2015年11月11日

気分転換・最終話






ボーリング場が入っているビルは駅の目の前なのだけど、イツキは疲れたからと、タクシーで帰ると言う。
それは勿論、半分は本当だったけれど、下手に電車で帰るとなると、誰かしらが送って行くと言いかねないからだった。


「…あっ、タクシー来てる。……じゃあ、行くね」


バイバイと、イツキは手を振り、慌ただしくタクシー乗り場に向かってしまった。
残された男三人は少し呆気に取られて、それからお互いの顔を見回してみる。


「……先輩。……さっき、イツキに、何か言いましたか?」
「…んー?さあな。……じゃあ、俺も行くぜ」


梶原の問いを適当にはぐらかし、清水もまたどこか、人混みに紛れて消えてしまった。







イツキは1人、無事に部屋に帰る。
シャワーを浴び、部屋着に着替え、お腹が空いたからとカップラーメンと作る。
ソファに座り、3分間待ちながら、テレビをカチャカチャとやって
清水と梶原は、ボーリングで何の話をしていたのだろうかと考える。

「……先輩、あのキスは、…ズルい」

思い出して、少し、ニヤニヤしてしまう。



その夜は珍しく、黒川の事も、自分がレイプされた事も、他の心配事も、思い悩むことはなかった。
身体の疲れもあって、ラーメンを食べ終わるとすぐにベッドに入り、朝までぐっすり眠ったのだった。





posted by 白黒ぼたん at 20:36 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167600440
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)