2017年01月04日

二人の部屋の二人






8月も終わり、美容室での仕事も終わり、イツキは黒川との部屋で日々暮らす必要も無くなった。
明日から学校も始まるし、黒川も相変わらず仕事が忙しい、忙しいと愚痴を零す。


「早く帰れよ。べったり過ごすのもたまには良いが…。いい加減、飽きた。
毎日お前に付き合ってられるほど、俺は暇じゃ、無いんだぜ」
「……あ、そう。……はーい」


部屋で、簡単な夕食を済ませた後、イツキは散らかった部屋を片付け始める。
ソファの裏側や乾燥機の奥から自分の服を回収し、カバンに詰め込む。


「とりあえず、週末には来るけど。…冷蔵庫の中とか、平気かな。
昨日買った玉子のサラダ、多分、2,3日しか持たない……。…牛乳は、捨てる?」
「……主婦かよ。……くだらない心配、するなよ」


黒川は馬鹿にしたように鼻で笑い、吸っていた煙草をキッチンの流しに捨てると、なんとなく、冷蔵庫を開けてみる。
食べきれなかった総菜がタッパーに入っていたり、ラップの掛かった皿がいくつか並んでいる様子は
所帯じみていて、どこか滑稽で。


「…マサヤ、もう、ゴミ捨てちゃ駄目だよ。お部屋、臭くなるよ…」




何か他に忘れ物はないかと、パタパタと小走りでキッチンにやって来たイツキを、黒川は捕まえる。
腕を引き、抱き寄せ、キスをする。



「………まだ、片付け、……しなきゃ……。マサヤだって、仕事…忙しいんでしょ……」
「……ああ」



そう言いながらも


二人の身体が離れることは、無かった。



posted by 白黒ぼたん at 23:11 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178280736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)