2017年05月08日

均衡・1






「……グリルミックスとポテトサラダ。ごはんセットでお味噌汁は豚汁で。…ああ、佐野っち、チョコパフェはどうしたらいいと思う?」
「いいよ。頼めよ」
「…じゃあ、チョコパフェも。…一緒に持って来ちゃっていいです」



真夜中。終夜営業のファミレス。
真剣な表情でメニューを開くイツキを、佐野は、くすくすと笑いながら眺める。
こんな時のイツキの食欲は驚く程で、それでも何度も見慣れた光景で、…自分はドリンクバーと、付き合い程度のピザを頼む。
煙草に火を付け、ケータイを確認し、連絡メールを手早く打つ。
そうこうしている内にテーブルに並んだ料理は、予想通り…大量で、見るだけで佐野は胸やけしそうになる。

イツキは『仕事』の後だった。




数時間前に黒川から電話があり、ホテルに、イツキを迎えに行く役目を仰せつかる。
…まだ、そんな『仕事』をしていたのかと、佐野ですら一瞬驚いたのだが…それを問いただす訳にもいかず、大人しく従う。

場末の汚い連れ込み宿では無かったのがせめてもの救い、と言うべきか。

まあ、ヤル事の内容はさして変わらないのだけど。
星が付くホテルの上客ともなれば、そうそう酷い事も無いようで、
待ち合わせのロビーに出て来たイツキは、いたって普通で、白い首筋に散る愛撫の跡さえなければ、そんなコトの後だとは解らなかった。


『疲れてはいない。お腹が空いた』と言うので
佐野は、イツキを、ファミレスに連れて行く。
イツキの性欲は、食欲といっしょくただと、前に黒川が言って笑っていたけど

こんな風に無理に食べ散らすイツキは、嫌な思いや感触を忘れようと必死になっているようで、どこか痛々しかった。




posted by 白黒ぼたん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179682511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)
誘惑・3 by はるりん (10/10)
誘惑・2 by ぼたん (10/09)
誘惑・2 by はるりん (10/09)
一応、冗談 by ぼたん (10/04)
一応、冗談 by はるりん (10/03)