2016年05月20日

朝風呂・1







明け方。
イツキはベッドの上で目を覚ます。
一瞬、何がどうなっているのか解らなかったけれど、制服を着たまま、ちょっとだけと横になって、そのまま寝入ってしまったようだと…思い出す。
変な格好をしていたのが、腕が、痛い。


ベッドから下り、トイレに行く。
洗面所の鏡を覗くと、髪の毛が酷い事になっていて、自分で笑う。
学校に行く前に風呂に入ろうと、湯船に湯を張り、一度リビングに戻ると、
そこでようやく、ソファに、黒川が寝ている事に気が付いた。



「………あっ……」



短く叫んで、また、何がどうなっているのか…考える。
自分が寝ている間にやって来たのか…。ソファでくつろいでいる内に、寝てしまったのか。



「……マサヤ、風邪引くよ?」


声を掛けるも、起きる気配はないので、
とりあえず寝室から毛布を持って来ると、それを黒川に掛け、自分は風呂にはいるのだった。






「………ひっ…!!!」



イツキがのんびりと湯船につかっていると、突然、扉が開き、黒川が入って来る。
勿論、風呂場なのだから、服は何も身に付けてはいなかった。




posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175366577
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)