2016年04月04日

大欠伸






思わず、
清水が見入ってしまう程、それは立派な大あくびだった。
当のイツキは見られているとは気付かず、一緒に出てしまった涙を手の甲で擦りながら、んんん…と、唸り声を洩らす。
それからもう2,3回、中途半端なあくびをして、それでも晴れない眠気に、困ったように首を振って、
机の上に両腕を投げ出して、猫の様に伸びをして、
顔を上げたところで、ようやく、清水と目が合ってしまった。


「………あ…」
「…お前…、……相変わらず…、面白れぇな……」


清水は半分笑いながら、そう言う。
イツキは少し恥ずかしかったようで、それを誤魔化すように、唇を尖らせて余所を向く。


「何?…お疲れ?」
「…別に、疲れてなんて、ないです」
「はは。…お盛んだな。黒川さんが、離さないってカンジ?」




清水はイツキの顔を覗き込むようにして、そんな嫌味を言ってみるのだけど
イツキの反応は、清水が思っていたものと少し違っていた。



イツキは、黒川との一夜を思い出してか、はにかんだ笑みを浮かべ
「………ん」、と
艶っぽく、返事をするのだった。





posted by 白黒ぼたん at 21:37 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174765162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)