2015年06月03日

カウントダウン






火曜日の昼休み、食堂では梶原と大野が顔を突き合わせていた。
イツキは、今日も欠席らしい。
相変わらず不安定なイツキとは、おそらく、三学年ではクラスが別になる。
いよいよ勉強に本腰を入れなければいけない梶原は、解ってはいるものの、寂しさを隠しきれなかった。


「……あいつ、大丈夫かな。新しいクラスで、やっていけるかな…」


梶原がそう言うと、大野は紙パックのコーヒーのストローを咥えたまま、押し黙る。
過保護で世話焼きな梶原に、多少、呆れているといったところだろう。


「…大丈夫だろ。…それに俺たち、もう、そんな事に構ってられないと思うぜ」
「大野、お前、意外とサバサバしてんのな。…イツキの事、気になんないのかよ」
「…なるけど。…気にしたって仕方ないだろ…」


そう言って、今度は二人とも押し黙る。





お互い、イツキに、友達以上の感情を抱いていることは確かなのだけど、同時にそれが何の意味も持たないことも知っている。


それでも


大遅刻のイツキが食堂に現れ、梶原と大野に向かって手を振る姿を見ると、無性に切なく胸が苦しくなるのだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137461674
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・21 by ぼたん (12/09)
フェスタ・21 by はるりん (12/07)
フェスタ・19 by ぼたん (12/05)
フェスタ・19 by はるりん (12/04)
フェスタ・18 by ぼたん (12/03)
フェスタ・17 by ぼたん (12/03)
フェスタ・18 by はるりん (12/03)
フェスタ・17 by はるりん (12/01)
フェスタ・14 by ぼたん (11/27)
フェスタ・14 by はるりん (11/27)