2016年11月24日

まだ、余裕の黒川






どうせすぐに、疲れただの眠たいだの言いだして、ベッドから離れない生活に戻ると思っていた。
もしくは、行く先々で男に引っ掛かり、良いように扱われて、自分が、そういう類の人間なのだと思い知らされるだろうと。

イツキには、まっとうな仕事も生活も、似合わない。
泣き疲れ、いやらしい汁でびしょ濡れになりながら、足元に擦り寄ってくればいい。


と、黒川は半ば本気で思っていたので、


今回、イツキが知り合いの店の手伝いに行くなど言い出しても、そう本気で考えることは無かった。




黒川が横浜から戻ったのは、真夜中過ぎの時間。
イツキはもう寝室のベッドに入っていたが、明かりが付いたままのリビングには、一緒に食事をしようと待っていたのか、伏せたままのグラスと、デリカのサラダが並んでいた。



黒川は一人でワインを一本開け、シャワーを浴び、寝室に入る。
慣れない手伝いとやらで疲れているのか、ちょっとした物音ぐらいでは、イツキは目を覚まさない。



「……馬鹿なやつ。……お前は、大人しく、俺の傍にいればいいんだよ…」



そう言って、笑って、
黒川はイツキの隣で眠るのだった。




posted by 白黒ぼたん at 22:50 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177800715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
直球 by ぼたん (02/12)
直球 by はるりん (02/11)
意地悪 by ぼたん (02/10)
意地悪 by はるりん (02/09)
物音 by ぼたん (02/08)
物音 by はるりん (02/07)
食卓 by ぼたん (02/06)
食卓 by はるりん (02/04)
優待券 by ぼたん (02/03)
佐野 by ぼたん (02/03)