2017年04月03日

朝のふたり






朝。
イツキは学校に行くと言うし、黒川は、真面目な仕事があると言うので
二人は渋々ベッドから起き、リビングで熱いコーヒーを飲む。
最近、購入したコーヒーメーカーは、ボタン一つで一杯ずつ抽出できるポーションタイプのもので、誰が淹れてもそこそこ美味しい。
黒川はブラックを、イツキは牛乳を入れ、ニュース番組を眺めながら、昨日の残りのバゲットを食べる。


「マサヤ、…パンにサラダとコロッケ挟む?」
「いい。…俺はもう行くぞ。一ノ宮の車が来る。……乗って行くか?」
「んー。いいや。もう少しゆっくりしてから、出る」



慌ただしくコーヒーを飲み干した黒川は、ソファから立ち上がり、ジャケットを羽織る。
イツキも一緒に立ち、黒川のジャケットの襟の後ろを直したり、テーブルに置いてあった煙草を手渡したりする。



「…マサヤ、今日は俺、どうすればいい?こっち、来る?来ない?」
「…好きにしろよ」
「マサヤはどっちがいい?」
「知るか」



黒川が素っ気なく返事をしたところで、黒川のケータイが鳴る。
迎えの一ノ宮が到着した合図らしい。
黒川はケータイを耳に当てたまま玄関に向かい、振り向きざま、イツキに軽く手を挙げただけで、そのまま部屋を出てしまう。




「……じゃー、……来ないー…」


イツキはその場に立ったまま、拗ねたように口を尖らせ、そう、つぶやくのだった。



posted by 白黒ぼたん at 22:10 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179302865
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)