2016年10月03日

台風の日・7






イツキの話を清水は真面目な顔で聞いていた。
あまりに真面目な顔なので、逆にイツキは心配になって、「……変?…それって…」と尋ねる。
清水は、ふふっと笑い、「いや」と言い、そして、「…お前も、大変だな…」と呟くのだった。



それからまたしばらくは、二人して、テレビの画面を眺めていた。
沈黙が続き、耐えきれなくなったのか、次に口火を切ったのは清水だった。



「…夏休み中に免許、取るぜ。車。もう、合宿の予約入れてるんだ」
「えっ……、取れるんですか?」
「ああ。俺、もう18だし。二輪はもう、持ってるし」
「…先輩、…バイク、…乗るんでしたっけ」


ソファですっかり身体を伸ばしきっていたイツキは、顔だけ向けて、ベッドの上の清水を見る。
ガウンの胸元や足元が肌蹴ていることには、気付かないらしい。


「……バイクの鍵。……最初、先輩、……鍵、探してましたね」
「…え?」
「……最初。……保健室で…、俺が、寝てる時……」
「あ、ああ。……そうだったな」


話の流れでつい気軽に、一番最初に出会った時の事を、思い出してしまった。
イツキが保健室のベッドで休んでいた時、清水が、バイクの鍵を探しにやって来たのだ。




『オカベイツキ?』




と、初対面なのに、清水はイツキの名前を呼んだのだ。



posted by 白黒ぼたん at 23:58 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177126150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)