2015年07月23日

佐野の役目・3







やはりマンションの部屋ではなく、ホテルに来て正解だったと思う。
イツキは必要無いのではないかと思うくらい、大きな声をたて、自分自身を煽っているようだった。



『…佐野っち、もっと、もっと…。俺、……壊して…』



そう言って、佐野にしがみつき、自分から腰を振る。
佐野が少しでも手を緩めようものなら、佐野の頭に手をやり、髪の毛をくしゃりと掴み、『…それだけ?』などと挑発する。




そうかと思えば…



佐野が調子よく自分の快楽にかまけていると、いつの間にかシクシクと泣きだす。




『……どうしよう…』
『…え?……は?………イツキ、何?……もう、イきそうか?』
『……どうしよう。……俺、もう……いらない子になっちゃう。俺が…こんな事してる、理由……もう、ない……』



そしてまた、自分を追い込むように身体をくねらせ、わざとあえて、大きなヨガリ声をあげる。


どうしても頭をよぎる、嫌な考えを、流してしまうように。





posted by 白黒ぼたん at 21:26 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/155909288
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)