2016年10月25日

幕間・6







「……やっ、……おれ、……や…だ…。行かない……っ」
「馬鹿、お前、こんな酔っ払いで、一人で帰れる訳ねぇだろ…、な」
「……や……」



焼き鳥屋の店先では予想通りのやりとりが繰り広げられていた。
事実、イツキは程よく飲み過ぎて、足元も覚束かず、そんなイツキを抱きかかえるようにして小林は、身体中を触る。



「……それに、お前もう…、感じてるんだろ?……ん?……ココ、勃ってるぞ?」
「……ちが……う…」
「な、悪くはしねぇからよ。………おいっ、…早く、車に乗せちまえっ」


小林がイツキの股間を掴むと、イツキは腰が抜けたように、力なく小林にもたれ掛ってしまう。
実際、イツキの身体は勝手に……始まっていた。
半ば酒のせいだとはいえ、目は潤み、頬を上気させ、肩を小さく上下させながら、湿った息を短く吐き出す。
これで、その気は無いのだと言い張っても、到底、信じられるものではない。


小林が路地の向こうに顔をやると、通りに面した場所にはすでに車が横付けされている。
先に店を出ていた、太った男が用意したのだろう。
太った男はイツキの傍に駆け寄り、小林と二人で、イツキを引きずり歩かせる。


「……やっ……いやっ……、んんっ」


抗うイツキの口元を手で塞ぐ。
車まで来ると手慣れた様子で、後ろのドアを開け、小林はイツキを抱いたまま車に乗り込む。
太った男は手早くイツキの足を折り畳み、ドアを閉め、自分は運転席側に回る。



どれだけ泣いても、無意味だった。
エンジンを掛ける頃にはもう、小林はイツキに覆いかぶさり、シャツの中に手を滑らせていた。
嫌がるイツキの顔を抑え、無理やり唇を合わせ、べろりと、酒臭い舌で顔中を舐めまわした。







posted by 白黒ぼたん at 23:00 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177399814
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)