2015年12月02日

寝ぼけイツキ







真夜中に黒川はベッドから起き、台所で水を一杯飲む。
リビングのソファに掛けてあった服を羽織り、とりあえず、煙草に火を付ける。

結局、イツキを送り、そのままこの部屋に上がり込んでしまった。
夜に予定していた仕事をすっぽかし、一ノ宮はさぞかし怒っているだろうと…苦笑する。


寝室の扉が開き、イツキが出て来る。
イツキは寝ぼけた様子でふわふわと歩き、トイレに向かい、少しして出てきて、また寝室へ向かう。

扉に手を掛け…、そのまま動きを止め、何か、考えている風で…、一度、寝室を覗き込んで、おもむろに振り返って、
ソファに、黒川が座っているのを見つけて、ひどく驚いた顔をした。


「……なんだ?」
「あ、……ううん。……そっか…、……うん」


イツキは一人、納得したような返事をして、照れくさそうに笑う。
どうやら本気で寝ぼけていたようで、黒川がここに来た事を、忘れていたようだ。



「馬鹿か、お前は。数時間前の事も覚えていないのか」
「……だって、マサヤ、ベッドにいなかったし…。…あんまり、ここにいるって…、感じ、ないし……」
「…だからと言って……」
「……さっきも、いいばっかりで……、……夢かと思った…」



そんな風に言って、イツキがまた微笑むものだから
あやうく黒川は、この夜も、イツキと離れる事が出来なくなる所だった。





posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169153681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)