2015年10月02日

金曜日・7







清水は徐にポケットから煙草を出し、火を付ける。
あまりに普通の動作に、梶原は今更、目を丸くする。

「…ま、アレだ。そういう訳だから、お前はイツキに関わるなよ。イツキは……」

煙草を口にくわえ、解り易く、梶原の顔に煙を吹きかける。

「俺に、…権利がある」
「……は?……何ですか、それ? 何の権利ですか!」
「俺の方が、イツキを良く知ってるって事だよ」
「俺だって、知ってます!」


紫煙に顔をしかめながら、負けじと梶原も声を荒げる。
「知っている」と言ってみたものの、清水の言う通り、知らない事が多すぎる事は解っている。

イツキと清水が過ごしたであろう、濃密な2人だけの時間は、梶原には、想像すら出来ない。



「……知らねぇだろ?お前。……イツキが、本当は…、どんなヤツなのか」




そう言って、清水はあからさまに、イヤラシイ笑みを浮かべる。
確かに梶原は……セックスの最中のイツキの顔も、身体も、……今までにどんな事をされて来たかも…知らないのだけど。





「……そんなの、必要ないでしょ」
「……ん?」
「俺は、今のイツキが好きで、一緒にいるんです。一緒にいて、一緒に色んなこと考えて、友達でいるのに、権利も何もないでしょ?」


梶原の強い語気に、一瞬、清水は険しい顔を見せ、梶原を睨みつけるが
それ以上、梶原を攻撃するでもなく、煙草の煙と共に溜息を付いて、
「…は。…気楽でいいな、お前は…」
と、呟くのだった。




posted by 白黒ぼたん at 21:05 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164872142
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)