2016年11月04日

コンビニ






その夜、梶原は模試の帰りで、いつもとは違う路線に乗り、ついでに、イツキのマンションの前まで行ってみた。
いつも、たまに、イツキの近辺をウロウロしてみる。
偶然バッタリ出会わないかと、近くのコンビニに買い物に行く。
……半ば、ストーカーのようで、自分でも可笑しいのだけど……、でも、ほんの少しでも、イツキに会いたいと思うのだった。


「…あ…」


思いが通じたのか、店内に、イツキが入って来た。
窓側の雑誌コーナーで立ち読みをしていた梶原は、咄嗟に顔を隠す。
盗み見するつもりはないが、急に声を掛けても驚かせてしまうだろうと、タイミングを伺う。
黒いスーツを着たイツキは小さな買い物カゴを持って、デザートや総菜が並ぶ冷蔵ケースの前に行く。

眠たいのか、なんとなく、ふらふらとした様子。
生クリームが乗ったプリンと、ロールケーキを見比べ、交互に手に取った挙句に、両方ともカゴに入れる。
パックの焼き鳥と、唐揚げを取り、サラダとサンドイッチも取ると、小さなカゴはもう一杯になってしまう。
重たそうにカゴを持ち、イツキはレジに並ぶ。


『コンビニで、買い物、し過ぎだろ?』


と、梶原はレジ前で突っ込んでやろうと、イツキの後ろ側に回る。
黒いスーツの背中は華奢で、頼りなげで、どことなく…色香を、漂わせていた。



「…あと、煙草、25番」



イツキの隣に、ふいに男が近寄り、レジの店員にそう告げる。
後ろ姿しか見えなかったが、それは、黒川だった。

会計は、黒川が払い、イツキが釣銭を受け取り、荷物もすべてイツキが持つ。
そして二人は梶原に気付くことなく、コンビニを、出て行くのだった。




posted by 白黒ぼたん at 00:05 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177527273
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
布団 by ぼたん (08/09)
布団 by はるりん (08/07)
作戦 by ぼたん (08/06)
作戦 by はるりん (08/05)
手順 by ぼたん (08/04)
手順 by はるりん (08/03)
ほんの一瞬 by ぼたん (08/02)
ほんの一瞬 by はるりん (08/01)
イツキとコロッケ by ぼたん (07/31)
イツキとコロッケ by はるりん (07/31)