2016年11月09日

悪循環・1







別になにも、酷い状態になりたくて、好き好んでそうしている訳じゃない。
多々訪れる問題を解決しようと、イツキなりに考え、行動しているのだけど

どうにも、それはいつも、悪い方へと転ぶ。

気付けば自分一人、抜け出すことが出来ない泥沼にはまっているようで
その日もイツキは加瀬に抱かれながら、どうしてこんな風になってしまうのだろうかと、
唇を嚙みなが。ら、思うのだった。



8月の半ば。
進路が、とか、先日提出された補習のレポートについて云々、など、もっともらしい言葉を並べられ、イツキは学校へ呼び出される。
当然、誰もいない教室へ現れたのは、加瀬で
イツキは視線を揺らし、身を固くし、万が一の事態に備える。


『清水くんと、ホテルに行ったんだって? 学校帰り。あの台風の日』


耳元でそう囁かれて、ごくんと、息を飲み込んだ。





最近コ忙しくてどうにも時間が上手く使えません。
お話細切れで申し訳ないっ
そしてイツキ、またこんな事になっているらしいです…
posted by 白黒ぼたん at 00:24 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177597570
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)