2016年04月13日

奇妙な友情・終







「…そっか」


梶原の話を大人しく聞いていた清水は、一言、そう言って、……また手元のグラスを一気に飲み干す。
さすがに飲み過ぎではないかと、梶原は心配そうに清水の顔を覗き込む。



「……結局、俺がビビッて手を引いた隙に、また、ヨリを戻しちまったって訳か…」
「…え?」
「…黒川さんとさ。……ああ、クソ」



清水は、
大きくため息を付いて、そのままひっくり返る様に後ろへ倒れる。

梶原ごときに言われなくとも、うすうす、解っていた事だった。

アレも、コレも、自分を遠ざけるための策略だった。

イツキの虚言に乗り、黒川や西崎の思惑通りイツキと距離を取ってしまった。

ようやく気が付いた所で、すでにイツキは、黒川に戻ってしまった後なのだ。




天井の電球がまぶしいと言う風に、清水は顔を手で隠すのだが、それはまるで泣いている風にも見える。
梶原はテーブルの上を片付けるフリをしながら、清水の様子を伺う。



「……清水さんって、意外と…、可愛いとこがあるんですね」



うっかり、そう口を滑らせてしまい、その後、大変な反撃を食らうのだった。







posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174882532
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)