2016年04月01日

傍耳






「……だいたい、マサヤはズルいよ」
「うん?…何がだよ?」
「結構、酷いと思うんだよね、俺の扱い。…雑って言うかさ…」
「…偉そうに…、お前ごときが…」



マンションの近くにある終夜営業の定食屋で、2人はモーニングを食べていた。
席の周りにはこれから出勤しようかというサラリーマンが座っていて
朝にしては艶っぽい2人の会話に、傍耳を立てる。



「…そう言う、言い方がさ…。…俺、昨夜も言ったけど…、ちゃんと頑張ってるよ?
マサヤの言うこと聞いて…、オヤジとだって…、エッチするでしょ?」
「仕事…、……俺の仕事の手伝いは…、お前がしてもいいと言い出したんだぞ?
その分、お前だって、自由にヤッてる」
「そうだけどさ、……そうじゃなくて…」



イツキは、ご飯の上にカツの卵とじを乗せ、掻き込む。
黒川は、相変わらずのイツキの食欲に、何故か嬉しそうな顔をして、味噌汁を飲む。

隣の席のサラリーマンは、思わず、2人の様子を二度見する。



「……普段は意地悪なのに…。……たまに…昨夜みたいに…、されたら、俺…、怒れなくなっちゃう。
あんな風に…、優しくするの…、……ズルい…」

「仕方ないだろう。お前が可愛く鳴くのが悪い。……お前、ケツの穴、舐められるの、本当に好きだからなぁ…」



黒川の言葉に、イツキは箸を持ったまま、…昨夜の出来事を思い出してか、顔を赤くする。



「……帰ったら、もう一度、してやろうか?……何度でも、イかせてやるぜ?」



そして最後の言葉に、耳まで赤くし、持っていた茶碗を床に落としたのは
隣に座っていたサラリーマンだった。





posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174719104
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)