2016年10月08日

台風の日・10







もう雨は止んだようだと、イツキは慌てて帰り支度を始める。
まだ服が湿っていると渋る清水をよそに、イツキは服を着替え、大丈夫だと言い張る。

せっかく、いい雰囲気だったのに、少々、気が急いてしまったかと、清水は思う。
けれど、今日は『しない』約束だったのだし、ガウン姿のイツキを無理やり襲うようでは、自分も駄目だな、と思う。


「…髪の毛ぐらいは綺麗に乾かして行けよ?…風邪でも引かせたら、黒川さんに悪い」


そう言う清水に、イツキは少し…微妙な顔をして…、……黙って、こくんと、頷くのだった。




「……なあ、イツキ…」
「……はい?」


部屋を出る間際に、清水が呼び止める。


「…お前さ、……高校卒業して、働いて、一人で生きていってみたいって…言ってたじゃんか…」
「……うん」
「……その時はさ、お前の傍には、誰がいるの?」



…イツキは、ドアの取っ手に手を掛けたまま清水を見上げるのだけど…
自分でも解らないその答えを、口にすることは、出来ない。



「俺でも、いいのかな?」



そう尋ねる清水に、イツキは
小さく、小さく……微かに、
自分自身に確かめるように、頷くのだった。




posted by 白黒ぼたん at 00:08 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177172988
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)