2008年05月23日

ゆるやかな牢獄

起きていた時には朝だったのに
気が付いたら夜になっていた。
その合間にはあいつが来ていて
オレを好き勝手に弄んでいた。

ベッドから起き上がるために、腕に絡まったロープを解いた。
逃げ出す訳はないのに、よく、こんなコトをされる。
どこかに繋ぎ止めていないのに、両手の自由を奪われただけで
簡単に、感じてしまうオレもオレなんだけど…

「…あの…バカ。…固結びじゃんか…」

なかなか解けない結び目に苦戦している時に
あいつが寝室に戻ってきた。
自分だけシャワーを使って、何食わぬ顔でオレを見ると、馬鹿にしたように鼻で笑った。

「何してるんだ?」
「…見ればわかるだろ。…これ、取ってよ」
「どうせまたすぐ結わうんだ。このままでもいいだろう?」
「腕、痛いんだよ。取ってよ」

両腕を差し出して睨むオレに、あいつは近寄って
乱暴にその腕をベッドに押し付けた。
オレの体は半身ひねる様に、ベッドにうつぶせになる。
そして、その無防備な背中に、あいつは、唇を這わせてきた。

「……やっ…」

一瞬で痺れが走る。
すっかり冷めていたはずの身体が、ザワザワと音を立てた。
posted by 白黒ぼたん at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15202005
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)