2015年10月21日

不憫な子






一ノ宮に車で送ってもらい、イツキは自分の部屋に戻る。
窓を開け、洗濯物を洗濯機に突っ込み、簡単な掃除をする。

ケータイを確認すると案の定、梶原からの心配メールが入っていたので
『大丈夫。明日は学校に行くから』と返事をする。
学校用のカバンを開き、教科書やノートをぱらぱらとやって、頭をそちらに戻す。


つい一昨日自分の身に起きた忌まわしい出来事は、すっかり、よくあるちょっとした事故のように…なっていた。



夕方、早い時間に、風呂に入る。
まだどこかに傷があるようで、少し痛みがあったけれど、それもすぐに慣れる。
風呂上りにはソファに座り、缶ビールを飲んで、テレビを見る。
好きなバラエティ番組の曜日と時間を、やっと覚えて、それを見て笑う。


布団に潜ると、あっという間に眠りに落ちる。
新品のシーツは気持ち良くて、明日こそは、多分何か、良い事があるような気がした。






けれども、真夜中に、急に目が覚めて飛び起きる。
心臓が痛く、苦しく、酷く怖くて、訳の分からない不安に押し潰されそうになる。
覚えてはいないけれど、悪い夢でも見ていたのか、涙がダラダラと流れ、身体が小刻みに震えている。


吐き気がして、トイレに駆け込み、しばらくの間そこで、うずくまっていた。




posted by 白黒ぼたん at 22:46 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166179723
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)