2016年07月14日

坩堝・3







黒川とは合間をみて、連絡をしていた。
黒川は、横浜だか池袋だか知らないが、また仕事が忙しい、忙しいとぼやき、
『しばらくはお前に付き合っていられない。遊ぶのはいいが、悪さはするなよ』と
そう言い、また無造作に、イツキを放り出す。

放り出したところで、実際イツキが勝手に遊べば、それはそれで怒るのだろう。



「……それでも、部屋は駄目。またね、梶原」
「…そっか。…おう。じゃあ、また………」


あまり無理強いは出来ないと、今日のところは大人しく引き下がる梶原。
マンションの入り口で手を振り、帰ろうかと身体の向きを変えたころで

エントランスの柱の影に、誰かが、立っているのを見つけた。

梶原の視線の先にイツキも目をやると、暗がりに、確かに小さな人影が見える。



「……えっ!?」



人影は、イツキと梶原の様子を伺うように、柱の向こうから顔を出し
丁度、照明が当たり、顔が解る。
若い、女性。今、家出をしてきたという風な、大きな荷物。
見覚えのあるその姿に、イツキは驚き、小さく声を上げる。




それは、イツキの妹の、由紀だった。





posted by 白黒ぼたん at 21:22 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176079901
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)