2016年03月22日

残業黒川






横浜での仕事が一段落ついた黒川は、事務所に戻り、
残った、細かい用件を、渋々片付ける。
ヒトや、モノを動かし、利益や欲や羨望を集めるのは面白い仕事だったが、それに伴う事務的な作業は、どうにも性に合わなかった。


「…とりあえず会長にご挨拶はしないと…。ああ、その企画書にも目を通しておいて下さい。…テナントの候補もすでにいくつか…」
「解った、解った…」




一ノ宮に言われるまま、黒川は真面目にデスクに向っていたのだけど
しばらくすると、手に持っていた書類をばさりと投げ、ふんと鼻で息をする。



「今日はもう、止めだ。くだらん」
「…社長。…週末には契約まで持って行くのでしょう?」
「お前がやっておけ」
「出来る事はしています、後は、あなたの仕事です」


黒川は書類の山に目をやり、もう一度、ふんと大きく鼻で息をする。
…横浜でアレコレ仕事が増えた事もあり、拠点を持とうと、ビルを一つ購入することにしたのだけれど、
元々の利権者や、そこいら一帯の元締めや、近隣の勢力関係など、整えておかなければいけない問題は多い。


「……クソ」



黒川は悪態をつき、気を紛らわせようと、煙草に手を伸ばす。


そして、早いところ、この仕事を終わらせて、


部屋に帰り、イツキを抱こうと、思っていた。





posted by 白黒ぼたん at 23:27 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174595318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)