2016年06月07日

ミナヅキイツキ・1






金曜日の真夜中。
もうじき日付も変わろうかという頃。
イツキは黒川の事務所に、一ノ宮と2人でいた。

用意された和菓子を食べ、熱いコーヒーを飲む。



「………美味しいね、これ。小豆と…、下は……」
「ういろうです。『水無月』というお菓子です。昼間、頂いたものですが…。…緑茶があれば良かったですね」
「大丈夫。……美味しい…」



イツキはフォークの先をぺろりと舐め、微笑む。
それはまるで一ノ宮に余計な気遣いをさせぬようにと、取り繕っていたのかも知れない。





つい数時間前に、黒川は車で品川のマンションを訪れ、イツキを連れ出した。
『週末は広い風呂に入りに行く』約束を、ちゃんと覚えていたらしい。

熱海、までは行けないが、近郊に、天然温泉の出る良いホテルがあるのだとか。
風呂に入り、美味しい料理を食べ、…部屋を取って2,3日過ごすのもいい、と、機嫌良く予定を語っていたのだけど

一本の電話で、すべてがフイになる。


火急の用だか、アクシデントだか、詳しくは解らないが
車を走らせてほんの数分で、黒川はあっさりと行き先を変える。

そして途中、立ち寄った事務所にイツキを置くと、
自分は一人、どこかへ行ってしまったのだった。





posted by 白黒ぼたん at 22:45 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175607519
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)