2017年07月05日

曖昧






下校を促す校内放送がかかり、イツキは帰り支度を始める。
清水はしばらくの間、イツキの向かいに座り、一緒に帰ろうだ、遊びに行こうだと誘っていたのだけど、
あまりにイツキが素っ気なくするものだから、諦めて先に帰ってしまった。

食堂を出て昇降口へ向かう。
その先に、人影と、聞き覚えのある声がして、思わずイツキは壁際に身を潜めた。



「……まあ大丈夫だとは思うけどね…。書類はほぼほぼ…、順位も持ち直しているし…」



そう話していたのは加瀬で、相手は、梶原だった。



「…はい。…あの、今度の面接って、…どんな感じなんですか?」
「ウチの会長と、理事と…あと姉妹校の理事と。まあ、形だけだよ。普通にしていれば大丈夫。……だと、思うよ」
「……はい。……緊張しますね…」


加瀬は軽く笑い、梶原の肩をポンポンと叩き、向こうへ行ってしまう。
梶原は頭を下げた後、深いため息を付いて、自分の下駄箱に向かう。

そこで、下手糞に身体を半分隠していたイツキと目が合った。



「……え?……あ?……、なんでこんな時間までいるの?」
「……課題、……やってた。……食堂で……」
「食堂で?……図書室来れば良かったのに、俺も、大野も…さっきまで……」
「うん。……まあ、……うん、平気……」



イツキは自分の下駄箱から靴を出しながら、そう

曖昧に答えて、曖昧に微笑むのだった。




posted by 白黒ぼたん at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
七夕ですね。
イツキ君が、付箋に願い事を…
どうせ雨だろうし、しかも水性で書いちゃうから、流れちゃう。
何て書いてあったのか。

たった数行で、泣かされてます。
タイトルの距離も好きだ!
Posted by かつら at 2017年07月07日 14:33
七夕…。
今ならイツキは梶原の合格祈願を書くのでしょう。
人の幸せばかりを願う子です。
Posted by ぼたん at 2017年07月08日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180256950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
余計な揉め事 by ぼたん (10/18)
余計な揉め事 by はるりん (10/18)
甘い欲求 by ぼたん (10/17)
足りないイツキ by ぼたん (10/17)
甘い欲求 by はるりん (10/16)
足りないイツキ by はるりん (10/15)
誘惑・5 by ぼたん (10/13)
誘惑・5 by A (10/12)
誘惑・5 by はるりん (10/12)
誘惑・3 by ぼたん (10/11)