2017年05月30日

今夜のふたり・3






「…一ノ宮さんは、こんな時間まで、仕事?」
「ええ。細々とした書類が残っていまして…」


自分の話に飽きたのか、ふいに矛先を一ノ宮に向ける。


「大変そう。普通の会社勤めの人みたい」
「はは。やっている事は大して変わりありませんよ。土地や建物の売買や、税金対策…、仕事の斡旋、人を集めて…派遣して……」
「……普通の会社なの、ここ?」
「普通ですよ、表向きは。ただ、ゴリ押しする時の力が、ちょっと強いぐらいです」


そう言って、笑う。
イツキも、ここが普通の場所だとは到底思ってはいなかったが、いつも穏やに作業をしている一ノ宮を見ると、つい、そんな事を思ってしまう。


「……一ノ宮さんはさ、…なんで、マサヤと一緒にいるの?」
「…さあ、何故でしょうねえ……」
「…仕事も忙しくて、…マサヤは勝手なことしてばっかりして、…偉そうで、…面倒臭くて、…すごく、怖い時もあるのに…」
「……そうですねぇ…」



一ノ宮は手に持っていたビールを一口のみ、少し、物思いに浸る。
何故と、改めて問われても、答えはすぐに出るものではない。



「……古い付き合いですし、多少の問題は、もう、どうとでも…。
…お互い、傍にいる事に馴染んでしまった、といった感じですかね…。

イツキくんも、同じでしょう?」




そう言って一ノ宮がイツキを見ると、イツキは、自分は違うという風に頬を膨らませ、首を左右に振るのだった。




posted by 白黒ぼたん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179906756
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
フェスタ・3 by はるりん (11/12)
フェスタ・2 by ぼたん (11/11)
フェスタ・2 by はるりん (11/11)
フェスタ・1 by はるりん (11/07)
得意技 by はるりん (11/05)
イツキ沼 by はるりん (11/03)
多少の理性 by はるりん (10/31)
わかりやすい迷路 by ぼたん (10/29)
わかりやすい迷路 by はるりん (10/26)
覚悟 by ぼたん (10/25)