2016年07月01日

もうすぐ夏休み







アレコレあった6月も過ぎ、暦はすでに7月。
期末テストも、雨続きの鬱陶しい天気もどうにか乗り越え、
教室はすでに夏休み前の、少し、浮かれた空気になっていた。

とは言え、受験を控えているものも、半数以上はいる。



「どうする?イツキ。…まあ、あんまり遊べねーけど…。でも、全然遊ばないって訳じゃないよな?」
「……何?……なんの話?」
「夏休みだよ。去年は補習、補習で大変だったけど。今年は平気だろ?」



イツキの机の、傍の机の角に尻を乗せ、梶原はそんな話をする。
確かに。
今年の夏休みは、梶原こそ勉強で忙しいだろうが、イツキには特に予定が無い。



「一日ぐらいさ、なんか計画してさ。パッと遊ぼうぜ?な?」
「……ん。考えておく……」



そう言ってイツキは微笑み、小さく頷くものだから
梶原はすっかりオッケイを貰ったものだと思い、鼻歌まで歌う始末だった。




イツキは頬杖をつき、窓の外をぼんやりと眺め
今年の夏は、どんな夏になるのだろうと、考える。

勉強して、勉強して、勉強して
どうにか、清水の事を振り切ろうとしていた去年の夏が、もうずっと、昔の事のような気がした。





posted by 白黒ぼたん at 21:17 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175899343
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)