2015年09月20日

幸せボケ






それから数週間は、意外と穏やかに過ごすことが出来た。
4月の始めの学校は、色々な説明や集まりごとに忙しく、それが逆にありがたかった。
同じクラスといっても、朝の学活で顔を合わせるくらいで、後は専門の教室へと移動していく。
おそらく成績が同じくらいであろう清水とも、選択した学科が違うのか、あまり、一緒になる事は無かった。


昼休みなどに偶然、うっかり、教室で鉢合わせてしまう事もあったけど、

まだ、何も。イツキが心配するような事柄は、起こっていなかった。




「待て、待て、待て、イツキ。一緒に帰ろうぜ。俺、あと、ちょっとだから…!」

午後の授業が終わり、イツキが帰り支度をしていると、他の教室から戻った梶原がそう声を掛ける。
バタバタと自分の荷物を片付け、ノートを探し、『これ、出してくるだけだから!』と言って、また教室を出て行った。


イツキは…どうしようかとも思ったのだけど…まあ、いいかと、椅子に座り直す。
窓の外には夕日などがそれらしく光り、グランドの向こうから、部活動の生徒の掛け声が聞こえる。






あまり、自分から、どうこうしようとは、考えないようにしていた。
学校も、梶原との距離も。

黒川とも。


一緒にいたければ、いれば良いし、嫌なら、また考えればいい。

そんな風に考えてしまうくらい、

イツキは、一時の幸せに惚けていたのかも知れない。




posted by 白黒ぼたん at 17:59 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164025731
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)