2017年06月18日

部屋で一人







梶原は自分の部屋で一人、黙々と今日の課題をこなす。
一段落すると台所へ行き、カップラーメンを作り、また机に戻る。
狭い公団の一室。テレビ前の座卓が勉強机でもありダイニングテーブルでもあった。


ラーメンを啜りながら、カレンダーを見て、これからの予定を色々確認する。


10月の連休を中心に予備校での短期集中講座がある。
梶原は予備校の生徒ではないが……それは主に経済的な理由からだったが……、一般向けの模試や、集中講座などには参加していた。
やはり自己流の勉強ではムラが出てくるし、情報収集という意味からも、大切なものだった。

志望している大学は…、まあ、圏内かな…という所。
絶対的な自信がある程ではなく、その不安を早く埋めたかった。




それが終わる頃には、学校での面談がある。
普通の進路指導ではなく、特待生への特別なものだ。

梶原の特待生としての条件は、有名大学への合格を含め、模範的な生徒であること。
満たされない場合は、付与された奨学金の返納も有り得る。

面談は、受験を前に、現在の状況を確認するためで、形式的なものなのだが、
それでも学校の役員や理事を前に、話を聞かれるのは緊張するだろう。




「……別に…、普段通り。………大丈夫…、集中できてる。」




自分に言い聞かせるように呟いて、最後のスープを飲み干した。






posted by 白黒ぼたん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180084458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
林田と松田 by はるりん (10/19)
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)