2015年09月30日

金曜日・6







お互い、聞きたい話はあるはずなのに、言葉を選んでいる内に口数が少なくなってしまう。
店内の隅で賑やかに興じられるダーツを眺め、ジュークボックスから流れるカントリーミュージックを聴く。



梶原は、イツキが清水と決別した直後、…だと思われる時期を覚えていた。
イツキはふわふわとどこか、心が散って無くなってしまったような様子で、それでも生きている拠り所を探すように、ケータイの画面ばかりを覗いていた。
確認した訳ではないけど、それは、清水からのメールだったのだと、解った。


2人の別れは、本意なものでは無かったのかも知れない。


イツキが何かを吹っ切るように、勉強に身を入れ始めたのも、その頃なのだ。





「……イツキ、今、頑張ってるんですよ、勉強とか、色々。だから、あんまり、邪魔しちゃ……」
「何だよ。俺が邪魔者だって言うのかよ?」
「いやっ、…そういうんじゃなくて……」
「別に今すぐ、どうこうしようなんて、考えてねぇよ。……ただ、本当の所はどうだったのか、……気になってるだけだ」



そう言って清水は、また、イツキを見る。
そして、「……少し、酷い事、しちまったからな」と、言ってみるのだった。



唐突に別れを告げられ、父親との情事を見せられ、直後は酷く恨み、蔑み、なじったものだった。
売り言葉に買い言葉で、金で、イツキを買った事もあった。



その時には、それも仕方なかった事とは言え、
過ぎてしまえば、やはり残るのは、愛しい気持ちばかり。





posted by 白黒ぼたん at 22:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164731270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)