2016年05月12日

口癖






「いらないのなら、俺に、譲れよ」




それが吉村の口癖だった。

黒川がイツキを粗雑に扱い、モノの貸し借りのように他の男に……、自分に、預ける時に、よく口にしていた。
すると黒川は決まって、「アレはそんなにイイ物じゃないぜ?」と言うのだけど
それならば、譲れよ、と、吉村は思う。


黒川は、本当は何よりも誰よりも、イツキを必要としているのだろう。
それが、一般に言う、恋愛感情とは違うものだとしても。
優しく想い、いたわるかどうかは別として、無くてはならない存在だというのは、確かなようだった。





「イツキ。いつでも俺の所に来て良いんだぜ?」

それも、吉村の口癖だった。
コトを終えた後、ベッドの上で、毛布に包まりながらまどろんでいるイツキに、吉村がそう声を掛ける。

「………ん。……吉村さん、優しくて、すき」
「だろう?黒川なんぞ捨てて、俺の所に来いよ」
「………ん。………マサヤ、意地悪なんだもん………」


イツキはそう言って、目を閉じる。

イツキもまた、愚痴を零しながらも、黒川とは離れられないのだと、解る。
いくら自分が抱き、尽くしてやっても、気持ちの行き着く先は、黒川なのだ。



つくづく、この2人は、
性質が悪いと、吉村は思っていた。





posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175265048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
記録・1 by はるりん (09/29)
夜伽話 by はるりん (09/27)
歓迎会・2 by ぼたん (09/25)
歓迎会・2 by はるりん (09/24)
歓迎会・2 by ぼたん (09/23)
歓迎会・2 by はるりん (09/23)
黒川危機一髪 by ぼたん (09/15)
黒川危機一髪 by みょん (09/13)
黒川危機一髪 by ひとみん (09/13)
黒川危機一髪 by はるりん (09/12)