2016年12月02日

イツキと女性客






「いらっしゃいませ。…あ、ご予約の長谷川さまですね。こんにちは。カードお預かりします。えーと…、ご予定は…カットのみでよろしかったでしょうか?」


イツキは幾分慣れた様子で、来店した女性客に笑顔で応対する。
カードを預かり、パソコンで情報を呼び出し、前回の内容や今回の予約を確認する。


「あのね、先週も切って貰ったんだけど…、もう少し、前髪、短くして欲しいかなって…」


女性は自分の前髪を指で摘まみながら、そう言って微笑む。
実を言えば先週も来たこの女性は、受付の新人にもう一度会いたくて、わざわざ、来店したのだ。


「…どうかな?…あと1センチ…、眉毛、ちょっと出るくらい…」
「…いいと思いますよ。すごく、軽くなる感じ。…でも、今でも、可愛くていいと思うけど」
「……!……そう、そう?」


女性は一人できゃっきゃと盛り上がり、待合のソファに座る。
そこからイツキの事をちらちらと眺めていたのだが、別段、それ以上の害は無かった。





受付の新人、イツキは、おおむね、好評だった。
作業は不慣れで、仕事はまだまだ解らないことだらけだったが、ニコリと笑うと、すべてが帳消しになる感じだった。
若くて、可愛くて、ほどよく色香を垂れ流すイツキは、さながらアイドルのようだった。


そして、幸か不幸か、そういった女性からの視線に、イツキはまったくの無関心だった。
イツキは「自分を犯す男」は直感的に反応してしまうのだけど、それ以外の人間は、ある意味、どうでも良いのだった。





posted by 白黒ぼたん at 13:43 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177900054
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)