2015年11月06日

気分転換・2






「4人いるんだしチーム戦な。俺とイツキ、あと、お前ら」
「…そんなの、勝手に決めないで下さいよ。…じゃんけんしましょう!」


勝手に組み分けされては困ると梶原は意気込んだのだけれど、じゃんけんの結果は…
イツキと大野、そして清水と梶原と、一番、どうしようもない事になってしまった。

お互い、足を引っ張るなよと威嚇し合い、うっかりスプリットを出した時には
殴りかかるのではないかという程、険しい表情になる。
同じチームとは思えない、殺伐とした雰囲気の中、ゲームは進む。




「……梶原、馬鹿か。さっきから左のワンピンだけ残しやがって」
「……先輩の見せ場、作ってあげたんですよ。……取れるんでしょ?あれ位」


そうして見事、清水がスペアを取ると、清水はガッツポーズをとり梶原の元へ…は、向かわず、イツキの傍に行って、ハイタッチを求めるのだった。



イツキはと言えば、当然、下手くそで、ガーターばかり出している。
そこそこ上手な大野がスペアを取ったとしても、次がまたガーターでは、どうにもならない。


それでも、イツキは、笑い、派手なストライクの音に、手を叩いて喜ぶ。
その姿が見られただけで、今日のボーリングは、まあ、来てよかったと思えるのだった。




posted by 白黒ぼたん at 20:13 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167271761
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)