2015年10月16日

厄介な仕事







「……じゃあ、結局は俺が悪いって事?……普通に、道、歩いてただけだよ!」
「…そういう事だろうよ」
「どういう事?」
「いるだけで、そういう目に遭うという事だ。…諦めるんだな」



めずらしく甘い雰囲気でリビングのソファで抱き合い、
そこでは場所が狭すぎると、ほぼ、お姫様抱っこ状態で寝室に連れられ
ベッドの上で、頭の先からつま先まで、念入りに愛撫されていたのだけど

ちょっとした黒川の軽口から、また、言い合いになってしまう。

突然車に押し込められ乱暴されたのだから、無条件で慰め、優しくしても良いだろうに
こんな時ですら、この男は、イツキを許さない。


「……だって、……マサヤの知ってる人なんでしょ?相手。マサヤと喧嘩したから、俺のとこ、来たんでしょ?」
「おそらくな。確証は無いが…。……お前が顔も確認しないからだ」
「見れる訳ないじゃん!急にだったんだから…。俺…、すごい…、怖かったんだから!」
「そんなタマかよ。もっと酷い目にだって遭っているだろう?」




そう言って、黒川は、さすがに言い過ぎているかと……イツキを伺う。
イツキは黒川の暴言に怒ると言うよりは…驚いて、目を丸くして、黒川を見る。
ここには黒川を諌める一ノ宮も、もういない。



やがて、イツキの目から、ぽろぽろと涙が零れ落ちてきて


それを収めるのは、黒川にとっても、厄介な仕事だった。




posted by 白黒ぼたん at 22:23 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165869035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)