2016年03月07日

簡単な罠・4






眠気を感じたのは、腹が満たされたせいかと思っていた。
食事もあらかた終わり、そろそろ席を立とうかと思ったのだが、身体が重い。
酒や、食事に薬を盛るなど、そんな類の事を言ってはみても、本当にそんな事をされるとは考えていなかったのは、
やはり、加瀬が、教師だから…という事もあったのだろう。

もっとも、イツキの体調の変化はゆっくりと、ごくごく僅かだったので、イツキ自身、それを疑うことも無かったのだけど。



「……俺、……帰ります…」
「そう?…眠たそうだねぇ、ちょっと休んで行けばいいのに」


笑う、加瀬に、イツキは首を横に振る。
これ以上長居をしては、本当に寝入ってしまいそうだった。






「……ああ、丁度良かった…」


イツキが「ごちそうさまでした」と言って席を立とうとした時、短いノックと同時に、扉がガラリと開く。
加瀬は、その客が訪れる時間を知っていた様で、グラスの酒を煽りながら、そう呟く。



それは、店の従業員でも、見たこともない男でもなかった。



男は、部屋に入って来ると、立ち上がろうとしていたイツキの肩を押さえつけて、また、席に座らせる。
そして自分もそのままイツキの隣に座り、親しげに、加瀬に挨拶などするのだった。




posted by 白黒ぼたん at 21:16 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174375615
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)