声でレノンは目が覚める。



「え…、レノン、隣にいます。もうすぐ家っす…」
『……イツキはどうした?』
「あいつは帰りましたよ。…ホテルで…俺ら、別れて…」
『一人で帰したのか…?…』




その後黒川は何か話しかけたようだったが、聞き取れない内に電話は切れてしまった。

ただの現状確認なのだろうかと佐野も通話を終えるも……何とも言えない不安感が残る。


イツキは…濃厚こってりラーメンが嫌で…帰っちまったんだよなぁ…と、自分自身に言いくるめていた。










posted by 白黒ぼたん at 00:00| Comment(312) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月26日

その頃のイツキ







その頃のイツキの状況は、あまり良いものでは無かった。

上半身は腕ごとロープで拘束され
口元には猿ぐつわ。
拉致された時の薬品はすでに揮発しているようだが、それでもどこか、朦朧とする。

ベッドに放り出されて、下半身は、すでにズボンも下着も脱がされていた。

足を少し開いた状態で、その膝の上に、男が跨る。
男は露になったイツキの局部を弄っていた。



潤滑剤に危険なものは使われていないものの
滑りの良いジェルを塗られて、節のあるディルドを挿入され
中を、くちゅくちゅと掻き回される。
イツキの身体はその都度律儀に反応し、あちこちをピクリと揺らし

男はそれを見て楽しんでいた。





「……コイツ、反応、いいぜ?…面白れぇ…」
「話じゃ、全然、感じが良くないって言ってたけどな。…ふぅん?」
「親爺さんが下手糞過ぎたんじゃねぇの?……ほら、これだけでイキそうじゃん?」



そう言って男は笑いながら、焦らすようにゆっくり、玩具を出し入れする。
イツキはくう、と鳴き、頭を左右に振り、身体を揺する。
もう一人の男が興味深そうにイツキの顔を覗き込み、髪の毛を掴み、顔をこちらに向けさせる。



イツキは精一杯、睨んでみせるのだが

涙を溜めた視線はただただ、男たちをその気にさせるだけだった。






posted by 白黒ぼたん at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月30日

サエキさん









レノンは、若くて見た目が良いからと言って、この「仕事」に向いている訳では無かった。
イツキですら、それは解る。
それでも「仕事」をしなければいけないのなら、振りでも演技でも何でも
自分が楽になるための対策を取ることは必須なのだと思う。

嫌で、本当に嫌で、感情のまま相手を拒否し続けるレノンは、それをしない。
愚かだと思う反面、羨ましくもあった。
自分の我を通し続ける強い意志。プライド。
イツキにもそんな気持ちが無い訳ではないのだが

いかんせん。身体が、緩過ぎる。
心より先に、身体が落ちてしまう。







「ああ、サエキさん、お疲れ様っす。…どうでしたか?親爺さん?」
「いやぁ、駄目だな。骨まで行ってたわ。あの人、前にも鼻、潰してるからさ…」




部屋に、もう一人、男がやって来た。
サエキと呼ばれた男は、イツキを拉致した男たちの兄貴分。
レノンの今日のお相手の側近。組ではナンバー2の男だった。


「…そんな訳で、ちょいとお勉強して貰わないとなぁ。…ガキんちょの様子はどうよ?」
「はは、可愛いモンですよ。聞いた話しとは随分違う…」
「…うん?」



サエキは取り敢えず缶ビールを一本開け、口を付けながら、ベッドの側まで行く。

そこでは、もう1人の男が目の前の獲物を姦通しようと
自分のズボンのベルトに手を掛けている所だった。






posted by 白黒ぼたん at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記