2017年04月01日

西崎の愚痴







黒川と西崎はクラブ「花うさぎ」にいた。
少し前までもう一人、仕事仲間がいたのだが、真面目な話も終わり、
後はホステスを両側に座らせ、適当に高い酒を飲む。

最初の内は、西崎は、先日の加瀬の一件が引っ掛かっていたのか少し…微妙な態度だったのだが、
当の黒川は何も気にしない素振りなので、西崎の怒りもやがて薄れ、しまいには、呆れて来る。
隣に座ったホステスの真由子の腰を抱き、胸に顔を埋め、わざと馬鹿騒ぎをしてみせる。



「…やーん。西崎さま、駄目ですってばー」
「いいだろ、真由子。この後、寿司でも行くか、な?」
「ええー、でも、……まゆ、黒川さまと一緒じゃないと、嫌ですよ?」



真由子は西崎をあしらいながら黒川に笑みを投げかけるも、黒川は面倒臭そうに、行ってこいとばかりに手をひらひらと振る。
その様子を見て、西崎は笑う。


「残念だったな、真由子。社長は無理だぜ。家に、イイ子が待ってるからな」
「ええー、本当なんですかー?」
「本当、本当。社長のベタ惚れ…」

西崎の言葉に、黒川はチラリと視線を寄越し、それを見て西崎はまた笑う。





「…社長は、…イツキが大事なんだったら、もっとそういう扱いをして下さいよ。
俺らだって、困りますよ。…あいつから仕掛けて来る時だってあるんですから。
昔とは違うんでしょ?…好き勝手されちゃ、困るんでしょ?
だったらもっとちゃんと、あいつの面倒見て下さいよ」

「………西崎。……飲み過ぎじゃないのか?」



愚痴が過ぎる西崎に黒川は怒る訳でもなく、ふふと静かに笑い、グラスに口を付けた。





posted by 白黒ぼたん at 23:59 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179277617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)