2016年02月01日

久々週末・6






「……佐野っちだよ」
「…ん?」




一通りコトが終わり、黒川の後にイツキもシャワーを済ませ、タオルで髪の毛を拭きながらまた寝室に戻って来る。
ガウンを羽織り、ベッドの縁に座り、煙草をふかしていた黒川に、イツキが頼まれてもいない告白をする。



「……マサヤが横浜に行ってた日。……なんとなく…。ごめんなさい…」
「そんな事、いちいち言わなくても良いと言っただろう?」



黒川は少し不機嫌そうにイツキを睨む。
イツキは構わず、まるで自分自身への謝罪のように項垂れ、そのままベッドの黒川の隣に上がる。

擦り寄る猫のように身体を触れさせ、くっついたまま、丸く寝転ぶ。



「……怒ればいいのに」
「それはお前の都合だろう?俺に怒られれば、それで謝罪が済むと思っているんだろう?」
「……もっと、気にしなよ、俺のこと。……ヤキモチとか、焼けばいいのに」



そんな事をイツキが言うので、黒川は少し驚き、傍らのイツキを見下す。
寝ぼけているのか、まだ余韻で頭がおかしいのか、様子を伺う様にイツキの顔に手を伸ばす。



すかさず、イツキは、その手を取り、口元に当てるようにして



「……煙草の匂いがする」



と、言う。





その数秒後には、黒川はまた、イツキを抱いてしまうのだった。




posted by 白黒ぼたん at 21:37 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173234820
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)