2016年12月26日

イツキお疲れさま会・1






イツキ、美容室最後の日は19時まで仕事を手伝い、ミツオと二人、先に上がる。
イツキのお疲れさま会にと予約してくれた店は、落ち着いた個室のある、海鮮居酒屋だった。
髭の店長は閉店の22時を過ぎてから合流するので、先に軽く、始めてしまう。
料理を数品頼み、ビールはピッチャーで貰う。少しなら、イツキも飲んでも…大丈夫そうな様子だった。


けれど、当のイツキは項垂れ、浮かない顔を見せる。
…最終日の今日は、少しばかり、失敗をしてしまった。


「……ま、そう気にしなくても…。別に何も無かったんだしさ…」
「そうだけどさ。……最後の最後に、迷惑掛けちゃった……」


グラスに注がれたビールに口を付け、イツキはふうと溜息をついた。


予約を見落とし、来店の客を1時間近く待たせてしまったり
預かったカバンを落とし、中身をぶちまけてしまったり、
コーヒーを零し、濡れた床で、髭の店長が滑って転んだりと…

まあ、その程度の失敗だったが、それまでそこそこ仕事が出来ると自信を持っていただけあって、反動は大きかった。



「…毎日仕事してりゃ、たまにはあるよ、そういう日も。俺も、カットで、酷い失敗したことあるよ、お客さんにはナイショだけどさ。はは。
イツキちゃんは、よく頑張ってたよ。本当、俺、助かったもん」



そう、ミツオに慰められて
イツキも少しは、気持ちが落ち着くのだった。



posted by 白黒ぼたん at 20:26 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178177870
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)